Circuit2008 NEW JAPAN ISM

日時
2008年2月3日(日)   15:30開場 16:00開始
会場
群馬・太田市新田文化会館・エアリスホール
観衆
1000

第6試合 30分1本勝負

VS

  • AKIRA

    結果

  • 結果

  • 長州力

  • 中邑 真輔

境界線

レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

ライガー対デヴィットで試合開始のゴング。グラウンドでの攻防、ロープワークと続き、デヴィットがリープフロッグからのドロップキック。だが、ライガーもデヴィットを場外に落とし、トペフェイントからポーズを決めてアピール。
長州対後藤となり、後藤のストンピングをキャッチした長州がそのまま押し倒して、いきなりサソリ固めの体勢に入る。後藤が耐えると、長州は分かれてAKIRAとスイッチ。
稔対AKIRAとなり、両者のスピーディーな攻防に場内が沸き、ドロップキックが空中で交錯。
後藤対マシンの場面。後藤はハンマーブロー、ボディブローからブレーンバスターの体勢に入るが、これはマシンが投げ返す。
タッ チを受けた長州はトーキックを連打するも、後藤は長州を自軍コーナーへと押し込み、RISEがレジェンドの十八番を奪う太鼓の乱れ打ち。さらに中邑がニー リフト、ニードロップ、稔が掟破りのサソリ固め。これはAKIRAがドロップキックでカット。「長州」コールが起きる中、後藤が串刺しストンピング、バッ クエルボー、中邑がエルボー、ボディスラム、後藤との合体バックエルボーから、エルボードロップを同時に落とす。
RISEの波状攻撃に掴まる時間が続いた長州だが、トレイン攻撃の最後に突進してきた後藤へカウンターのリキラリアット一閃。
タッ チを受けたマシンが後藤に串刺しラリアットからのDDT。デヴィットがロープへと走るマシンの背中を蹴って妨害するも、マシンは両腕のラリアットでデ ヴィット、後藤をいっぺんに蹴散らし、デヴィットにDDT。AKIRAが後藤にミサイルキックを放つも、後藤はロープへと走るAKIRAの後を追ってラリ アット。
タッチを受けた稔はAKIRAにミサイルキック。だが、AKIRAも2発目でかわしてDDT。勝機と見たレジェンドはリングに飛び込み、 ライガーが串刺し掌底、長州がリキラリアット、マシンがセントーン。ダウンした稔にAKIRAがムササビプレスを投下するも、これは稔が両膝で迎撃。そし て、稔はハイキック。だが、AKIRAもラ・マヒストラル、延髄斬りで逆襲し、コーナー最上段へ。しかし、これはデヴィットがカット。稔はAKIRAを雪 崩式リストクラッチフィッシャーマンバスターからカバー。こちらは長州がカットする。
そして、AKIRAは稔のハイキックをかわしてスクールボーイ。稔がキックアウトすると、AKIRAはオールド・ボーイからの丸め込み技グローイングアップ。これで3カウントが入り、AKIRAが昨日の借りを返した。

試合後、ライガーはマイクを握り、両国大会でのIWGP Jr.タッグベルト奪取を明言。すると、両陣営は再び乱闘を繰り広げ、セコンドに分けられるかたちで、引き上げて行った。

COMMENT

AKIRA「野郎、ふざけんな。俺らが(IWGP Jr.タッグ)チャンピオンだ。俺らがチャンピオン、俺らがチャンピオンだから。(『最後の技の名前は?』)スクールボーイからオールド・ボーイ(変型STF)を経て、“グローイングアップ”。成長したって意味だ」
長州「(AKIRAの肩を叩いて)頼むぞ、ベルト」
AKIRA「よし!」
※マシン、ライガーはノーコメント

デヴィット「レジェンドのAKIRAとライガーはリスペクトしてるよ。彼らは勢いに乗ってる。でも、RISEはライジングアップ(登っていく)。俺たちがIWGP Jr.タッグを防衛する」
稔 「悔しいな。よくレジェンドと闘ったヤツが連携がどうだ、丸め込みがどうだって言ってレジェンドを批判するけど、俺は別に否定はしないですよ。連携は8人 タッグだったら、4人で連携すればいいんだし、丸め込みだって立派なプロレス技。こないだの(1/27)後楽園でオッサンとか言ったけど、ライガーという レスラーは、俺が新日本にあがり始めてヒートをやっている頃、C.T.Uに入った頃から、組んだり闘ったりとポイントポイントであの人がいた。AKIRA というレスラーは、俺が初めて(Jr.シングルの)ベルトを巻いた時の初防衛戦の相手だった。あの人とやったタイトルマッチとか(BEST OF THE)SUPER Jr.の公式戦はハズレが1回もなかった。それに、ヒートがダメだった時期に助けてくれたのもあの人だった。オッサンとは言ったけど、あの2人は俺にとっ て特別。金本浩二もそうだけど、あの2人もスペシャルな2人なので。俺らが(挑戦者チームに)あの2人を指名したのはそういうこと。あの2人が来てくれた のは嬉しい。凄い試合をした上で完璧に勝ちたい。勝ったらあの2人との関係は終わるわけじゃないけど、あのレジェンド2人に勝ちたい。今日、とりあえず1 本獲られたけど、シリーズは長いので、獲り返せばいいだけ。もしかしたら、丸め込みには丸め込みで返すかも。心理戦なのかもしれないので、こっちも心理戦 で返したい。スペシャルな2人とスペシャルな闘いをして、俺とデヴィットが(IWGP Jr.タッグベルトを)持っている間は、Jr.タッグ選手権を大熱狂させて『この2人の試合は面白い』と言われるようにもっていきたい。本当にスペシャル な大熱狂バウトをやりたいですね。その上で完勝したい。今日の負けは、なんてことはない。まだ両国まで何試合もある。最後のタイトルマッチでバシッとス ゲェ試合をした上で、完勝ですね。あとは、この業界に入って、初めて長州力のリキラリアットを食らったのがちょっと嬉しかったですね」
※中邑、後藤はノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ