WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27

日時
2020年11月19日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
662人

第6試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第6試合は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦、鷹木信悟&SANADA(1勝1敗)vsタイチ&ザック・セイバーJr.(2勝0敗)。現IWGPタッグ王者として開幕二連勝の鈴木軍タッグを、今回から始動した新生L・I・Jタッグは食い止めることができるか? 

 鈴木軍タッグは入場コスチューム姿のまま、ゴングを待たずに奇襲攻撃。SANADAも応戦し、ザックにその場飛びムーンサルトプレスを繰り出す。これはかわされるも、即座に低空ドロップキック。
 スイッチした鷹木は相手コーナーのタイチにショルダータックル。そして、ザックにはSANADAと共に流れるような連携攻撃。最後に鷹木がニードロップを食らわせる。
 続いてL・I・Jタッグはザックにダブルのレッグスプリット。スイッチしたSANADAの巻き投げに対し、ザックはコブラツイスト。だが、SANADAはヒップトスで切り返し、スキをついてザックを場外に追いやる。そして、プランチャを狙うも、背後からタイチが急襲。ここから鈴木軍タッグは場外戦に持ち込む。
 タイチはSANADAを鉄柵に叩きつけ、ケーブルを使ってチョーク攻撃。さらに鉄柵を用いてタイチのノド元を攻め立てる。
 タイチがSANADAをリングに投げ入れ、ザックと共にロープ際でSANADAの顔面を踏みつける。レフェリーが反則カウントを取ると、カウント4で共に両手を挙げるが、レフェリーは「足だよ!」と注意。
 鈴木軍タッグはSANADAに集中攻撃。踏みつけていたぶっていく。さらにタイチはセカンドロープを用いてSANADAのノドを攻め立てる。
 タイチはのど輪でSANADAを自軍コーナーに運び、ザックとスイッチ。ザックはSANADAにネックロック。そのままグラウンドに持ち込んで締め上げる。さらにヘッドシザースを決めるが、SANADAはロープエスケープ。
 タイチはチョークをしながらカバー。そしてカウントを要求するが、レフェリーはチョークを注意。劣勢のSANADAは、タイチに胸板への張り手で応戦。するとタイチはチョークでコーナーまで追い詰める。さらにSANADAの串刺し攻撃をかわしてジャンピングキックをヒット。
 続くバズソーキックは、SANADAが切り抜け、タイチのヒザに低空ドロップキックをヒット。
 次はザックと鷹木のマッチアップ。鷹木はザックの右足をロープに固定してキックを連発。タイチが乱入するも、鷹木は鈴木軍タッグに串刺しラリアット。さらにタイチにはショルダータックル。ここでザックがフロントネックロックで飛びつくが、鷹木は強引にブレーンバスターで叩きつける。
 鷹木はザックにパンピングボンバーを振るう。だが、ザックは脇固めで切り返し、そのまま鷹木のリストをマットに固定してストンピング。さらに両足で鷹木の腕をねじり上げる。
 ザックは鷹木の右腕にキックを連発。だが、鷹木はバックエルボー、ナックル、さらにフェイントからのDDTで応戦。
 続く鷹木のスライディングラリアットを、ザックは複合関節で捕らえ、そのまま三角絞めへ。だが、鷹木は強引に持ち上げてデスバレーボム。
 スイッチしたSANADAはザックに低空ドロップキック。かわしたザックはキックを放つが、SANADAは蹴り足を捕らえてドラゴンスクリュー。
 さらにSANADAはエプロンのタイチをショルダータックルで排除し、ザックに今度こそプランチャをヒット。
 SANADAはザックをリングに戻してカバー。ザックがカウント2で返すと、TKOを狙う。しかし、ザックは切り抜けると、相手の左腕と捕らえ、そこ目掛けてオーバーヘッドキック。
 続くザックの突進をかわしたSANADAは、セカンドロープからトンボを切って相手のバックに周ろうとする。これはザックが動きを読むが、SANADAはパラダイスロックの体勢に。しかし、ザックは丸め込みで切り返し、固め技の応酬に。続いてザックはSANADAにネックツイスト。
 スイッチしたタイチはSANADAにチョーク攻撃。SANADAはドロップキックで反撃。そして、L・I・Jタッグはタイチにトレイン攻撃。さらに打撃のコンビネーションから、熨斗紙&カッターの合体攻撃を炸裂。しかし、カバーはザックがカット。
 ここで鷹木は雄叫びを上げ、タイチにパンピングボンバー。これをかわしたタイチは聖帝十字陵へ。しかし、SANADAがタイチにスタンディングのドラゴンスリーパー。すると、ザックがSANADAをスリーパーで捕獲。
 だが、SANADAはザックを再びスタンディングのドラゴンスリーパーで捕らえ、鷹木もタイチにドラゴンスリーパー。
 これを鈴木軍タッグは切り返し、タイチが鷹木に聖帝十字陵 、ザックはSANADAにオクトパスホールド。ザックはそのままグラウンドに持ち込んで締め上げる。鷹木はなんとかロープエスケープ。
 タイチは鷹木にタイチ式ラストライドを狙うが、鷹木はこらえる。ならばとステップキックを叩き込み、タイチ式ラストライドへ。しかし、鷹木はショルダースルーでリバース。
 鷹木の串刺し攻撃をタイチがかわすと、すかさずザックが串刺しエルボー。そしてザックメフィストを狙うも、SANADAがカット。そして、SANADAはザックにマジックスクリュー。すると、タイチがSANADAにバックドロップを炸裂。
 ならばと鷹木がタイチに追走式ラリアットからバックドロップ。だが、タイチはすぐに立ち上がってジャンピングキックをヒット。リング上では4人が大の字。
 同時に立ち上がったタイチと鷹木はラリアットの相打ち。最後はタイチがアックスボンバーで鷹木をなぎ倒す。タイチは鷹木を挑発するように「オイ! オイ!」と雄叫びを上げ、パンタロンを脱ぐ。すると、鷹木はスキをつて「アックスボンバー!」と叫びながら右腕を打ち込む。
 そして鷹木が鷹木式タイチ式外道クラッチを繰り出すも、これはカウント2。鷹木は気合いを入れると、タイチにパンピングボンバー。しかし、回避したタイチはハイキック。そして、タイチ式ラスト・オブ・ザ・ドラゴンを狙うが、切り抜けた鷹木が鷹木式ブラックメフィストへ。
 だが、タイチは脱出してタイチ式ラストライド。これはSANADAがカットに入る。ザックはSANADAを場外に排除すると、鷹木にサッカーボールキック。するとタイチが「こうやってやるんだよ!」と鷹木にタイチ式外道クラッチ。これは鷹木がカウント2でキックアウト。
 ここでタイチは首切りポーズ。そしてザックメフィストを狙うが、SANADAが妨害。しかし、鈴木軍タッグは天翔ザックドライバーの体勢に。だが、SANADAがタイチをスタンディングのドラゴンスリーパーで捕獲。鷹木はザックにパンピングボンバーをヒット。
 SANADAはドラゴンスリーパーでタイチをブン回してから、鷹木にパス。すかさず鷹木がラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決め、タイチから3カウントを奪取。接戦を制したL・I・Jタッグはこれで2勝1敗。公式戦初黒星の鈴木軍タッグも2勝1敗となった。

COMMENT


 
SANADA「(※インタビュースペースに現れると報道陣の方を向いて、ノーコメントで立ち去る)」
  

 
鷹木「(※SANADAが立ち去った方向を指差して)今日は、SANADAと同じくノーコメントだ! ノーコメント! (※と立ち去りかけて)ただ一つだけ! リング上で言ったことは嘘偽りねぇからな。夢でも、目標でもない、俺とSANADAで優勝することだ。かなり、現実的な話だと思ってる。そしてここに!(※と、手に持っていたNEVER無差別級のベルトを掲げて)NEVERのベルトがある。来年、1・4&1・5、東京ドームが2日間あるんだろ? いいじゃねぇか! NEVERのタイトルマッチと、IWGPタッグのタイトルマッチ、2日間やってやるよ。ということで! 以上、鷹木式、ノーコメントだ!」
 
 

 
ザック「(※氷のうを床に叩きつけて)タイチは俺に失望してるだろうな。俺たちのチームワークは新日本一だ。だから俺たちがチャンピオンなんだ。あそこで俺がタイチを助けられなかったから、タイチがやられてしまった。悔しい! もう全勝優勝は無理だ。東京ドームでは試合したくなかったのにな。でもこうなってしまったら仕方ない。まだ優勝はできるからな。
 

 
優勝して東京ドームでベルトを防衛すればいいだけのことだ。せいぜい今この瞬間を楽しめよ、鷹木! でもな、タイトルマッチでは俺たちに勝てないぞ。ラスト・オブ・ザ・ドラゴン? いやいや、ラスト・オブ・ザ・ディックヘッド(バカ)の間違いだろ!」

※タイチはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ