レック Presents G1 CLIMAX 30

日時
2020年9月19日(土)   15:00開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
2,401人

第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦

VS

  • (1敗=0点)

  • (1勝=2点)

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第3試合はジェフ・コブvsタイチ。両者は昨年、二度にわたり対戦。5.3福岡のNEVER王座戦ではタイチ、『G1』公式戦ではコブが勝利を収め、1勝1敗となっている。
 ヒゲをたくわえたコブは堂々の入場。髪の色合いを変えたタイチは、IWGPタッグのベルトを携えてリングイン。

 開始のゴング、タイチはコーナーにもたれかかってから、相手をじらすようにゆっくりとリングを回る。そして、ロックアップで組み合い、コブがロープまで押し込むと、タイチはニヤリと不敵な笑み。
 続いてコブが低空タックルで足を掴むが、タイチは慌てずロープに逃げる。ここでタイチは握手の手を差し伸べる。そして、一瞬のスキをついて蹴りを繰り出すが、コブはその動きを読むと逆水平チョップ。
 さらにコブはリープフロッグから、打点の高いドロップキックでタイチを場外に吹っ飛ばす。
 コブは場外のタイチを追いかける。すると、タイチはゴング用の木槌を手にし、コブに襲いかかる。続いてタイチは鉄柵を用いて、コブの左足を締め上げる。
 タイチはコブをリングに戻すと、左ヒザにストンピングを見舞ってから踏みつけ、さらにレッグロックで締め上げていく。コブはロープエスケープ。
 コブは打撃を繰り出すが、タイチはノド輪からチョーク攻撃で締め上げる。続いてタイチは左ヒザを踏みつけ体重を浴びせる。
 コブは立ち上がるとエルボーで反撃。しかし、タイチはヒザへの蹴りで動きを止め、ロープへ。だが、コブはタイチのアックスボンバーをかわすと、逆にショートレンジラリアットでダウンを奪う。
 コブはショルダータックルの連発から、スピアーでタイチを抱え上げ、コーナーに叩きつける。さらに豪快な串刺しエルボーから、ランニングしてのバックドロップ。だが、カバーはカウント2。
 コブはタイチを抱え上げるも、タイチは顔をかきむしって脱出。さらにコブの串刺し攻撃をかわし、ジャンピングキックを顔面にお見舞い。
 タイチはバズソーキックを繰り出すが、切り抜けたコブはエルボー。タイチもローキック、フロントキックを返すが、コブはエルボーで競り勝つ。
 コブは足を引きずりながらもタイチを立ち上がらせる。しかし、タイチはソバット、さらにジャンピングキックを炸裂。
 タイチは雄叫びを上げてパンタロンを脱ぐと、天翔十字鳳を発射。しかし、コブは蹴り足を受け止めて両肩に担ぎ上げると、その体勢からブレーンバスター。さらにその場飛びムーンサルトプレスを決めるもカウントは2。
 ならばとコブはツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うが、タイチは首固めで切り返す。さらにタイチは急所蹴りを繰り出すも、回避したコブは串刺しボディプレス。しかし、これをかわしたタイチは延髄にジャンピングキックを決め、バックドロップを炸裂。
 さらにタイチはアックスボンバーを決めるが、カバーはカウント2。ならばとタイチはブラックメフィストを狙うも、コブは逆にロコモーション式のサイドスープレックス。だが、三発目はタイチが回避。そしてアックスボンバーを繰り出すも、かわしたコブはアスレチックプレックスをお見舞い。
 そして、コブは一気にツアー・オブ・ジ・アイランドを狙うが、切り抜けたタイチはキックで動きを止め、さらにジャンピングキック。そして、カウンターの天翔十字鳳でコブの動きを止めると、最後はブラックメフィストを決めて3カウントを奪取。タイチが白星発進に成功した。

COMMENT

タイチ「(※コメントスペースに着くなりベルトと首から下げていたアイアンフィンガーが入った袋をフロアに置いて片ヒザを着き)さすが、さすが、さすが関取代表だな、あいつ。気持ちいいよ。あいつとの一番は気持ちいいよ。ああいう体のようなヤツ待ってた。(※某記者に目をやって)おめえだけじゃねえか、ブクブク太ってんのは。ああいうヤツ待ってたんだよ。あんなデブ相手にして、疲れちまったよ。この俺だって、疲れることあんだよ。ああ、年中、疲れっ放しか、俺は……。クソォ、だから嫌なんだよ、『G1』。いいじゃねえか、コブ。コブタ……いや、もうコブタて言うのはやめよう。ま、面白いよ、何回やってもお前は面白いよ。お前のこと、(※自身の頭を指して)入れとくから。俺はお前のこと、認めてるぜ。コブタ……コブか。いい一番だった。関取らしく、初日白星。あと14日か。この調子で一日一番、集中していきます。
 

 
そして、札幌(9.23)。殺すだ? 俺のこと、殺す? やってみろ。やれるんだったら、やってみろ。いつまでも、お前の知ってるタイチじゃねえんだ。お前に俺を、殺す実力があんだったら、やってみろ。返り討ちにされるかもな。それでいいんだったらやってこい。これがよ、どんな結果になることも、テメエらが勝手に言ってること、やってること、関係ねえんだよ。これは俺と、ヤツの、10年間の闘いだ。お前らには関係ねえんだ。なんと言おうと……」

ジェフ「(※ゲイブリエルに肩を借りて引き揚げてくる。コメントスペースにたどり着くなり座り込んで、しばらく大きく息を切らせる。しばらくして振り絞るように)『G1 30』……開幕戦にバッチリのスタート……ってそんなわけないだろ。


 
『G1』はプロレス界で最もタフで厳しいトーナメントだ。だから今日タイチに負けたけど、自分を恥じたりしない。タイチは現IWGPタッグ王者だ。現在の勝敗は0勝1敗。でもスタートでしくじっても、結局は終わり良ければ全て良しだ(※ゆっくり立ち上がって控室へ)」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ