レック Presents G1 CLIMAX 30

日時
2020年9月27日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
兵庫・神戸ワールド記念ホール
放送
バナーバナー
観衆
2,548人

第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦

VS

  • (2勝1敗=4点)

  • (1勝2敗=2点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第5試合はウィル・オスプレイ(2勝0敗)vs鷹木信悟(0勝2敗)。両者は昨年の『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝決定戦で対峙。そのときは死闘の末、オスプレイが勝利を収め、優勝の栄冠をつかんだ。今年3月の『NEW JAPAN CUP』一回戦で、両者は二度目の対戦を迎える予定だったが、大会中止のために消滅。満を持して、今回の『G1』で“再会”することに。
 オスプレイはブリティッシュヘビーのベルトを腰に入場。

 開始のゴング、オスプレイは試合への期待感を見せるように、笑みを浮かべる。そして、両者はロックアップで組み合い、互角になると一旦離れる。続いて手四つの力比べでは鷹木が押し込むも、オスプレイはスキをついてヘッドロックで捕獲。
 ここからショルダータックル合戦に入るが、両者ともに仁王立ちで意地をぶつけ合う。
 続いて両者は高度な技の読み合いを展開。オスプレイのハンドスプリングエルボーを捕らえた鷹木はジャーマン。しかし、オスプレイは着地するとオスカッターへ。これをこらえた鷹木がパンピングボンバーを狙うも、切り抜けたオスカッターはシットダウン式パワーボム。だが、鷹木はフランケンシュタイナーで回避。目まぐるしい攻防の末、両者が一旦離れると、場内は拍手に包まれる。
 オスプレイは握手の手を差し伸べるが、鷹木は応えるとみせかけてキチンシンク。しかし、オスプレイもヘッドシザースホイップで鷹木を場外に落とすと、飛ぶとみせかけてロープの反動を利用し、後方回転するフェイント。
 鷹木がリングに戻ると、オスプレイは顔面にステップキック。鷹木はその蹴り足をつかんでエルボーを落とす。だが、負けじとオスプレイは低空ドロップキックで鷹木を場外に落としてプランチャ。これは鷹木は寸前でかわす。
 しかし、オスプレイは鷹木を鉄柵に叩きつける。だが、鷹木もスキをついて場外でのデスバレーボムを炸裂。
 鷹木は「遊ぶじゃねえんだ!」と叫び、オスプレイをリングに戻すとスタンガン。そして、間髪入れずDDTをお見舞い。
 鷹木はネックロックでオスプレイをグラウンドに持ち込む。そしてカバーするが、オスプレイはすぐに跳ね返す。
 鷹木はオスプレイの右肩にエルボーを連発で落とし、ニードロップを炸裂。そして、場内に拍手を煽り、オスプレイの顔面にステップキック。
 続いて両者は逆水平チョップの応酬を展開。鷹木はダブルチョップで競り勝つと、オスプレイをロープに飛ばす。すると、オスプレイはハンドスプリング式のスクリューキックをヒット。
 続いてオスプレイはマンハッタンドロップからその場飛びムーンサルトプレス。そして、スワンダイブで飛びつくが、鷹木は回避してロープへ。すると、オスプレイはサマーソルトキックから延髄斬り。しかし、鷹木もナックルからのショートレンジラリアットで反撃。
 鷹木は熨斗紙を狙うが、こらえたオスプレイはキックの連発。その蹴り足を捕らえた鷹木はドラゴンスクリュー。さらにスライディングラリアットをヒット。
 鷹木はMADE IN JAPANの体勢に入るが、オスプレイは脱出してフルネルソン。それを鷹木は切り抜けると、技の読み合いからブレーンバスターへ。しかし、オスプレイは空中で身体を切り替えてスタナーを炸裂。
 オスプレイはピッピー・チェリオで鷹木を場外に吹っ飛ばすと、サスケスペシャルを敢行。オスプレイは鷹木をリングに戻し、串刺しフロントキック。さらにストームブレイカーを狙うが、鷹木はトップロープに足をかけて脱出。
 しかし、鷹木は逆さ吊りになってしまい、オスプレイは反対側のロープから飛距離のあるスワンダイブドロップキックをヒット。続いてオスプレイはリバース式ブラディサンデー。そしてシューティングスタープレスを決めるが、鷹木はカウント2でキックアウト。
 オスプレイは一気にオスカッターを繰り出すが、鷹木はカウンターの熨斗紙で切り返す。続いて鷹木はバックに周り、フェイントからソル・デ・ハポンをお見舞い。
 鷹木は串刺しラリアットを決めるが、オスプレイは前に出てエルボーをお見舞い。しかし、鷹木もエルボーを返し、オスプレイの首根っこをつかんでロープへ。オスプレイがハンドスプリングで飛びかかると、鷹木はアルゼンチンバックブリーカーで捕獲し、そのままトップロープに腹部を打ち当てる。
 続いて鷹木はパンピングボンバーを放つが、オスプレイはその腕をつかんで回転し、シットダウン式パワーボムを炸裂。
 オスプレイは今度こそオスカッターを決めるが、鷹木はカウント2でキックアウト。ならばとオスプレイはストームブレイカーの体勢に入るも、鷹木は切り抜けてショートレンジラリアット。
 しかし、オスプレイは倒れず、エルボーの連発からローリングエルボー。しかし、鷹木はカウンターのナックル。負けじとオスプレイはトラースキックを叩き込み、キックのコンビネーション。そして、もう一度ストームブレイカーのモーションを見せるも、脱出した鷹木は蹴り足を捕らえてMADE IN JAPANへ。だが、オスプレイはカウント2でキックアウト。
 鷹木はパンピングボンバーでオスプレイを一回転させ、カバーに入るが、これもカウントは2。すると鷹木は気合の雄叫びを上げ、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に。だが、オスプレイはこらえ、肩車の体勢に。
 鷹木は前方にオスプレイを落とすと、ロープに走ろうとするが、オスプレイはトラースキックで動きを止める。そしてリバースフランケンシュタイナーを決め、ローリングエルボーを放つも、鷹木はヘッドバットで迎撃。ここで両者ともにダウン。
 立ち上がった両者はエルボー合戦に突入。鷹木が競り勝つも、オスプレイは鋭いハイキック。しかし、鷹木は追走式ラリアットをお見舞い。そして、ロープに走ると、オスプレイがカウンターのスパニッシュ・フライ。ここから押さえ込み合戦を経て、オスプレイが強烈なラリアットを放ったところで、両者は再びダブルダウン状態に。
 先に立ち上がったオスプレイのヒドゥン・ブレイドは、鷹木が寸前でかわす。しかし、オスプレイはトラースキックの連発からローリングエルボー。そして、スーパーオスカッターを狙うも、鷹木は回避し、エプロンに出るとコーナー上のオスプレイをラリアットで叩き落とす。
 続いて鷹木はオスプレイを担ぎ上げてセカンドロープに登り、一気にSTAY DREAM。しかし、カバーはオスプレイが意地でカウント1で返す。
 続くラリアットの相打ちで競り勝った鷹木は、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンを炸裂。オスプレイを撃破し、星取りは1勝2敗に。オスプレイは2勝1敗となった。

 試合後、場外のオスプレイに鷹木は何やた話しかける。そして、堂々の勝ち名乗りを受けた。

COMMENT

鷹木「おい、オスプレイ! オスプレイ! あんま調子に乗んなよ。確かに俺はベルトもねえ、実績もねえ、何もねえ。だがなぁ!(自分の胸を指し)魂だけは残ってんだ。あいつは身体でかくしてパワーアップしてもスピードが落ちない。おい、化け物か、あいつ。確かにあいつはモンスター級だ。だがな、俺にも意地とプライドと底力があるんだ。この1勝はでかいぞ。2連敗からのこの1勝は。オスプレイは2連勝中だったんだろ? この1勝は分岐点となる。これを機に、一気にAブロックのトップに躍り出てやるからな。これからだ、これから! これからだからな。
 

次は石井のオッサンか。ああ、激烈オヤジ。俺にとっちゃあよぉ、『G1』のGは激烈のGだと思っている。おい、石井! どっちが本当に激烈か、後楽園で決めようじゃねえか。もちろん! 最後に勝つのはこの俺だ」
 

※オスプレイはゲイブリエルの肩を借りて引き揚げてくるが、コメントスパースにたどり着くや振りほどくようにしてフロアに座り込む。
オスプレイ「何も言い訳はしない。シンゴ、今日はお前の方が強かった。お見事だ。だけど1敗で、俺の価値は変わらない。今でも俺が世界最高のレスラーだ。今日はほんのちょっとつまずいただけだ。ネコのように、ちょっと傷を舐めたら元どおりだ。ちょっと待ってよ、俺はネコじゃなかった。とにかく、ここから巻き返すだけだ。次はコーラクエンホールか。次の相手もまた面白くなりそうだ。シンゴ、今日はさすがだった。頭がもげるかと思ったくらいだ。これで俺たちの成績は1勝1敗か。いつか決着をつけよう。でも今は、次のコーラクエンホールの闘いに気持ちを切り換えないと。
 

あるところに、若くて才能があるけど世間知らずな若者がいました。彼はニュージャパン・プロレスリングに加入しました。すると彼は怒りに狂ったキーウィ(ニュージーランド人)に変貌してしまいました。ま、ウィル・オスプレイの足元にも及ばないがな。ジェイ、なんでお前が俺にそこまで執着してるのかわからないよ。過去2年、ヘビー級のトップのベルト2つを巻いてきたお前が、なんで俺に固執するんだろうか? もしかして俺に惚れちゃったのか? それなら別に構わないぞ。コーラクエンホールでデートして楽しませてやる。その後でディナーにも連れて行ってやるし。そしてお前にウィル・オスプレイのすごさを、これでもかというぐらい味合わせてやる。俺のレベルで闘わせてやる。最後はもちろんストームブレーカーでトドメを刺すことになるけどな。『G1』優勝は俺のものだ。ジェイ・ホワイト、お前は俺を止められない。誰にもできないんだ。俺はスーパースターだ。俺はウィル・オスプレイ、俺は“レベルが違う”。(※立ち上がって)シンゴ、今日はおめでとう。じゃ、またな」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ