NEW JAPAN LIVE IN TSUBAME 〜TSUBAME RETURNS〜

日時
2011年8月22日(月)   17:30開場 18:30開始
会場
新潟・燕市民体育館
観衆
1,400人(超満員札止め)

MATCH REPORT

 9月19日神戸で行なわれるIWGPヘビー級選手権試合の前哨戦。また、8月27日に開催される『東日本大震災復興支援チャリティープロレスALL TOGETHER』(メインイベント)の前哨戦でもある。
 
 その棚橋と中邑が先発すると、両者へのコールで場内が二分される。そんな中、2人は息詰まる一進一退の攻防を繰り広げて行く。そこから中邑が膝蹴りとローキックで攻め込むが、棚橋はコーナー2段目からのフライングボディアタックでやり返した。
 後藤対矢野の場面。ロープ際で矢野が不意打ちを食らわせるものの、後藤がショルダータックルで反撃。さらにブレーンバスターで投げ捨てた。
 KUSHIDA対外道の場面。KUSHIDAがアームドラッグからのドロップキックで外道を場外へ追いやり、プランチャで追撃。だが、矢野が襲い掛かってイス攻撃を食らわせ、KUSHIDAの動きがストップしてしまう。
 リングに戻されたKUSHIDAは、クッションが外されて金具がむき出しになったコーナーへ叩きつけられ、矢野の木づち攻撃、中邑の膝蹴り連射、ニードロップ、外道のトラースキック、顔面攻撃などでさんざん痛めつけられてしまう。しかし、ファンのコールを受けて復活し、矢野をコーナーの金具へ叩きつける。そして、矢野に延髄斬り、外道にハンドスプリングエルボーを食らわせ、ようやく青コーナーへ生還した。
 替わった後藤は、ラリアット、串刺しフライングニールキック、ダイビングエルボードロップで矢野に追撃。その直後、試合権利を得た中邑に膝蹴りやニードロップで攻め込まれるものの、カウンターフライングニールキックでやり返した。
 棚橋対中邑の場面。棚橋が中邑を蹴散らし、控えの矢野と外道へ向かってフライングボディアタックを繰り出す。しかし、かわされてコーナー最上段で身動きが取れなくなってしまい、そこへ中邑がランニングニーアタックを見舞う。
 さらに、中邑が打撃で攻め込むが、棚橋はフライングフォーアームで逆襲。そして、ダイビングサンセットフリップで追撃すると、ドラゴンスープレックスを狙う。これを中邑が後頭部のヘッドバットで振り解くと、棚橋は張り手で反撃。すると、中邑はすぐさま後ろ回し蹴りでやり返し、バッククラッカー、リバースパワースラムで追い討ち。そして、ボマイェを発射するものの、棚橋がカウンタースリングブレイドで逆襲。
 KUSHIDA対外道の場面。KUSHIDAが、トップロープを支点にしたバク宙キックを繰り出し、スワンダイブチョップ、アームホイップ2連発、その場飛びムーンサルトプレスと畳み掛ける。そして、コーナー最上段にのぼるものの、矢野が背後から襲撃。
 すかさず外道がトラースキックで反撃し、矢野とトレイン攻撃を仕掛ける。それを見た後藤がラリアットで矢野を倒すが、中邑の膝蹴りを食らって自らもダウン。すると、棚橋がスリングブレイドで中邑を排除し、KUSHIDAが外道へエレファントキック、ランニングエルボー、バズソーキック。そして最後は、ミッドナイトエクスプレスからの片エビ固めで3カウントを奪った。
 
 試合後、棚橋と中邑はIWGPヘビー級ベルトを挟み、激しく睨み合う。そして、中邑が退場すると、棚橋、後藤、KUSHIDAの3人は、改めてファンに勝利をアピールした。
 その後、棚橋がリングを降りると、場内が大「棚橋」コールに包まれる。それを受けてリングに戻った棚橋は、「やっと!やっと! 新潟に!! 新日本プロレスが帰って来たぜーー!! この燕大会を待っててくれたみんな、ホントにありがとう! そして! 最後までご観戦、ありがとうございました!」とマイクアピール。さらに、「また新潟で、試合が決定したぜ。ぜひ、また来てね、ありがとう!」と続け、新潟での再会をファンと約束した。
 ここで、大きな「ギター」コールが起こると、棚橋は足元に置いてあったギターを拾って首にかけ、チューニングするアクションをエアで披露。そこからいつものようにエアギターを敢行すると、アンコールの際にはギターを叩き折る。そして、「もう1回」コールが起きると、ファレから新しいギターをエアで受け取り、コーナーにのぼってかき鳴らした。
 すると、場内から「お疲れ様!」の声が飛び、棚橋は「誰だ? いま『お疲れ様』って言ったの? 頭いいな。よし! 本当に最後までありがとうございました!」とファンに挨拶。最後は「新潟の皆さーーん!! 愛してまーーす!!」のフレーズで、大盛況の燕大会を締めくくった。

COMMENT

KUSHIDA「新潟、超満員でスゴイっすね。『G1』期間中、試合がなくて、それでも新日本プロレスは盛り上がってて。なんか凄く複雑で。(9/19)神戸で飯伏(幸太)に挑戦することが決まりました。今日は棚橋さんのように、一つ一つ地方の大会を盛り上げて試合で魅せて、そんな(IWGP Jr.ヘビー級)チャンピオンに俺はなりたいし。今、それが出来てないのが悔しいっすね。絶好調。必ず獲ります。神戸、応援してください。お願いします!」
棚橋「ヨシ! 言うことないくらい。俺の積み重ねかな。この新潟のお客さんもそうだし。中邑の勢いは確かに感じるし、ただ、そんなんじゃ俺は覆らない。自信あっから! 自分が積み重ねてきたプロレスに」
※後藤はノーコメント

中邑「チャンピオン! 今日の1試合で、前哨戦はほぼゼロだ。俺は別にいいよ。『G1』で疲れきってんだろ? メキシコ行って、体を休めて、リフレッシュして、帰って来いよ。しっかり温めて、オマエの帰り、待ってやろうじゃないの」
※矢野、外道はノーコメント
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年3月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ