釣り★スタ presents THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~雪の札幌2連戦~

日時
2020年2月1日(土)   16:00開場 18:00開始
会場
北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
放送
バナー
観衆
4,569人

第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <第28代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※後藤が初防衛に失敗。鷹木が新チャンピオンとなる
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 昨年の8.11『G1』日本武道館大会でのBブロック公式戦、そして9.22『DESTRUCTION in KOBE』でのスペシャルシングルマッチと、いずれも激闘を繰り広げてきた後藤と鷹木。ここまでは1勝1敗と五分の戦績だが、今度は後藤が保持するNEVER無差別級のベルトをかけて、3度目の一騎打ちを果たす。
 
 ゴングが鳴るとまずはロックアップで組み合う両者。ここで後藤がヘッドロック。これを突き放した鷹木だが、後藤はショルダータックル。鷹木もやり返し、両者リング中央でぶつかり合う。
 続いてエルボー合戦を展開。鷹木がロープに走ると後藤は時間差ラリアットへ。しかし、鷹木はこれをかわしてファイヤーマンズキャリーで持ち上げる。ならばと後藤も着地してGTRの体勢に。
 これを前方に投げて外した鷹木はそしてランニング式のラリアットを放つが、後藤はこれを避けてキックを発射。しかし、鷹木もこれを避けると後藤のバックをキャッチ。後藤はこれをエルボーで外してロープに飛んでショルダータックルを発射。これで鷹木をふっ飛ばすと、続けてロープに飛ばしてバックエルボー。さらにチンロックで固めていく。
 そして鷹木をコーナーに追い詰めた後藤はエルボーを連打。鷹木も体勢を入れ替えてエルボーを連発してやり返す。そして、後藤をコーナーに振ると串刺し式ラリアット。ならばと後藤も同じく串刺し式ラリアットでお返しだ。
 一歩も譲らない2人は今度はリング中央でラリアットを打ち合う。しかし、ここで後藤が鷹木のラリアットを自らのラリアットで叩き落とす。ならばと鷹木はロープに走った後藤をバックエルボーで迎撃。ナックルを放ってから龍魂ラリアットだ。さらにロープ際でのラリアットで場外に叩き落とした鷹木。
 自ら場外に出るとNEVERのベルトを持って絶叫しながらアピール。そして後藤を蹴り飛ばしてから鉄柱攻撃。もう一発蹴り飛ばすと、今度は鉄柵に叩きつける。後藤が戻ってくるとカウンターで抱え上げてエプロンに投下。そして落ちてきたところでガットショットを食らわせて、続けざまにDDTだ。
 一連の場外攻撃で優位にたった鷹木は後藤をリングに戻すと、自分はエプロンからロープを飛び越えてのニードロップを炸裂させる。さらに踏みつけていたぶっていく。しかし、後藤もチョップとミドルキックで反撃。鷹木の背中にサッカーボールキックを食らわせる。
 しかし、立ち上がった鷹木もチョップで反撃。後藤のチョップの連打を受け止めてから、ダブルチョップでダウンさせる。さらにブレーンバスターで追撃した鷹木。倒れた後藤の頭を踏みつけて勝ち誇る。
 そして立ち上がってきた後藤の顔をつま先で蹴り飛ばす鷹木。しかし、後藤も顔面を蹴り飛ばされながらも「来いや!」と立ち上がり、ローリングのラリアット。さらに村正を食らわせてから、バックドロップの体勢へ。
 しかし、これをこらえた鷹木は熨斗紙の体勢に入る。後藤もこれを踏ん張ると、ブレーンバスターで叩きつけてみせた。続けて後藤は鷹木を抱え上げるが、鷹木も脱出。ならばとロープに飛んだところを捕まえてスリーパーだ。
 鷹木はこれを裏熨斗紙で返すが、後藤はクラッチを外さずそのまま絞め続ける。ならばと立ち上がった鷹木はコーナーにバックして後藤を叩きつけ脱出。それでもしつこく後藤が絞めてくると今度こそ熨斗紙に切り返して叩きつけてみせた。
 そして倒れている後藤にランニング式のラリアットへ。しかし、後藤も足を掴んで鷹木を走らせない。これをニードロップで突き放した鷹木はスライディング式のラリアットだ。ところが後藤はすぐさま立ち上がって鷹木を捕まえると牛殺し。両者ダウンという状況となった。
 先に立ち上がった後藤は対角線のコーナーで構えると、鷹木が立ち上がるのを待ってラリアットを発射。鷹木もパンピングボンバーを発射し、両者一歩も譲らずリング中央で激突だ。後藤も鷹木もリング中央で何発もショートレンジのラリアットを打ち合う中、後藤がロープへ走ってラリアットへ。しかし、鷹木はこれをパンピングボンバーで撃ち落とすと、続けてバックドロップだ。
 しかし、後藤もバックドロップでやり返す。ならばと鷹木は追走式のラリアット。後藤も時間差式ラリアットを仕掛けるが、これを鷹木はバックエルボーとパンチで迎撃。しかし、続く龍魂ラリアットのタイミングで後藤がラリアットを食らわせてなぎ倒してみせた。
 そして、再び両者ロープに走ってラリアットへ。ここは鷹木のパンピングボンバーが打ち勝つ。足元がふらつく後藤は鷹木がコーナーに振っても倒れてしまう。それでも鷹木はコーナーにもたれかかった後藤に容赦なく串刺し式のラリアットを炸裂させる。
 そして後藤をファイヤーマンズキャリーで抱え上げるとコーナーを上がっていく。後藤も必死に抵抗するが、鷹木は構わずSTAY DREAMで叩きつける。後藤はなんとかキックアウト。ならばと鷹木は再び後藤をコーナートップへ持ち上げる。
 しかし、後藤もエルボーで反撃。頭突きを連発して鷹木の動きを止めると、雪崩式の回天を繰り出してみせる。そしてGTRの体勢へ。だが、鷹木もロープエスケープ。ならばと後藤は鷹木をトップロープの上に乗せて、ハングマン式の裏GTRだ。
 これもキックアウトする鷹木に後藤は腕を掴んだままキックを連発。そして助走をつけてミドルキックだ。しかし、鷹木は蹴り足をキャッチ。セカンドロープに後藤の足を引っかけて、鷹木式GTR。続けてパンピングボンバーで後藤をなぎ倒してみせた。
 そして、MADE IN JAPANの体勢へ。だが、後藤も牛殺しに切り返そうとする。鷹木も踏ん張りブレーンバスターへ。お互いブレーンバスターを打ち合う中、ここで競り勝ったのは後藤。昇天・改を炸裂させると印を結んでミドルキックだ。
 しかし、立ち上がった鷹木は頭突きを発射。後藤もこれに応じて、頭突きの打ち合い。後藤がエルボーを連発すると退かない鷹木もワンツーエルボーを連発だ。しかし、後藤も退かない。鷹木と張り手で打ち合う。
 鷹木がナックルを放ってくれば、後藤は頭突きで反撃。頭突きを連発して鷹木の動きを止めると裏GTR。そして正調のGTRでトドメの体勢へ。しかし、捕まりながらも抵抗する鷹木はこれを逃れると、なんと逆に後藤を抱え上げてMADE IN JAPANを炸裂させる。
 後藤もこれはキックアウト。ならばと鷹木はトドメのラスト・オブ・ザ・ドラゴン。今度こそ後藤も返すことができず。鷹木が後藤から3カウントを奪い、NEVER王座の初戴冠を果たしたのだった。

COMMENT

--あらためて今、NEVERのベルトが来ました。気持ちを聞かせてくいただけますでしょうか。
鷹木「後藤……『混沌の極み』とか、『後藤ワールド』とか、『理不尽』とかバカにしてたけど、なんだ、あいつ。“後藤ワールド”とかヘンテコなこと言ってっけど、リング上は半端ねえよ、ほんと。紙一重だよ、紙一重。オレ今、現状はわけわかんないけど、自分の(入場テーマ)曲が鳴って、ベルトがあるってことは、勝ったかどうかわからんが、負けてないってことだ」
--ただ、リング上で見せた闘いは、まさにNEVERらしい闘いそのもだったと思いますが……。
鷹木「なんだよ、放送席に小僧がいたろ? 小僧が。SHOか? あのヤローが生意気に腕組んで、下から“上から目線”で見てるからよ、“ふざけんな、この小僧”って思って、あいつにとことん見せつけるためにやってやったよ。あれでスイッチ入ったね。最初からスイッチ入ってたけど、まさか放送席にSHOがいたなんてな。このクソ小僧って思って。最高だね。まあ、まだまだあいつは顔じゃねえけどよ」
--リング上では「ここがスタートだ」というお話がありましたけど、この先に向けてというのは、今なにか具体的にはありますか?
鷹木「オレ色に、このNEVERのベルトとをオレ色にとことん染めると宣言したから。まあ、IWGOヘビーとインターコンチ(ネンタル)との統一とか、オレ考えてねえけど、同等ぐらいまでに、いや、それ以上に、価値を上げてやるよ。いろんな地方、地方都市てもいいよ、NEVERのタイトルマッチがみたい、もっとNEVERのタイトルマッチが見たい、s峰いうふうな試合をしようじゃねえか。オレはよ、魂のぶつかり合いしかできねえから。初めての(シングル王座)戴冠かもしんねえけど、オンリー・ワンを目指すよ。この新日本で、このベルトとともにな」
--NEVERは無差別級のベルトでもありますから、そういった意味でもいろんな人が(挑戦に)名乗り出てくることも……。
鷹木「NEVER無差別級、そういった意味でもいいんじゃないの? 無差別に挑戦者選んでよ。無差別に、ネバー・エンドで。NEVERだからよ。可能性は無限だよ。IWGPヘビー、インターコンチのように、まあ今、2冠になってるから、あれは内藤に任せるとして、このベルトは鷹木信悟に任せとけ」
--これでNEVER2冠王になりましたが、その件に関しては?
鷹木「すっかり忘れてたよ。それは初か?」
--NEVERとしては初でしょう。
鷹木「じゃあ、どっかの誰かさんが言ってた、史上初の偉業じゃないの、これも? まあでも来週か、早速、NEVER6人タッグのタイトルマッチがあるからよ。なんだ、1週間以内だから、4日、5日天下と言われないように、個のシングルのベルトも6人タッグのベルトもしっかり守ってくよ」
--今日は試合後に(次期)挑戦者(に名乗りを上げる選手)は(リングに)上がってきませんでしたけど、現時点で鷹木選手の中でチャレンジャー候補はいるのか? それはこれから考えていくのか?
鷹木「自由だよ、自由。SHOやヘナーレなんかもオレの名前出してるし、オレもオスプレイに『(BEST OF THE)SUPER Jr.』(の決勝)で負けたままだし。『G1』でもね、(負けたままで)借りを返さないといけないヤツもいたから、そういった意味でも、無差別に選んでいくよ。ひょっとしたら海外行くかもしんねし、他団体行くかもしんねえし、可能性とネバー・エンドだ」

※後藤はノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ