Circuit2008 NEW JAPAN BRAVE

日時
2008年4月13日(日)   18:00開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2000

第7試合 60分1本勝負
NJPWvsZERO1 Dead or alive II 世界ヘビー級選手権試合

  • (王者)
  • (挑戦者)

VS

  • 田中 将斗

    結果

  • 結果

    金本 浩二

境界線

※田中が5度目の防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

新日本とZERO1による対抗戦の中で、幾度も激突した金本と田中。その両者のシングル初対決が、世界ヘビー級王座選手権試合としてメインイベントに組まれた。

ゴングと同時に衝突した両者は、そのままエルボー合戦を展開。続いて、金本が腕ひしぎ逆十字固めを極めると、田中は袈裟固めで切り返し、串刺し弾丸エルボー。だが、金本もサッカーボールキック2連発で応戦。すると、田中も同じ技でお返しする。
チョップ合戦を経て、金本はコーナーでナックル攻撃。そして、ミドルキックで田中をダウンさせ、場外戦へ突入。田中を鉄柵、鉄柱に激突させる。ところが、田中もスピアーで金本に応戦。2人は勢い余って鉄柵の外に出てしまう。
その後、場外戦は客席にも飛び火し、最終的に金本が鉄柵越えの強烈なミドルキックでこの攻防を制する。リングに戻った金本は、新日本ファンからの大歓声、ZERO1ファンからのブーイングを浴びながら、田中に顔面ウォッシュ。締めの1
発は田中にラリアットで合わせられて抵抗されるが、ミドルキックで黙らせ、飛び膝蹴りからのフォールで3カウントを迫る。
金本は、座り込んだ田中の顔面を蹴り飛ばすという強烈な1発をお見舞い。これで火が点いたのか、田中はカウンターのスピアー、ジャンピング弾丸エルボー、ブレーンバスターで応戦。そして、金本を場外へ追いやると、テーブルを設置する。
こ こでセコンドの平澤がクレームをつけると、そこに大森が殴りかかる。これがきっかけで新日本とZERO1のセコンドによる大乱闘に発展してしまう。その間 に田中はテーブル上に乗せた金本へコーナー最上段からダイブしようとする。しかし、金本はすでに蘇生しおり、コーナー上の田中をテーブルに投げ飛ばす。
大 ダメージを負った田中が、場外カウント18でリングに生還すると、金本は雪崩式キャプチュード、ファルコンアロー、側頭部への蹴りと大技を連続して繰り出 す。そして、ムーンサルトプレスを狙うが、立ち上がった田中は金本を捕まえ、雪崩式ジャーマンスープレックス。そして、トップロープからの雪崩式ブレーン バスターを決めると、そのままクラッチを外さず、連続ブレーンバスターへ。しかし、2発目をニーリフトで阻止した金本は、田中が怯んだ隙を突いてアンクル ホールド。ここは田中が必死でロープエスケープし、ブレイクに終わる。
勝負に出た金本は、ムーンサルトプレスで田中をカバーするが、カウントは 2。すると、連続してもう1発決めるが、これは田中が両膝で迎撃。反撃に出た田中は、パワーボムホイップからのスーパーフライで金本をフォールするが、カ ウント3は奪えない。続いて、必殺のスライディングDで金本をカバーするが、これでもピンフォールを獲れない。
田中は、スライディングDをもう1 発放つが、金本はしゃがんだ状態から横向きのキックでこれを迎撃。そして、アンクルホールドを極める。田中は必死でロープに手を伸ばすが、金本は田中の足 を引っ張ってマット中央に戻し、ブレイクを許さない。それでも田中は、なんとかロープにたどり着き、足首攻めから脱出する。
互いに決め手を出し切った両者は、エルボー合戦へ。金本は、裏拳、ハイキックで田中を後退させる。だが、田中はローリングエルボーで反撃し、カバーするがカウントは2。
こ れでも決まらない状況の中、金本が蹴り技のラッシュからロープへ走ると、田中はカウンターのラリアットで金本の動きを止め、スライディングDからカバー へ。カウント2で返されると、間髪いれずにもう一撃スライディングDを炸裂させ、これで粘る金本を沈め、ピンフォールを奪取。互いの技を出し切った激戦 は、田中が勝利した。

試合後、ZERO1ファンから「ZERO1」コールが起きる中、田中が「さあ、中西も倒した、金本も倒した。新日本、次は、誰を用意してくんねん! オイ、そこにおるやないか、永田が。そろそろ出てこんとアカンやろ」とマイクアピール。
これが発端となり、新日本とZERO1は大乱闘を展開。そんな中、田中に挑発された永田が本部席からゆっくりとリングイン。
大「新日本」コールの中、マイクを手にした永田は、「田中、俺がやってやるよ。お前とやってやるよ! そして、改めて見せてやる。新日本プロレスの底力を! 俺はいつでもいいぞ、復帰戦でZERO1-MAXとやってやる!」とファンに約束した。

COMMENT

田中「オイ聞いたか? ミスターIWGPと呼ばれた永田、やってやる言うたな。前回のホールで金本が俺とやってやる言うた。俺は逃がさんかった。永田まで飛びついてきたやん。倒 してったら、次から次へとあんのやろ。PPV(4/6ZERO1 JCBホール大会)のリングで言ってくれたな。中西がトップじゃねぇ? トップじゃない人間を出してくんじゃねぇよ、お前。こちとら忙しいねん。俺は中西がトップと思ってJCBのリングで闘ったよ。今日は金本を用意した、金本 をトップとして倒した。新日本が『負けたら次あります』みたいな言葉を吐くんじゃねぇよ。その時点でお前らは負けとんねん。ふざけんなよ。そんな言葉吐く こと自体、新日本は終わってんねん。じゃあ誰がトップやねん? そんな事言うんやったら新日本のトップという人間を俺に当ててみいって。出されたもんを消化してどんどん進んだろと思っとったけど、(JCB大会での永田 の)解説の言葉聞いて腹立った。ムナクソ悪いっちゅうねん。新日本プロレスの代表として中西がプライド賭けて上がって来てんねん。それが負けたからって、 中西の次になんぼでもおる? 俺らはそういう言葉は食わんよ。日高が負けたら終わりやと思う、俺が負けたら終わりやと思う。ZERO1-MAXのトップとして、プライド持ってリング上 がっとんねん。俺は誰が負けてもアカンと思っとる。新日本プロレスというメジャーに立ち向かう、そういう中で俺ら、仮に誰かが負けたからとか、そういうの は無いねん。常に全部勝たなアカンと思っとる。俺らアイツらからしたら実績も無い、民放も付いてへん。そういうプライドというのは、俺ら人一倍持ってる よ。俺らは自信を持ってリングに上げとる。そういうのをよそ様のリングに上げる自体が間違っとるいうねん。俺は中西と闘って、中西の凄さが分かったよ。新 日本の看板を背負って上がってきているいうのが分かった。金本もそうや。永田の言葉がカチンと来て、ちょうどアイツがおったから、『次は永田出てこい』言 うたけど。アイツ、リングに上がってきてアピールしたな。そういう言葉を出したら、俺は逃がさんから。この(ZERO1の)旗持ってよ、新日本のメインの リング、俺らが締めとったやないか。やっぱりJr.のカリスマ金本浩二、1月のドームから絡んで、シングル行くのにここまでかかったけどよ、凄いねぇ。ま だまだ金本とやったら、もっと熱い試合できるんちゃうかなって。これで金本と終わりって事は言いたくないね。また、中西もそうだし、金本もそう。男と男の 勝負が出来る。やってて、綺麗なレスリングの攻防は無いかも知れへん。でも意地と意地のぶつかり合い、そういうものを出せる。まぁ、俺はまだまだ新日本の リングに入っていくし、色んな奴をウチのリングに引きずり込んでやる。あんだけ言って誰も上がってこなかったら、この旗をリングの真ん中にブッ立てて終結 宣言。俺らの勝ちで終わらそうかなと思っとったけど、ようあそこで来てくれたよね。まぁ、次もあるっつう事や」

金本「棚橋に負けてよ、今日もヘビー級に負けて、G1 TAG(LEAGUE)は準優勝、俺は2番手か! アイツ、中西を倒した、俺を倒した、次誰やって? 誰を指名してんねん、あの
ボ ケ! お前、これで勝ったと思うなよ。今日はたまたま負けたけどよ、新日本のファンが見て、どっちが強いか分かるやろ。(ここでリング上で田中への挑戦をアピー ルしている永田の声が聞こえてくる)永田か、あの声は。永田、おもろいな。永田も一緒にやってもらうからな。ふざけんな、俺は2番では終わらない。俺は トップ獲らな、気が収まらんのや」

永田「解説席で対抗戦を見てきましたけど、闘いの熱さが迫ってくる。こうやって欠場しているのが不甲斐 なく感じますよ。やっぱり苦しい中、何年もかけて新日本を盛り上げてきた人間として、欠場して一番思ったのは、やっぱり負けるのは悔しいよね。どん底の新 日本から、熱を高めて、底上げしてきた自負があるんで。一生懸命闘って、いい試合をしたじゃ許されない思いがありますよね。復帰は会社に任せましたけど、 1日も早く。対戦相手はZERO1でいいですよ」
※ここで永田の元へ金本がやってくる
金本「永田、復帰したらよ、やってくれや、アイツら。お前(田中)、俺と終わりだと思うなよ、クソ野郎!」
永 田「俺が出てきたからには、完膚なきまでにZERO1を叩き潰して終わらしてやる。(田中とは)1対1でもいいです。1発で終わらせますよ。腐っても新日 本と信じて、底上げして、熱を高めてきた自負がある。なめるなって感じですよね。まぁ、田中とは去年闘っていつかはやらなきゃと思っていましたし。この ZERO1との対抗戦の国交を開いたのは俺ですから。負けたままでは終われないでしょう。責任は俺が取りますよ」
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 田中 将斗
  • シリーズ画像 金本 浩二

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ