釣り★スタ presents THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~雪の札幌2連戦~

日時
2020年2月1日(土)   16:00開場 18:00開始
会場
北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
放送
バナー
観衆
4,569人

第4試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 2.9大阪城ホール大会でIWGPジュニア王座をかけて闘うヒロムとリーが前哨戦で激突。リーはCHAOSのイーグルスと、そしてヒロムはBUSHIとタッグを結成。ジュニア戦士4人による豪華タッグマッチだ。
 
 リングに入るなら、額を突きつけ合うヒロムとリー。ゴングが鳴るとリング中央でラリアットで激突。そして両者、胸板にチョップを打ち合っていく。ここで先にリーがソバットを放って流れを変える。
 ヒロムをロープに飛ばしたリー。だが、ヒロムはリーの攻撃を避けると、時間差ラリアット。リーもこれをかわすが、ヒロムはすぐさまティヘラを仕掛ける。しかし、リーは側転しながら立ち上がる。そして自らロープに走ると、ジャンプして避けようとしたヒロムにショットガンドロップキックだ。
 さらにヒロムが場外に落ちるとトペ・コンヒーロを発射。ヒロムが避けるのを察知すると、エプロンで逆立ちしながら着地。そこにヒロムが襲いかかってくるが、逆に鉄柵に叩きつけてみせる。そして、リングに戻るとイーグルスとのコンビネーション。ヒロムを2人がかりで弄び、倒れたところで顔面にリーが低空のドロップキックだ。
 続いてタッチを受けたイーグルスがヒロムの首筋にヒザを一撃。コーナーに叩きつけるとチョップを食らわせ、対角線のコーナーにスローだ。しかし、逆に振り返したヒロムは自ら走ってコーナーの間をスライディングして場外へ。イーグルスの足を引っ張って倒すと、そこにBUSHIが入ってきてドロップキックを顔面に炸裂させる。
 ヒロムはイーグルスをBUSHIに任せると、自身はリーを連れて場外へ。チョップでいたぶり、リングに戻ると改めてBUSHIにタッチ。2人がかりでストンピングをイーグルスに叩き込んでいく。続いて、自軍のコーナーでヒロムがイーグルスを捕まえているところに、BUSHIがチョップ攻撃だ。
 そして再び試合権利を譲られたヒロムがコーナーでチョップ攻撃。続けて串刺し式ラリアットから、倒れたイーグルスの顔面にドロップキックだ。さらにタッチを受けたBUSHIは、イーグルスからエルボーとミドルキックで反撃を受けるが、すぐさまヒロムがリングイン。ロープ間を走るイーグルスを2人連続でリープフロッグで避けると、ヒロムがショットガンドロップキックだ。
 カットに入ってきたリーはダブルの反転式フェースバスターで排除。そしてBUSHIはイーグルスにSTFを極めていく。技を極めながら、視界を塞いだり、鼻の穴に指を突っ込むBUSHI。なんとかロープエスケープしたイーグルスを蹴飛ばしていく。
 続いてタッチを受けたヒロムはイーグルスの反撃の受けながら、逆水平チョップで一撃。しかし、ヒロムがロープに走るとイーグルスもロープ際で足を突き出して迎撃。ロープに飛ばして体勢を入れ替えて、ニールキック炸裂させてからリーにタッチだ。リーはコーナーにいるヒロムを足払いで倒すと、ロープ越えのドロップキック。さらにエルボーを連打していく。
 ヒロムが立ち上がってくるとさらにエルボーで殴りつけ、ストンピングでさんざん蹴り飛ばすと、顔面にランニングのドロップキックを炸裂させる。そしてデスヌカドーラの体勢に。しかし、ヒロムはこれを脱出すると、リーがカサドーラに来たところをキャッチ。ジャーマンスープレックスで投げ飛ばす。
 ならばとリーも、突っ込んできたヒロムを避けてロープに激突させると、その反動を利用して投げっぱなしジャーマンでお返し。さらにヒロムがトラースキックを食らわせれば、リーもジャンピングニーを放つなど、両者一歩も譲らない。
 しかし、リーが突っ込んできたところを今度はヒロムがカウンターのフロントスープレックスでコーナーに叩きつける。ここで両陣営、BUSHIとイーグルスにタッチ。イーグルスはスワンダイブでジャンプしてくるが、これを避けたBUSHIは延髄斬り。
 だが、イーグルスはBUSHIがロープに飛ばそうとしたところを捕まえてニークラッシャー。続けてローキックを放つと、低空のラリアットでヒザを撃ち抜く。そしてコーナーに追い込んで逆水平チョップ、さらに対角線のコーナーに振ってダブルのニーアタックを発射だ。
 しかし、これをかわしたBUSHIはロープで逆上がりキック。続けてミサイルキックを炸裂させると、反撃してくるイーグルスの脇をすり抜けて、場外にいたリーにトペ・スイシーダだ。そしてリングに戻ってくるとヒロムと一緒にアルゼンチンバックブリーカーのようにイーグルスを抱え上げ、顔面から叩き落とす。
 続けてBUSHIはイーグルスに対してコードブレーカーへ。だが、これを受け止めたイーグルスはターボバックパック。これをBUSHIがキックアウトすると、裏足4の字固めに捕獲する。その間にリーはヒロムを場外に蹴散らすとトップロープを越えてのトペ・コンヒーロを発射。リング中央に引きずり戻されたBUSHIも、ついに力尽きタップアウト。イーグルスがBUSHIからギブアップ勝ちを奪った。
 
 試合後、リングにいるリーと場外にいたヒロムがにらみ合い。タイトルマッチへ向けて、火花を散らしていた。

COMMENT

イーグルス「このシリーズはスナイパー・オブ・ザ・スカイにとっての“NEW BEGINNING”だ。2020年は俺にとって新たなチャプターが始まる。以前の自分はオーストラリアやチームメイト、また俺が教えている練習生のためになるように尽くしてきたが、これからは自分自身を優先していきたい。今夜は世界有数のジュニアレスラー、リュウ・リーとタッグを組んだ。自分にとって良い経験になった。俺は新日本のリングに上がってからはまだ短いが、レスラーとしてのキャリアは12年にも登る。その間ケイブマン・アグ、ミック・モレッティ、ジャック・ボンザ、マディソン・イーグルスといった数多くのオーストラリアのレスラーたちと闘ってきた。俺はジュニア級のトップだけではなく、オーストラリアのレスラーのトップでもある。そのことを世界に証明していきたい。だから誰が相手でも闘っていく。そして向かってくる敵は今夜のBUSHIと同じくロン・ミラー・スペシャルで倒してやる」
リー「(ヒロムの真似をしながら)ヒロム、ヒロム、ヒロム…もっと、もっと、もっと…ヒロムが帰ってきた。子猫ちゃんが帰ってきた! 高橋ヒロム、お前が帰ってきてくれて俺は本当に嬉しい。ようやくまた俺たち2人で闘える。ファンは俺たち2人のライバル抗争を熱望していた。何故なら俺たち2人はまるで合わせ鏡のようなレスラーだからだ。インゴベルナブレスを代表する闘いだ。俺もこのユニットの一員だ。2月9日、大阪城でもう一度お前に俺の強さを思い知らせてやる。俺たちはもう、25、30、45、50回と闘ってきた仲だろ?正確な数字は分からないが、俺はこれからもここ日本でずっとお前と闘っていきたいと思っている。日本のファンが大好きだ。俺はドラゴン・リー。ROHのTVチャンピオンだ。そしてかつて所属していた団体のチャンピオンでもあった。またIWGPジュニアチャンピオンでもあった。俺は3つの団体でベルトを巻いてきた。(日本語で)私はドラゴン・リー。次期IWGPジュニアチャンピオンだ。」
 
BUSHI「正直ね、正直、ロビー・イーグルス……お前のこと舐めてたよ。このNEVER無差別6人タッグのベルトのタイトルマッチが決まった時、おまえなんか目じゃねーよ。俺の視界には入ってなかった。明日のノンタイトルのNEVER無差別6人タッグ……借り返させて貰うぜ!」
ヒロム「これだ……これだ! やっぱり俺の求めてた痛み、刺激、苦しさ。あいつは全てを与えてくれる。公式の日記であいつのこととあいつのことを言ったけど、もう次の大阪で終わりにする。別れると言ったけど、訂正する。駄目だ、ドラゴン・リー。楽しすぎた。今日の前哨戦、決して無駄じゃなかったな。なんで札幌後楽園にいないのか。何かその理由がわかった気がする。焚き付けてくれてありがとう。非常に楽しかった。それから、今触れるべきなのか、どうなのかわからないけど。俺が誰でも言ってこいよ、誰でも。このベルト取りに来いよって言った途端。いろんな選手が名乗りをあげることになりました。これは凄く良いことだと思います。そして、予想通りだよ。俺が知ってる限りでは、SHO、YOH、そしてファンタズモ、金丸。上村。デスペラードはなんか他の用事があるとかって言ってるからまあなしとして、あとナマハゲ。BUSHIさんも。それ以外も言ってるかもしれないし、よくわからない。オスプレイがチャンピオンじゃなくなった途端、みんなしてベルトを欲しがるじゃないか。なんだ? 俺だったらもしかしたらワンチャンあるんじゃなかって思われてるの? 言っとくけど俺はオスプレイに勝った男だぞ。何でもいい、構わない。とりあえず大阪でドラゴン・リー、防衛したあとは……俺が1番興味あるのは金丸かな。まあいい。全てはドラゴン・リーを倒したあとだ。あいつと俺の関係を見てくれ。楽しんでくれ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ