ブシモ 5th ANNIVERSARY WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム

日時
2018年1月4日(木)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム  
観衆
34,995人

MATCH REPORT

オカダが内藤との接戦を制して“V9 ”達成!
ケニーは大物ジェリコとの大乱戦に激勝!
棚橋はジェイの野望を粉砕! 
オスプレイはジュニアの至宝奪還!

★各試合の詳細、コメント、日記も読める! スマホサイトの“入会”はコチラから!

 1月4日(木)、東京ドームにてビッグマッチ『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』が開催され、選手たちが熱い火花を散らした。
 
 ダブルメインイベントⅡ(第9試合)ではIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカが、『G1 CLIMAX 27』覇者の内藤哲也と対峙。昨年10.9両国で対戦が決まって以降、これまで激しい前哨戦を繰り広げてきた両雄が、ついに迎えた頂上決戦。二人が織りなす一進一退の攻防に、場内は大興奮に包まれた。オカダは内藤のデスティーノで絶体絶命に追い込まれるも、最強王者のプライドを見せるように、最後は伝家の宝刀レインメーカーで激勝。防衛記録をV9に伸ばした。
 
 ダブルメインイベントⅡ(第8試合)はIWGP USヘビー級選手権として、ノーDQマッチ(反則裁定なし)で王者のケニー・オメガとクリス・ジェリコが注目の激突。試合は序盤から両者一歩も譲らぬラフファイトで大荒れの展開に。百戦錬磨のジェリコのウォールズ・オブ・ジェリコに苦しんだケニーだったが、最後はイスの上への片翼の天使で死闘に終止符。USヘビー4度目の防衛成功と共に、世界的ビッグネームから価値ある勝利を収めた。
 
 第7試合ではIWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至が、ジェイ・ホワイトを迎撃。この王座戦が凱旋試合となるジェイは、棚橋の右ヒザへの集中攻撃、さらに力強さを増したファイトで王者攻略を図る。だが、棚橋時代の再建を掲げる“エース”は、執念のハイフライフローで若き挑戦者を返り討ち。インターコンチ4度目の防衛に成功した。
 
 第6試合ではIWGPジュニアヘビー級王座を賭けて、王者のマーティー・スカルとウィル・オスプレイ、KUSHIDA、高橋ヒロムが4WAYマッチで対峙。ジュニアの猛者たちによる、攻守が目まぐるしく入れ替わる大乱戦に客席はヒートアップ。最後はオスプレイがスカルをオスカッターで撃沈し、2カ月ぶりの王座奪還に成功。
 
 第5試合ではNEVER無差別級選手権として、王者の鈴木みのると挑戦者の後藤洋央紀が敗者髪切り&ノーセコンド・デスマッチで対決。遺恨深まる両雄は鬼気迫る表情で接戦を展開。途中、鈴木のピンチに鈴木軍が介入を試みようとするも、YOSHI-HASHIが阻止。互いの骨身を削るような一戦は、後藤がGTRで王座奪還。試合後、鈴木は自ら髪を剃り落とした。
 
 第4試合ではIWGPタッグ王者のK.E.S(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.)に、『WORLD TAG LEAGUE 2017』優勝チームのEVIL&SANADA組が挑戦。開始のゴング早々、K.E.SはキラーボムでEVILを戦線離脱に追い込む。その後もK.E.Sは体格を利した暴走ファイトを展開するが、EVILはうまく王者組の同士討ちを誘う。そのスキをついて、SANADAがスミスをラウンディングボディプレスで仕留め、挑戦者組がタッグ王座初戴冠を成し遂げた。
 
 第3試合ではスペシャルシングルマッチとして、飯伏幸太とCodyが対峙。Codyはマネージャーのブランディの介入や、断崖式のクロスローズで飯伏をあと一歩のところまで追い詰める。しかし、飯伏は意地を爆発させ、カミゴェからフェニックススプラッシュを炸裂させて辛勝。
 
 第2試合はNEVER無差別級6人タッグ王座を賭けて、5チームがガントレットマッチで対決。まずはザック・セイバーJr.&飯塚高史&タイチ組がマイケル・エルガン&レイモンド・ロウ&ハンソン組に勝利。だが、鈴木軍は3番手の石井智宏&矢野通&バレッタ組にあえなく敗退。続いてCHAOSトリオが真壁刀義&ジュース・ロビンソン&田口隆祐組を下すと、最後に現王者のバッドラック・ファレ&タマ・トンガ&タンガ・ロア組が登場。両軍入り乱れる中、バレッタがタマをデュードバスターで沈め、CHAOSが王座奪取に成功した。
 
 第1試合ではIWGPジュニアタッグ王者のROPPONGI 3K(SHO&YOH)に、ヤングバックス(ニック&マット)がチャレンジ。ヤングバックスはYOHの腰に狙いを定めると集中攻撃。ROPPONGI 3Kもコンビネーションで挽回を試みるが、ヤングバックスはインサイドワークを駆使して応戦。最後はニックがYOHからシャープシューターでギブアップ勝ちをスコア。同王座7度目の戴冠を果たした。
 
 また、第0試合で行なわれた総勢21人参加のニュージャパンランボー(1分時間差バトルロイヤル)にはバラエティに富んだ選手たちが登場。最後は元IWGPジュニアヘビー級王者の垣原賢人が、カッキーカッターでチーズバーガーを下して優勝。試合後には闘病中の高山善廣にエールを送った。

★各試合の詳細、コメント、日記も読める! スマホサイトの“入会”はコチラから!

★コンテンツ満載! 新日本プロレスのスマホサイトの詳細はコチラ!

RESULT

第0試合
1分時間差バトルロイヤル ~ニュージャパンランボー~(参戦選手数未定)

vs

  • 垣原賢人

    結果

  • 結果

    チーズバーガー

32分06秒  カッキーカッター→片エビ固め
(以下、退場順)1:デリリアス、2:BUSHI、3:レオ・トンガ、4:中西学、5:永田裕志、6:北村克哉、7:チェーズ・オーエンズ、8:獣神サンダー・ライガー、9:エル・デスペラード、10:タイガーマスク、11:TAKAみちのく、12:金丸義信、13:ジノ・ガンビーノ、14:トーア・ヘナーレ、15:YOSHI-HASHI、16:デビッド・フィンレー、17:高橋裕二郎、18:小島聡、19:天山広吉、20:チーズバーガー

試合詳細を見る

ニュージャパンランボーを制した垣原賢人選手が、闘病中の高山善廣選手にエール!

試合詳細を見る

1.4東京ドーム“スペシャルアンバサダー”松井珠理奈さん(SKE48)が開会宣言!

試合詳細を見る

第1試合 60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

  • <第54代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
18分49秒  シャープシューター
※チャンピオンチームが防衛に失敗。マット&ニックが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第2試合 各60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ

  • (第14代チャンピオンチーム)
  • (チャレンジャーチーム)
6分48秒  デュードバスター→エビ固め
※チャンピオンチームが防衛に失敗。石井&矢野&バレッタが新チャンピオンとなる 1.○ザック(6分05秒 レフェリーストップ)ロウ× 2.○矢野(0分41秒 横入り式エビ固め)タイチ× 3.○矢野(3分29秒 横入り式エビ固め)田口×

試合詳細を見る

第3試合 60分1本勝負
スペシャルシングルマッチ

vs

  • WITH ブランディ・ローデス

試合詳細を見る

第4試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • <第78代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム/WORLD TAG LEAGUE 2017 優勝チーム>
14分14秒  ラウンディング・ボディプレス→体固め
※チャンピオンチームが防衛に失敗。EVIL&SANADAが新チャンピオンとなる。

試合詳細を見る

第5試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合 敗者髪切り&ノーセコンド・デスマッチ

  • (第16代チャンピオン)
  • (チャレンジャー)
18分04秒  GTR→エビ固め
鈴木は防衛に失敗。後藤が新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

試合後、敗れた鈴木は自らバリカンで髪を断髪……!

試合詳細を見る

なんと15年ぶり!今年の『G1』優勝決定戦の舞台は、8月10日(金)11日(土)12日(日)日本武道館“3連戦”!!

試合詳細を見る

第6試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合4WAYマッチ

  • <第79代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

  • ※初防衛戦

境界線

  • <チャレンジャー>
  • <チャレンジャー>
21分18秒  オスカッター→片エビ固め
※スカルが防衛に失敗。オスプレイが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • <第16代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
19分43秒  ハイフライフロー→片エビ固め
※棚橋が4度目の防衛に成功

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅠ IWGP USヘビー級選手権試合 ノーDQマッチ

  • <初代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
34分36秒  片翼の天使→片エビ固め
※ケニーが4度目の防衛に成功

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合

  • <第65代チャンピオン>
  • <チャレンジャー/G1 CLIMAX 27優勝者>
34分26秒  レインメーカー→片エビ固め
※オカダが9度目の防衛に成功

試合詳細を見る

大激闘のメインで勝利を飾り“V9”を達成したオカダが「2018年も新日本プロレスにカネの雨が降るぞ!」と宣言!

試合詳細を見る

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ