レック Presents G1 CLIMAX 30

日時
2020年9月19日(土)   15:00開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
2,401人

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦

VS

  • (1敗=0点)

  • (1勝=2点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 昨年の『G1』Aブロック最後の公式戦のカード、そして今年の1.4東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座戦となったカードが、今年は開幕戦で実現。昨年の公式戦では飯伏がオカダを破って決勝進出し、初優勝を遂げている。

 ゴングが鳴っても、両者間合いを広げたまま。場内の拍手に促されるようにジリジリと近寄るが、なかなか組み合おうとしない。ようやくロックアップすると飯伏が腕を獲ってリストロック。オカダもやり返すと、今度は飯伏がグラウンドに持ち込んでサイドからのフェイスロックだ。
 さらに飯伏は袈裟固めへ。これを逃れたオカダはリストロックからフェイスロックに捕獲する。飯伏はこれをロープに飛ばして脱出し、フランケンシュタイナー。そして、場外に落ちたオカダに対して、スライディングキックだ。
 オカダもこれを読んで避けるとガットショット。しかし、飯伏もこれをキャッチするとエルボー。そしてラ・ケブラーダを発射しようとする。だが、オカダはこの動きも読んで足を掴んで引きずり落とす。そして飯伏を鉄柵に叩きつけてみせた。
 オカダは場外でDDTを放って追撃。自身はリングに戻って、飯伏を待ち構える。飯伏が戻ってくると、側頭部に低空のドロップキック。しかし、引かない飯伏は「来いよ!」と座ったまま挑発。ならばとオカダも「てめえが来いよ!」と挑発してエルボーだ。
 さらにショルダーネックブリーカーを放ったオカダ。コーナーに飯伏を詰めるとバックエルボーを連発。そしてコーナースローだ。しかし、飯伏は突進してきたオカダをフロントキックで迎撃。オカダもフロントキックでやり返してくるが、すぐさまカウンターのドロップキックを放って追撃だ。
 さらに飯伏はロープを走ってレッグラリアット。掌底とローキックのコンビネーションからソバットを一撃。続けてその場飛び式のムーンサルトプレスだ。そして、バックを奪った飯伏。だが、これを逃れたオカダはロープを走ってバックエルボーを炸裂させる。
 さらにコーナースローから雄叫びを上げてジャンピングのバックエルボーアタック。戻ってきたところでDDTだ。そして、リバースネックブリーカーの体勢に入るオカダ。しかし、飯伏もこれを逃れると、コーナー間を走ってオカダの攻撃をかわしオーバーヘッドキックを炸裂させる。
 ならばとオカダは立ち上がったところで変形のコブラクラッチへ。これを強引に逃れた飯伏だが、コーナーのオカダに突進したところを捕まって、リバースネックブリーカーを被弾してしまう。
 一方のオカダは河津落としから変形のコブラクラッチへ。飯伏を絞めにかかる。ここはなんとかロープエスケープした飯伏。しかし、オカダは構わず反則5カウントとなるギリギリまで絞めていく。オカダが技を解くと、たまらず場外に逃れた飯伏。
 これを追いかけてオカダも場外へ。飯伏を捕まえると場外でツームストンパイルドライバーの体勢だ。しかし、これを回避した飯伏はピョンとエプロンにジャンプし、さらにセカンドロープに飛び乗って、ラ・ケブラーダを炸裂させる。
 形勢を逆転した飯伏はオカダをリングに戻し、スワンダイブ式ミサイルキックを発射。そしてオカダをコーナートップに乗せていく。しかし、オカダは逆に飯伏を捕まえるとツームストンパイルドライバーの体勢に。
 飯伏はこれを逃れてエプロンに着地。そしてトップロープに飛び乗ると抜群のバランス感覚でオカダに飛びついて雪崩式のフランケンシュタイナーだ。そしてオカダを抱えてやり投げの体勢に。オカダがこれを回避すると、今度は人でなしドライバーを仕掛ける。
 しかし、オカダはこれを切り返して、間髪入れずにツームストンパイルドライバーで串刺し。ここで両者ダウンという状況となる。そして、お互い、膝立ちで立ち上がってくるとエルボー合戦。さらに立ち上がって、エルボーを打ち合っていく。
 ここは溜めを作った強烈な一撃で、飯伏がダウンを奪う。そして倒れたオカダの両腕を掴んでカミゴェを狙う。だが、オカダも必死に防御。ならばと飯伏はバズソーキックでオカダを蹴り飛ばしてしまう。
 そして、滾ってからオカダめがけて突進。しかし、オカダは待ってましたとばかりに飯伏を捕まえてローリング式のツームストンパイルドライバーを炸裂させる。そして、間髪入れずに変形のコブラクラッチだ。
 必死に逃れようとする飯伏をリング中央に引きずり戻して絞めるオカダ。飯伏が強引に立ち上がってもすぐさま絞め直していく。ならばと飯伏も強引に前方に投げ飛ばして脱出。オカダがすぐさまショットガンドロップキックを放っても、これを避けてミドルキックだ。
 しかし、オカダはこれをガード。エルボースマッシュからツームストンパイルドライバーの体勢に入る。飯伏はこれを必死に防御。ならばとローリングレインメーカーだ。しかし、飯伏はこれをカウンターのハイキックで迎撃。そしてジャンピングニーアタックからカミゴェへ。
 だが、オカダは両腕を掴まれたまま立ち上がってドロップキック、続けて飯伏をロープに飛ばしてドロップキックで撃ち抜くと、その両腕を捕まえる。そして、カミゴェ式のショットガンドロップキックを発射だ。
 しかし、飯伏はこれをシットダウン式のパワーボムで切り返す。そしてボマイェを放つと、最後は必殺のカミゴェ。これがズバリと決まって3カウント。飯伏が2年連続でオカダを破り、初戦を白星で飾ったのだった。

COMMENT

※ふらふらした足取りでコメントスペースに向かう。たどり着く直前には壁伝いに歩を進めるシーンも……

--見事に初戦白星発進を飾りました飯伏幸太選手です。おめでとうございます。
飯伏「ありがとうございます」
--今日の一戦は、リーグ戦9戦ある中で、「ただの一戦じゃないんだ」と試合前におっしゃってました。その一戦(で勝利)を取った意味、どうとらえますか?
飯伏「去年の『G1』で、僕は優勝決定戦に(進出して)勝つためには、オカダ・カズチカに勝たないといけない。そして、僕が東京ドーム、1.4で、メインイベントで、オカダ選手に負けてるんです。そのリベンジも含めて、今日の一戦、全力で闘いました。僕は、『G1はリーグ戦なんで、配分を考えて闘う』、こう言ってきたんですけど、結果、初戦がオカダ戦。これは全力でいくしかないんですよ。だから全力でいきました」
--その結果、見事に勝利を収めたわけですが、1.4東京ドームでは敗れました。今日の試合は、「今のオカダと、今の飯伏を見てほしい」といった話もされてました。どんなところが変化しましたか?
飯伏「いや、そのまんまですね。そのまま。今の飯伏幸太、今のオカダ・カズチカ。ただ、僕はただ、オカダ選手はレインメーカーも出してないし、本当の全力じゃないんで。僕はそう思ってます。また1対1で闘う日が来たら、もう1度、きれいに決着をつけましょう」

--あと、今日、(勝利後の)マイクパフォーマンスで印象的だったのは、これまで「神なる」という発言はあったんですけど、「本当の神になる」、“本当の”というところにこれまでと違うニュアンスを感じるんですけど、どんなイメージなんですか?
飯伏「みんなが思ってる“神”っていうのもは、僕の尊敬する棚橋さんだったり、中邑(真輔)さんだったり、いろんな人物のことを言ってるんですけど、これはみんなの想像に任せますよ。僕が言ってるのは“本当の神”、神様になる。これたぶん、わからないと思うんですよ。わからないけど、わかる人にはわかると思うんです。本当の神様になる、という意味の“神”です」
--重要なオカダ戦で初戦白星取りました。今度は次戦、9月23日、札幌。(対戦相手は)去年の優勝決定戦のカード、ジェイ・ホワイト選手。これもまた非常に強敵だと思うんですけど、そこに向けての意気込み、お願いします。
飯伏「そうですね、去年は優勝決定戦で勝ってるんですけども、1月5日、僕はジェイ・ホワイトに負けてるんで。それがまったく、オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト、この順番なんですよ。去年の『G1』もそうだし、1月4日、5日、この伝説の東京ドーム大会も連敗してるんで。こっち(『G1』)で勝ってるのに、東京ドームで負けてるんで。これでちょっと差ができたのかなと。そして今、こういう状況。コロナウイルスでしばらく試合ができない期間があったので、そこでちょっと薄まったかなと。去年の『G1』優勝からの印象が、薄まってしまったのかなと。あと連敗でちょっと、薄まってしまったかなと思ってるので、自分の実力が。ここでやっぱり見せつけたいなと思います」

--タッグ戦線が長くて、久しぶりにメインイベントで勝利。その気持ちはどうですか?
飯伏「シングルでの勝利はうれしいし、何よりもオカダ戦に勝ったというのがうれしいし。あと久々だったんで、シングルマッチの感覚っていうのが、まあ無観客ではこないだ1試合、2試合やりましたけど、久々の有観客での(シングルの)試合だったんで、ちょっと感覚がつかめないですよね。まあ、お客さんが声を出せない分、自分の感覚っていうものがつかめない。まあ逆にいえば、それが思いっきり全力でいけたのかなという部分がありますね。(勝利は)その部分での差かもしれない。もしかしたら、(通常の雰囲気で応援できる環境の中)お客さんがいたら僕が負けてたかもしれないし、わからないですけど、今日のこの状況での結果なので」
--もともと飯伏選手は破天荒なことをして観客の声援を後押しにして、相手をどんどん追い込んでいくスタイルでしたよね? そういうことからして、個の観客が声を出せないという状況はものすごくハンディになってるんじゃないですか?
飯伏「僕もそう思ってたんです。キャリア15年、16年目にして無観客でしばらく試合があったじゃないですか。その間に、お客さんがいるのといないのと経験して、いるのもいないのもあまり変わらないっていうのを感じたんで。そのへんはすごい経験になりましたね。3月、4月、5月で、すごく経験になりました。無観客(試合)をやってよかったなと、それは思いますね」
 
※オカダはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ