G1 CLIMAX 31

日時
2021年10月20日(水)   16:30開場 18:00開始
会場
東京・日本武道館
放送
バナーバナー
観衆
2,088人

第5試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦

VS

  • (8勝1敗=16点)

  • (8勝1敗=16点)

境界線

※オカダがBブロック1位で優勝決定戦へ進出
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メイン(第5試合)では優勝決定戦進出を懸けて、オカダ・カズチカ(7勝1敗)とジェフ・コブ(8勝0敗)が激突。オカダが勝利すればコブと8勝1敗で両者が並び、直接対決の結果によりオカダの7年ぶりのファイナル進出が決まる。逆にコブはオカダを粉砕すれば、全勝で単独一位のまま、自身初となる優勝決定戦に歩を進める。両者は今年二度対戦し、7.25東京ドームではオカダが勝利するも、9.4メットライフドームではコブがリベンジ。今回は三度目の対決となる。
 9.18大阪から全90試合が行なわれた『G1』公式戦、その最後の戦いを制するのはオカダか? それともコブか?

 開始のゴングが鳴ると、コブがラリアットで突進。だが、オカダはかわしてエルボーを連発。そしてロープに走るが、コブはカウンターのラリアット。そして一気にツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うも、オカダは回避。続いて突進してきたコブに対し、オカダはリバースネックブリーカーを決める。
 続くロープワークの攻防では、オカダがフロントキック。さらにフライングメイヤーから低空ドロップキックをヒット。
 オカダはコブを引きずり起こしてネックブリーカー。そしてチンロックを決める。その状態で立ち上がると、コブはエルボーで脱出。
 オカダはハンマースルーを仕掛けようとするが、コブはこらえる。オカダはエルボーを見舞ってからロープに振るが、コブはカウンターのエルボーを炸裂。そしてコブはオカダの背中を両足で踏みつけ、“アロハメーカー”ポーズで挑発。
 ここから場外戦に雪崩込むと、コブはオカダの背中にエルボー。さらにオカダの背中を両足で踏みつけ、放送席のIWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟をにらんでからリングへ。オカダはカウント12でリングに生還。
 優勢のコブはオカダにコーナーを背負わせてショートレンジラリアットを三連発。そしてブレーンバスターの体勢で持ち上げ、そのまま投げ捨ててからカバー。オカダはカウント2でキックアウト。
 コブはオカダを引きずり起こし、鮮やかなフロントスープレックスをクラッチを離さず二連発。そして背中にヒザ蹴り、エルボーをお見舞いする。
 オカダもエルボーを返していくが、コブはヘッドバット。そしてオカダを対角線を往復するかたちで、コーナーに叩きつける。さらにランニング式のバックドロップを炸裂。続いてその場飛びムーンサルトプレスを繰り出すが、これはオカダがかわす。
 劣勢のオカダだったが、カウンターのフラップジャックをお見舞い。さらにロープワークで加速してランニングエルボー。続いて串刺しエルボーからDDTを繰り出していく。
 そしてオカダはマネークリップを仕掛けるも、コブはコーナーにプレスする。続くコブの串刺しエルボーをかわしたオカダは、コブをコーナー最上段に設置し、ドロップキックをヒット。
 オカダは場外に落ちたコブにプランチャ。だが、なんとコブは空中でキャッチ、そしてブレーンバスターを狙うも、オカダは切り抜けてDDTの体勢に。しかし、コブは水車落としのように後方に投げつける。
 コブは戦場をリングに戻すと、打点の高いドロップキックをヒット。そして串刺しエルボーからアバランシュホールドを狙う。オカダは切り抜けると、突進してきたコブをエプロンの追いやる。そしてショットガンドロップキックで場外に落とす。
 ここでオカダはトップロープ超えのトペ・コンヒーロを炸裂。オカダはコブをリングに投げ入れ、コーナー最上段からミサイルキックをヒット。
 そしてオカダはボディスラムで叩きつけ、コーナー最上段からダイビングエルボードロップを投下。ここでオカダはレインメーカーポーズを披露し、レインメーカーの体勢に。だが、コブはアスレチックプレックスで切り返す。
 さらにコブはアバランシュホールドの体勢で担ぎ上げ、コーナーにオカダを叩きつけてからプレス。オカダがカウント2ではね返すと、すかさずコブはその場飛びムーンサルトプレスを炸裂。
 オカダがなんとかキックアウトすると、コブはツアー・オブ・ジ・アイランドを狙う。しかし、オカダは切り抜け、レインメーカーの体勢に。
 これをかわしたコブはジャーマン。そしてツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うも、オカダは回避してツームストンパイルドライバーの体勢に。しかし、コブが掟破りのツームストンパイルドライバー。さらにクラッチを離さず、旋回式のツームストンパイルドライバーをグサリ。
 ここでコブはアロハメーカーポーズ。そしてレインメーカー式のツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うが、切り抜けたオカダはローリングラリアットをヒット。
 オカダはリストをつかんでショートレンジラリアットを狙うも、コブはフロントキック。そしてロープに走るが、オカダはカウンターのドロップキックをお見舞い。
 続いてオカダはマネークリップで捕らえ、コブがロープに逃れようとすると、すばやく抱え上げ旋回式のツームストンパイルドライバーを決める。
 そしてオカダはもう一度マネークリップへ。コブが立ち上がると、オカダは変形バックブリーカーを繰り出すが、コブは回避。そして逆さ押さえ込みの体勢からラリアットを放つも、オカダはかわす。そしてオカダは同じ逆さ押さえ込みのモーションからラリアットを狙うも、コブはカウンターのヘッドバットをヒット。
 そしてコブはツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うも、オカダは切り抜ける。そして技の読み合いからオカダがエビ固めで押さえ込むも、コブはカウント2でキックアウト。
 そしてコブは突進するも、オカダはショルダースルーの要領で捕らえる。だが、コブは切り抜けてパワーボムで持ち上げ、コーナー最上段にオカダを設置。
 そしてコブは下から突き上げるようなドロップキックをヒット。オカダは足がトップロープに引っかかり宙吊り状態に。
 オカダがエプロンに落ちると、コブがセカンドロープから一気にブレーンバスターの要領で引っこ抜く。オカダはセカンドロープで踏みとどまり、コブにエルボー。だが、コブはヘッドバットでオカダの動きを止め、雪崩式のツアー・オブ・ジ・アイランドへ。だが、オカダは間一髪でDDTで切り返す。
 オカダは気合いの雄叫びから、一気にレインメーカー。しかし、コブはかわしてバックを取る。オカダは回避し、ツームストンパイルドライバーで持ち上げようとするが、コブが逆にツームストンパイルドライバーの体勢で捕らえ、そこから驚異のパワーでツアー・オブ・ジ・アイランドに持ち込もうとする。
 だが、オカダは脱出すると、突進してきたコブにドロップキックをヒット。それでもコブは気合いで突進するが、オカダは抱え上げて開脚式のツームストンパイルドライバー。そして最後はレインメーカーを決め、粘るコブに激勝。オカダがBブロック代表の座をつかみとった。

COMMENT

──リング上ではあまり多くを語りませんでしたが、まず優勝決定戦進出を決めた今の思いを聞かせてください。
オカダ「まあ優勝決定戦が決まっただけなんでね。別に優勝というわけじゃないですし、もう時間もないんでね。明日なんで。しっかりとコンディションを整えて、明日の決勝戦に臨みたいと思います」
──今日の相手が全勝を続けてきたジェフ・コブ選手、中でも雪崩式のツアー・オブ・ジ・アイランドからの切り返しもありました。改めてどんな対戦相手でしたか?
オカダ「強かった。その一個前でタマ(・トンガ)に一本取られて、嫌な空気感かなと思ったんですけど、本当に最強のジェフがいたんでね。しっかりと勢いを落とすことなくまた行けるんじゃないかなと思います」

──明日の対戦相手、Aブロック代表の飯伏幸太選手についてはいかがでしょう?
オカダ「明日のことに関しては明日すべてが分かると思いますし、それまでワクワクしてて。明日、仕事で見れなかったとか、そんな損なことはないんでね。選手だけじゃなくスタッフもそうですし、一番はこの新日本プロレスの『G1 CLIMAX』を楽しみにしているお客さんはワクワクして、しっかり寝なさいよ。ワクワクして寝られない…ドラマだったら1週間先かもしれないけど、『G1 CLIMAX』は明日なんでね。ワクワクしてください」

※コブはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ