レック Presents G1 CLIMAX 30

日時
2020年9月30日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
696人

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦

VS

  • (1勝3敗=2点)

  • (1勝3敗=2点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メイン(第6試合)は、NEVER無差別級6人タッグ王者の石井智宏(0勝3敗)と、鷹木信悟(1勝2敗)が激突。両者は昨年の『G1』公式戦で死闘を繰り広げ、そのときは鷹木が辛勝を収めている。今年の2.20後楽園でも両者はNEVER無差別級王座を賭けて対戦し、当時王者だった鷹木が石井を撃破。公式戦3連敗中の石井としては、ここで鷹木へのリベンジと共に、風向きを変えたいところだ。

 開始のゴング、両者はロックアップからショルダータックル合戦に突入。続いてエルボーの応酬となり、競り勝った石井がロープに走るが、ショルダータックルは互角の攻防。
 鷹木はエルボーで石井をひるませ、ロープに走るが、石井がショルダータックルでダウンを奪う。
 続いて石井は逆水平チョップの連発で鷹木をダウンさせる。そして、背中にサッカーボールキック。さらに鷹木の胸板にキックを連発。その蹴り足を捕らえた鷹木は、セカンドロープに固定し、鷹木式のGTRを狙うが、石井は場外に回避。
 鷹木が場外に下りると、石井は鉄柵にハンマースルーで叩きつける。それにひるまず鷹木は突進し、場外でエルボーの応酬を展開。
 鷹木は石井を鉄柵に叩きつける。しかし、石井はもろともせず突進。すると鷹木はカウンターのラリアットでダウンを奪う。
 鷹木はカウント14で石井をリングに投げ入れ、エルボードロップを連発で落とす。さらにセントーンをお見舞い。
 鷹木は石井の右肩にエルボーを何度も落とし、さらに右肩付近にニードロップ。続いて鷹木は石井をフロントネックロックで捕らえ、エルボーを後頭部に落とす。
 石井はエルボーで反撃するが、鷹木はヘッドバット一発で黙らせる。鷹木は「効いてんじゃねえか」と挑発しながらキック。
 石井は立ち上がって逆水平チョップ。鷹木も同じ技を返し、互いに意地をぶつけ合う。鷹木はダブルチョップで石井をひるませ、ここから技の読み合いに。最後は石井がブレーンバスターをお見舞い。
 石井は鷹木をコーナーに詰める。鷹木はエルボーで抜け出そうとするが、石井はビクともせず、逆水平チョップ&エルボーの乱打で鷹木をひざまずかせる。
 石井は鷹木の顔面を踏みつけて、「オラオラッ!」と挑発。続く串刺し攻撃は鷹木が切り抜け、ナックルからショートレンジラリアットでダウンさせる。
 鷹木は石井にバックドロップをお見舞い。鷹木は「どうした石井!?」と足蹴にする。さらに背中に強烈なサッカーボールキック。
 石井は静かに立ち上がると、頭に打ってこいとばかりに、頭を指差す。すると、鷹木は「コイツ、頭がおかしいんじゃねえか?」と頭部に蹴りを連発。
 すると、石井はバックエルボーで鷹木をひるませ、逆水平チョップをノド元に乱打。鷹木が尻餅をついても、石井は立ち上がらせて逆水平チョップをお見舞い。
 今度は石井が鷹木の頭部にキックを連発。すると、鷹木は顔面を差し出す。石井がフロントキックを狙うと、鷹木は蹴り足をつかみ、石井のノド元に逆水平チョップを連発。
 鷹木はナックルの連発から、「お返しだ!」と叫んで石井のノド元に強烈な逆水平チョップ。
 鷹木は石井に熨斗紙を食らわせ、「こんなんじゃ気がすまねえ」と、振り子のように弧を描くジャーマンを炸裂。。
 勢いに乗る鷹木はスライディングラリアットからカバー。しかし、石井はカウント2でキックアウト。
 鷹木は「オイ! オイ!」と気合いを入れると、パンピングボンバーへ。しかし、石井はかわし、技の読み合いからロープへ。ここから互いに追走式ラリアットを食らわせ、続いてラリアットでダウンを奪い合う。
 さらにラリアットの相打ちを二度繰り返し、共にマットに倒れこむ。両者の熱闘に場内は大きな拍手が巻き起こる。
 立ち上がった石井は串刺しラリアットをヒット。そして、鷹木をコーナートップに設置し、雪崩式ブレーンバスターをお見舞い。だが、カバーは鷹木が必死にカウント2でキックアウト。鷹木は腰を押さえて苦悶の表情。
 石井はパワーボムを狙うも、鷹木が脚力でショルダースルー。そして、ラリアットを狙うが、石井も右腕を叩きこむ。だが、鷹木は休まずソル・デ・ハポンを炸裂。
 鷹木はMADE IN JAPANの体勢に入るが、石井は切り抜ける。そして、技の読み合いから鷹木がDDTをヒット。 
 鷹木は今度こそMADE IN JAPANを決めるが、カバーはカウント2。鷹木は「立てー!」と叫び、パンピングボンバーをヒット。しかし、またも石井はカウント2でキックアウト。
 鷹木は石井を立たせるとラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に。しかし、石井は抵抗。すると、鷹木は「黙っとけ!」とショートレンジラリアットでねじ伏せる。
 鷹木は串刺し串刺しラリアットからパンピングボンバー。しかし、かわした石井はバックドロップ。それでも鷹木はショートレンジラリアットを放つが、石井はかわしてもう一発バックドロップ。
 石井は気合いを入れる。すると、鷹木はナックルと逆水平チョップ。さらにショートレンジラリアット。しかし、石井は倒れず、強烈なエルボーでダウンを奪う。
 石井は鷹木をハイアングルのパワーボムで叩きつけるが、カウントは2。石井はマットを叩き、「鷹木、立て!」と叫ぶと、渾身のラリアットで吹っ飛ばす。しかし、これもカウントは2。
 石井は雄叫びを上げ、垂直落下式ブレーンバスターの体勢に入るも、鷹木は着地、そして、オリジナルのファルコンリー。
 さらに鷹木はラリアットを繰り出すが、かわした石井は投げっぱなしドラゴンスープレックス。
 しかし、鷹木はすぐに立ち上がると突進。すると、石井はカウンターのラリアットからカバー。だが、鷹木は意地でカウント1で返す。しかし、うしろにひっくりかえってしまう。
 石井は鷹木を起き上がらせ、スライディングラリアットをヒット。しかし、カバーはカウント2。
 ならばと石井は垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、鷹木は回避。続く石井の延髄斬りをかわした鷹木は、スライディングエルボーを打ち抜く。
 ここから両者は四つん這いの状態で頭突きを打ち合う。そして、立ち上がってヘッドバットの応酬。続いて鷹木は左右のエルボー。だが、石井も左右のエルボーで反撃。
 そして、石井が突進すると、鷹木はうまくセカンドロープに固定して鷹木式GTRを炸裂。
 鷹木は石井を立ち上がらせ、「これで最後だ!」とパンピングボンバー。しかし、石井はカウント3寸前でキックアウト。
 鷹木はDDTで突き刺し、「終わりだー!」と叫び、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に。石井は回避してラリアット。だが、鷹木は倒れず、ショートレンジラリアットでダウンを奪う。
 鷹木はしつこくラスト・オブ・ザ・ドラゴンを狙うも、切り抜けた石井は垂直落下式ブレーンバスターへ。だが、鷹木も回避し、右肩に石井を担ぎ上げて旋回するが、石井がトルネードDDTのように切り返す。ここで25分経過のアナウンス。
 両者はラリアットの相打ちから、ヘッドバットの応酬。そして、鷹木がラリアットを放つが、石井は右腕で叩き落とし、延髄斬りをヒット。
 石井は雄叫びを上げ、マットを叩くと、ロープに走ってラリアットで鷹木を一回転させる。しかし、カバーはカウント2。
 すると、石井が垂直落下式ブレーンバスターを決め、粘る鷹木から3カウントを奪取。これで石井は公式戦初勝利、鷹木は1勝3敗に。

COMMENT

※石井はダメージが深いのか、一度階段の途中で止まって呼吸を整える。そして足を引きずりつつも降りてきて……。

石井「3連敗? それがどうした。それと鷹木、そんなもんな激烈でもなんでもねえんだ。戦う上でこれが当たり前なんだ。てめえとはよ、1回勝った負けたの次元の話じゃねえんだ。わかったか」


 
鷹木「(バックステージに来るなり倒れ込みあぐらをかいて)クソッ! 強烈、猛烈、いやホント激烈だよ。石井のオッサン、半端ねえな、相変わらず。チクショウ! せっかくオスプレイに勝ったのによ、また振り出しだ。だがよぉ! これで終わりじゃねえ! 言ったろ? 『G1』始まる前に『俺が忘れられねえ秋にしてやる』って。男に二言はねえよ」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ