PREMIUM

日時
2008年12月26日(金)   18:30開場 19:00開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1200

第7試合 20分1本勝負
PREMIUM VIANDE 狼群団vsコンプリート・プレイヤーズ

VS

境界線

レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

日本プロレス界の歴史に名を刻んだ、狼群団とコンプリート・プレイヤーズという2つの名トリオが復活して激突した、PREMIUM2008年最終興行のメインイベント。

 先発は蝶野と田中。大「蝶野」コールが起こる中、蝶野はヘッドロック、ケンカキック。続くエルボー合戦は田中が打ち勝ち、串刺しジャンピングエルボー。ここで田中がロープへ走ると、控えの天山が背中を蹴り、蝶野はシャイニングケンカキック。さらにヒロがDDT。
 ヒロ対外道を挟み、外道に蝶野がカニばさみ→天山がヘッドドロップという連続弾。ここから外道を集中攻撃していく。
  劣勢の外道は天山の顔面をかきむしって、自軍コーナーへ。スイッチした邪道はチョップ。天山がヘッドバット、モンゴリアンチョップで対抗すると、邪道は天 山を場外へ落とす。そこを田中が襲撃し、鉄柵へのハンマースルー。場外で天山をいたぶった後、邪道がチョップ連打、田中との合体ショルダータックル。田中 と外道は2人がかりでストンピングを落とし、外道はパンチ。さらに邪道がトップロープを掴んでの反則コブラツイスト。
 押し込まれる場面が続いた天山は、田中にマウンテンボム。タッチは邪道が阻止すると、天山は田中のブレーンバスターを投げ返して、今度こそヒロのもとへ。
 ヒロ対外道となり、ヒロはショルダースルー。外道がチンクラッシャーを見舞うと、ヒロはスパインバスターからセントーン2連発で反撃。そして、蝶野と天山が合体ブレーンバスター、ヒロがセントーン。しかし、外道も急所攻撃でヒロに反撃。
  すると、ヒロもバックを取りに来た邪道に急所蹴り。スイッチした蝶野は、ダイビングショルダー。さらに邪道のパンチを腕でブロックし、パンチでお返しす る。そして、蝶野がロープへと走ると、田中が背中を蹴る。邪道がラリアットで続くも、今度はヒロが邪道の背中を蹴り、蝶野はSTFで捕獲。これは外道が カットすると、田中が飛び込んで蝶野に邪道との合体ダイヤモンドカッター。
 田中、外道はそれぞれ別々のコーナーに上ってスーパーフライを予告。 しかし、これはヒロ、天山がカットし、孤立した邪道にトレイン攻撃から、蝶野がケンカキック。ヒロがセントーン、天山がダイビングヘッドバットと畳み掛 け、最後は蝶野がシャイニングケンカキックを炸裂させ、邪道を仕留めた。

COMMENT

※バックステージに到着した3人でガッチリ握手をかわしてからコメント
蝶野「やり易いよ。向こうのコンプリート(・プレイヤーズ)もいいチームだけど、やっぱりヒロさんが入ると潤滑油みたいになります、俺らは」
ヒロ「もう阿吽の呼吸なので凄く楽ですね」
天 山「蝶野さんとはあれ(今も組む機会が多い)ですけど、ヒロさんとこうして純粋に組めるのは、なかなか久しぶりだった。ホンマ、昔の自分の原点を思い出し て、あの頃の勢いというかね、あの時はホントに蝶野さん、ヒロさんのおかげであそこまで行けたし。今日はそれを思い出して、最高に気持ちいい試合が出来 た。ありがとうございました」
蝶野「他の3人のチームとやっても、たぶん負けないね。若い奴らとか、いいチームが出てきたとしても。このチームで もっと大きな試合がしたいね。今日はホント楽だった。(今年のPREMIUMを振り返って)苦戦したところは集客が一番の課題。けど、第1試合目から長州 さん達の試合、ライガー達の試合、今までチームを組んだ事のない選手達が今日のこの場でチームを組んでみて、素晴らしい試合展開をした。自分の持ち味で あったり、魅せるところ、試合を締めるところ。選手達がどれだけのキャリア、潜在能力を持っているかっていうのは、今日の試合で凄く分かった。ベテラン組 であったり、自分を含めてどこかで一歩線を引いている選手にとって、これを1つの励み、きっかけになるんじゃないかなと。選手の器量を活かせる場所として (PREMIUMのリングを)提供したい。PREMIUMの1(回目)から5(回目)までの全ての試合は、どこへ持っていっても恥ずかしくない。2009 年は、新日本を含めて色んな団体の状況がかなり変わってくると思う。その中で組み直しをしてもいいのかなと。プロレス界の財産になる才能のある選手達が、 今年以上に埋もれる可能性が出てくると思う。そこは金魚すくいじゃないけど、網が壊れるまで引っぱる形にしたいですね。(来年はデビュー)25周年を10 月に迎えるので、それに向けて1つ大きな記念になる試合を目指したい。あと、今年出場しなかったG1(CLIMAX)。G1の出場ですね。それを自分の1 つの目標にします」

外道「知恵に完封されたな。アイツら、伊達に長くやってないよ。バランスがいいチームだよ。ただ、もう1回あんだろ? コンプリート、元旦(2009/1/1 ZERO1後楽園大会)こそ本領発揮するからな。元旦でガッチリ行こう」
邪道「狼群団、絶対リベンジしてやるから。またコンプリートを(試合に)組んでくれよ。次、1月1日。2009年は、コンプリの年にしてやるよ」
田 中「今、邪道が言ってたみたいにね、2009年はコンプリの年にしてやる。まぁ負けたのは悔しいけど、これで終わりじゃない。(自分は邪道、外道が籍を置 くG・B・Hの)真壁(刀義)とか、本間(朋晃)とかと試合しとるけど、言葉では『コンプリでやるのは、何のわだかまりも無い』って言った。『試合に入っ たらどことなくそういうものがあるかな』って、疑心暗鬼みたいのがあったけど、今日ので文句ないやろ。元旦、俄然楽しみになりました。年初め1発目、コン プリで突っ走ります」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ