レック Presents G1 CLIMAX 30

日時
2020年9月19日(土)   15:00開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
2,401人

第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦

VS

  • (1敗=0点)

  • (1勝=2点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第5試合は鷹木信悟とジェイ・ホワイトが対峙。両者は過去一度、『G1』公式戦で対戦し、そのときはジェイが勝利を収めている。ジェイは今年の2月以来、ひさびさの新日本マット登場。
 ジェイは外道を帯同して入場。鷹木は赤が色鮮やかなニューコスチュームでリングイン。

 開始のゴングと同時に、ジェイは相手をすかすように場外へ。そして、拍手を煽ってからリングに戻ると見せかけ、またも場外に下りる。
 ジェイがリングに戻ると、鷹木はロックアップで押し込む。しかし、ジェイはヘッドロックへ。そしてフライングメイヤーからグラウンドに持ち込む。
 しかし、鷹木は立ち上がってロープに飛ばす。ジェイはロープで踏みとどまるも、鷹木はショルダータックル。さらに串刺しラリアットの二連発からボディスラム。そして、コーナーに上って背面エルボーを狙うが、ジェイは場外へ。
 すると鷹木は追いかけ、ジェイを鉄柱に叩きつける。ここで外道が介入し、鷹木が気を取られたスキに背後からジェイが襲いかかる。しかし、鷹木は打撃を浴びせ、ジェイをリングに投げ入れて自身も戻ろうとする。すると、外道が鷹木の足をつかみ、すかさずジェイがエルボーで場外に落とす。
 ジェイは鷹木を鉄柵に叩きつけ、場内に拍手を煽る。続いて鉄柵に三度にわたり、鷹木の腰を叩きつけ、さらにエプロンにバックドロップのように持ち上げて叩きつける。
 鷹木がリングに戻ろうとすると、ジェイは腰にストンピングを連発。さらにロープにはりつけにして、キャメルクラッチのように締め上げる。
 勢いに乗るジェイはスウィンギングネックブリーカーからカバー。カウント2で返されると、ジェイはチンロック。さらに鷹木の背中にヒザを何度も叩きつける。
 鷹木はエルボーで応戦するが、ジェイは髪をつかんで引き倒す。続けて同じ動きを三度繰り出すと、鷹木は怒りの表情で立ち上がる。そして、ブレーンバスターを狙うが、ジェイは背後に着地。すると、鷹木はジェイのうしろ髪をつかみ、後頭部にショートレンジラリアット。
 鷹木は「お返しだ!」と叫ぶと、ジェイの髪をつかんでフライングメイヤー。さらにラリアットで場外に叩き落とす。鷹木はエプロンにジェイの腰を叩きつけ、打撃の雨嵐。さらに鉄柵に打ちつけてから、エプロンにデスバレーボムのように叩きつけ、間髪入れずにDDTをお見舞い。
 鷹木はジェイをリングに戻すと、顔面を足蹴にする。続いて技の読み合いから、鷹木はブレーンバスターを炸裂。さらに熨斗紙を狙うが、ジェイがこらえると、そのまま後退してコーナーに叩きつける。
 だが、ジェイもスキをついての高速バックドロップで反撃。さらに串刺しエルボーからブレードバスターを狙う。鷹木が耐えると、ジェイはマンハッタンドロップからDDTへ。そして、今度こそブレードバスターを炸裂。
 ジェイは変形の裏投げを狙うが、鷹木はこらえる。そして、カウンターのエルボーから、打撃戦に突入。鷹木はジェイのエルボーをうまく切り抜け、熨斗紙を炸裂。
 さらに鷹木はぶっこ抜きジャーマンを敢行。そして、ロープに走ってスライディングラリアットを狙うも、ジェイは間を外すように両足を上げる。それを見た鷹木は動きを止め、ジェイを立ち上がらせる。
 ジェイがエルボーを見舞うも、鷹木はエルボー一撃でダウンを奪う。しかし、ジェイもエルボーからショートレンジラリアット。だが、鷹木はビクともせず、逆にショートレンジラリアットで吹っ飛ばす。
 ジェイは海野レフェリーを鷹木に投げつけるも、鷹木はかわす。そして、ジェイに突進するが、ジェイはカウンターのコンプリートショット。
 さらにジェイはぶっこ抜きジャーマンを決め、変形の裏投げを炸裂。だが、カバーはカウント2。ならばとジェイはSSSを狙うが、鷹木は回避。
 するとジェイはエルボーを連発するも、鷹木はヘッドバットをお見舞い。続いて鷹木は左右のエルボーを打ち込み、ロープへ。すると、ジェイは座り込んで不敵な笑み。それを見た鷹木は方向転換し、ジェイの後頭部にスライディングエルボー。さらにスライディングラリアットを炸裂。続いて鷹木はソル・デ・ハポンを決めるが、カバーはカウント2。
 鷹木は「オイ! オイ!」と気合いを入れると、MADE IN JAPANへ。これはジェイが切り抜けるも、鷹木はエルボーで吹っ飛ばす。すると、ここで外道がエプロンへ。鷹木が詰め寄ると、ジェイがバックから近づき、ロープを用いて丸め込む。しかし、カウントは2。
 鷹木はショートレンジラリアットからパンピングボンバーへ。だが、かわしたジェイはSSSを敢行。そして、キーウィークラッシャーを決めてカバーするが、鷹木はなんとかカウント2でキックアウト。
 ならばとジェイはブレードランナーを狙うも、鷹木はその体勢からショートレンジラリアットを連発。これに対し、ジェイはエルボーを落として黙らせ、ブレードランナーを狙う。しかし、鷹木は切り抜け、間髪入れずにMADE IN JAPAN。これをカウント2で返されると、鷹木はラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢へ。
 すると、ジェイはレフェリーをつかんで回避。ここで外道がリングインするが、鷹木はナックルをお見舞い。しかし、背後からジェイがブレードランナーの体勢へ。
 だが、鷹木は切り抜けてショートレンジラリアット。そしてパンピングボンバーを叩き込み、雄叫びを上げて気合いを入れると、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に。しかし、ジェイはロープをつかむ。
 それでも鷹木はジェイを力づくでリング中央に戻すが、ジェイの足が当たってレフェリーが転倒。鷹木はラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決めるも、レフェリー不在でカバーは幻の3カウントに。
 鷹木は「まだまだー!」と叫び、ジェイを立ち上がらせようとする。しかし、ジェイはローブロー。そして、レッグロックスープレックスホールドを決めるが、鷹木はカウント2でキックアウト。
 するとジェイはクロスアーム式のブラディサンデーで動きを止め、最後はブレードランナーで鷹木から3カウントを奪取。ダーティーファイトで接戦を制し、一勝目をゲットした。

 試合後、辻が鷹木に氷のうでアイシングしようとするも、ジェイはその氷のうを奪い取って、自身の後頭部に当てる。そして、外道と勝利の喜びをToo Sweetポーズでわかちあった。 

COMMENT

ジェイ「(※コメントスペースに歩を進めながら)2年間あれだけずっとイスを用意しろと言い続けてきたのに、まだわからないのか? (※スタッフが慌ててイスを持ってくる)サンキュー。(※と言って座ろうとするが)ゲドーの分を忘れるな! リスペクトってものはないのか?(※外道のためのイスが持ってこられたところで)サンキュー。さぁゲドー、座ってくれ。(※と2人並んで座って)大丈夫か? アゴは問題ないか?」
外道「(※アゴを撫でながら)あんまり。でもすぐに治るさ」
ジェイ「あいつの破壊力はすごいな。でもあいつが勝ったか、ゲドーさん?」
外道「もちろん負けた」
ジェイ「あいつが思いっきりぶつかってこようと、俺には敵わない。
 

 
誰が相手でも俺には通用しないんだよ。でも俺は喜んで相手にしてやるし、全員に実力を見せつけてやるぞ。俺って優しいからな。でもあいつは話にもならない相手だ。というか全員レベルが低い。いいかよく聞け……俺がいないのをいいことに、チャンスだと勘違いしてるヤツが何人もいたが、ふざけるなよ。最近のシンゴの試合はどれも高く評価されてるようじゃないか。SHOを倒したからって、それが何だ? そんなんもので、俺がこれまで築き上げてきた実績と並べるな。俺は世界最高のレスラーだ。ほかのヤツが同じことほざいてるが、そんなもの真面目に聞くな。あのバカは俺と違って何の実績も残してない。俺は常に有言実行してきただろ。俺は“キングスイッチ”“ザ・ラスト・ロックンローラ”。一人の力でMSGを完売させた男であり、世界最高のレスラーだ。『G1』は俺がもらった。これは“G1”ではない。“J1”トーナメントだ。俺のトーナメントだ。お前たちがどう思おうが関係ない。お前らにできることといえば、スイッチブレードと呼吸することだけだ。時代はまだ俺のものだ。


 
(※控室に戻ろうとする際、イスを手にして)俺以外のヤツはこのイスに座る資格なんてない」
※イスを両手にしながら、控室へ。


 
鷹木「(※左の首筋をアイシング、そして股間を押さえながらコメントスペースにやって来て、たどり着くと座り込むようにフロアに両ヒザを着いて)ふざけんなよ……ふざけんなよ(※と2度、つぶやくように小声で言った後)……ふざけんなよ、オイ! オイ、『G1』じゃねえのかよ。この闘い、男同士、潔いい、タイマン勝負じゃねえのかよ、オイ! ジェイ、ガッカリさせんなよ。このクソヤロー! このクソゲドーども! ただじゃおかねえからな。BULLET CLUB! 
 

 
(※立ち上がりながら)大元のBULLET CLUBが悪いな。とことん追い込んで、ぶっ潰してやるよ。このままじゃ済まねえからな。外道も、ジェイも。まだ始まったばっかりだ!」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ