レック Presents G1 CLIMAX 30

日時
2020年10月11日(日)   16:00開場 18:00開始
会場
愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
放送
バナー
観衆
2,550人

第2試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦

VS

  • (1勝6敗=2点)

  • (4勝3敗=8点)

境界線

レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 昨年の6.25仙台大会でブリティッシュヘビー級王座を争ったYOSHI-HASHIとザックが、Bブロック公式戦で再戦。ブリティッシュ王座戦ではYOSHI-HASHIがザックに『G1』出場権を要求したという因縁もある。

 まずはバックの奪い合いからグラウンドの攻防を繰り広げる。一度ブレイクした後、スタンドで組み合うとザックがYOSHI-HASHIをロープに押し込む。YOSHI-HASHIも体勢を入れ替えてチョップを放つが、ザックはこれを避けてお返しの逆水平チョップ。そしてヘッドロックに捕獲する。
 しかし、これを逃れたYOSHI-HASHIはショルダータックルで反撃。バックエルボーからティヘラを繰り出すと、串刺し式のバックエルボーからヘッドバスターの体勢に入る。しかし、ザックはこれを脇固めに切り返し、左腕を固定して自身の足で捻ってダメージを与える。
 続けてザックはアームロック。さらにヘッドシザースとの複合技でいためつけ、YOSHI-HASHIがロープエスケープするとキックで蹴り飛ばしていく。YOSHI-HASHIも激昂しながら立ち上がるが、すぐにテイクダウンさせられて左腕を蹴り飛ばされてしまう。
 さらにザックはアームロックと袈裟固めの複合関節技。YOSHI-HASHIがロープエスケープすると、左腕をしつこく捻じり上げ、その腕を蹴り飛ばす。そして腕ひしぎの体勢に。ここもYOSHI-HASHIはロープエスケープだ。
 YOSHI-HASHIも腕を掴まれながらエルボーで反撃。ザックは左腕にミドルキックを連発して黙らせる。だが、引かないYOSHI-HASHIはザックの蹴りを避けると、自身の蹴り足を掴ませてのスピンキックで反撃だ。
 そして、エルボー、逆水平チョップを連発すると土手っ腹にソバット。続けてザックをトップロープに乗せてからドロップキックをかまし、落ちたところに今度は低空のドロップキックで顔面を撃ち抜いてみせた。
 そして、パワーボムの体勢に入るYOSHI-HASHI。しかし、ザックはこれを踏ん張って左腕を捻ってテイクダウン。YOSHI-HASHIの左腕の肘を逆方向に固めながら踏んづけていためつける。そして、エルボースマッシュ、フロントキックを放ったザック。
 しかし、YOSHI-HASHIはコーナーに突進してきたザックを自爆させて逆水平チョップ。そして、シットダウン式のランニングパワーボムからバタフライロックだ。ザックもこれを脱出してコブラツイスト。
 ならばとYOSHI-HASHIもコブラツイストに切り返す。ザックがこれをさらに切り返そうとしたところを、今度はバタフライロックに移行してみせた。ザックが身体を動かすと、今度はハンマーロックに極めながらのバタフライロック。しかし、ザックは柔らかい身体を利用して、ロープエスケープだ。
 ならばとYOSHI-HASHIはKUMAGOROSHIの体勢に。ザックはこれを逃れて、オーバーヘッドキックを左腕に放つが、YOSHI-HASHIはこれを読んで避けてみせる。しかし、ザックは倒れたところで蟹挟みでテイクダウン。左腕の関節を踏みつける。
 そして、PKを発射したザック。だが、YOSHI-HASHIは凄い形相で立ち上がり、逆水平チョップだ。ならばとザックはまたも左腕へのオーバーヘッドキック。しかし、怯まないYOSHI-HASHIはラリアット。そして、ダブルニーアタックを食らわせた。
 YOSHI-HASHIはカルマの体勢に。ザックが逃れると逆水平チョップ、トラースキックを炸裂させて動きを止める。そして再びカルマを仕掛けるYOSHI-HASHI。しかし、ザックはこれを逃れてグラウンドに引きずり込んで腕ひしぎ。YOSHI-HASHIもエビ固めでフォールを狙うが、ザックは許さない。
 YOSHI-HASHIが体勢を入れ替えようとすると、今度はオモプラッタのように左腕を固め、さらにYOSHI-HASHIが動くともう一度腕ひしぎへ。そして三角絞めに移行して絞め上げる。YOSHI-HASHIもこれを持ち上げようと抵抗を試みる。
 しかし、持ち上げきれず、逆にザックは自身の足でYOSHI-HASHIの右腕をハンマーロック。そして左腕を掴んで極めるクラーキー・キャットに持ち込む。耐えたYOSHI-HASHIだが、ついにギブアップ。レフェリーストップでザックが勝利し、勝ち点8を上げ、決勝戦進出の可能性を残した。

COMMENT


 
ザック「本当にあいつYOSHI-HASHIだったか? YOSHI-HASHIが『G1』に出てるのか? 2年前、あいつが勝手に転んでケガしたことを覚えてるか? でも、今日のチョップの威力は凄かったぞ。どうやらステイホーム期間を有効に使って少しは強くなったようだ。でも、もし仮にあいつが2冠王にでもなったりしたら、マジでこの世は終わりってことだ。普段ならYOSHI-HASHIのことを好き放題こき下ろしてるけど、今日のところは認めてやる。今日のあいつには正直驚いた」
 
 

 
YOSHI-HASHI「もう、少し前から決勝いけないけど、『G1 CLIMAX』は終わってないからな、オイ。まだあと2人いるだろ。まったく、俺の、気持ちは砕けてないからな、オイ。1コでも、1コでも勝ちを拾って、最後2戦、締めてやっからな」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ