釣り★スタ presents Road to THE NEW BEGINNING

日時
2020年2月5日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,260人

第7試合 時間無制限勝負
イリミネーションマッチ

※KENTAの1人残りでBULLET CLUBの勝利
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

【退場順】
(1)×SANADA(17分10秒 両者OTTR)ジェイ×
(2)×BUSHI(18分18秒 OTTR)石森〇
(3)〇ヒロム(20分00秒 OTTR)石森×
(4)○ヒロム(22分25秒 首固め)ファンタズモ×
(5)×ヒロム(22分39秒 OTTR)KENTA〇
(6)○KENTA(24分12秒 OTTR)内藤×

 2.9大阪城ホール大会で行なわれる内藤vsKENTAのIWGPヘビー&インターコンチネンタル王座のダブルタイトル戦、そしてSANADAとジェイのシングルマッチのダブル前哨戦となる、ロスインゴvsBULLET CLUBのイリミネーションマッチ。
 コールを受けるとBULLET CLUBはToo Sweet。一方のロスインゴも拳を突き上げるが、ここでBULLET CLUBが襲撃して試合はスタート。両軍場外になだれ込んで乱闘を繰り広げる。ジェイがSANADAを襲えば、KENTAとファンタズモは2人がかりで内藤を襲う。
 リング上では石森がヒロムを襲っていると、ここでファンタズモが入ってきて2人がかりの攻撃。しかし、ヒロムは石森の足をファンタズモの首に引っかけて、石森の身体をスイング。石森にファンタズモをティヘラで投げさせてしまう。ヒロムは続けて逆水平チョップを連発。そして、石森をロープに飛ばす。
 だが、場外からジェイが石森の身体をキャッチ。跳ね返らせない。ここでヒロムが突っ込んでくると、エプロンからKENTAキック。ここから再び場外乱闘だ。KENTAが内藤をいたぶり、ジェイがSANADAをいたぶっている間、ヒロムはリングに戻される。
 そして、石森とファンタズモがコーナートップから代わる代わる背中に引っかき攻撃だ。さらにBULLET CLUBは自軍のコーナーポストのマットを外して金具を剥き出しにすると、そこにヒロムを叩きつける。
 続くジェイはヒロムをエプロンに出すと、髪の毛を引っ張りながら胸板にハンマーパンチ。リングに戻ると、またも金具が剥き出しになったコーナーにスローだ。続いてKENTAがタッチを受けて、ヒロムにキチンシンク。そして自ら場外に出て内藤を鉄柵に叩きつける。
 その間にリング上には石森が入ってきて、ヒロムを滅多打ちだ。リングに戻ってきたKENTAはヒロムの背中に一撃。続いてタッチを受けたジェイはキャメルクラッチからスリーパーホールドで絞め上げていく。
 これを逃れてロープに走ったヒロム。ジェイはこれをバックエルボーで迎撃して黙らせる。そしてタッチを受けたファンタズモがヒロムの背中に爪を立てて引っかき攻撃。さらにコーナーに逆さ吊りにすると、石森と一緒に股間への踏みつけ攻撃だ。
 続く石森はヒロムの腰にエルボー。そしてヒロムを持ち上げて、ロープ越しに転落させようとする。しかし、ヒロムも必死にしがみついて抵抗。オーバー・ザ・トップロープを許さない。ならばと石森はKENTAにタッチ。
 KENTAはヒロムの背中にサッカーボールキック。そして内藤を挑発するようにトランキーロポーズだ。続けてKENTAはヒロムにミドルキックを連発。だが、これを受け止めたヒロムは腕をフックしてのドラゴンスクリュー。ここでようやく内藤にタッチだ。
 内藤はエルボーでKENTAに一撃。リングに入ってきた石森の背中に低空のドロップキックを見舞うと、KENTAの左ヒザにも低空のドロップキック。続けてコーナーで低空のドロップキックをやはり左ヒザに炸裂させると変形の足4の字固めに捕獲する。
 ここはジェイがカット。内藤はストンピングで追い打ちしてからニークラッシャー。これをKENTAが抵抗して阻止すると関節蹴り。そして再びニークラッシャーに。しかし、KENTAはDDTに切り返してお返しだ。そして串刺し式のフロントキックから、低空のドロップキックを顔面に炸裂させる。
 さらにダイビングフットスタンプを投下したKENTAはgo 2 sleepの体勢に。しかし、これを回避した内藤はロープを踏み台にしてのスイング式DDTだ。ここで両陣営、SANADAとジェイに交代。
 SANADAは低空のドロップキックでジェイのヒザを撃ち抜くと、すかさず入ってきた石森をパラダイスロックで固める。ファンタズモが入ってきて解こうとするが、ロックは外れない。そのファンタズモもパラダイスロックに固めたSANADA。
 しかし、ここでエプロンに外道が登場。これに気を取られたSANADAをジェイが背後から襲撃。なんとかエプロンに着地して失格を免れたSANADAは続けてスワンダイブ式のミサイルキックだ。
 これをジェイに読まれると着地したSANADAは、ジェイの蹴り足を掴んでドラゴンスクリュー。そして身動きの取れない石森とファンタズモにドロップキックを炸裂させる。SANADAはジェイにもパラダイスロックを仕掛けるが、ジェイはこれを許さない。
 そしてコーナーで宙返りしたSANADAを捕まえてDDTでお返しだ。そして串刺し式のバックエルボー、ブレードバスターを連続で放ったジェイ。続けて裏投げの体勢に入る。SANADAが踏ん張ると髪の毛を引っ張ってマットに叩きつけ、ファイヤーマンズキャリーで抱え上げて場外に転落させようとする。
 しかし、踏ん張るSANADAは逆にジェイをファイヤーマンズキャリーで捕獲。場外に落とそうとする。ジェイがこれをこらえるとドラゴンスリーパーに切り替えたSANADA。これを回避したジェイはブレードランナーの体勢に入る。
 これを脱出したSANADAはジェイ目がけて突進。しかし、ジェイはこれをショルダースルーで場外へ。なんとかエプロンに着地したSANADAはロープ越しにドラゴンスリーパーで再び捕獲だ。ジェイはブレーンバスターの体勢に切り替える。ならばとSANADAもブレーンバスターの体勢に切り替え、ジェイをエプロンに引っこ抜く。
 ここでジェイはハンマーパンチでSANADAを滅多打ち。そしてブレーンバスターの体勢に入る。SANADAも後方に着地してドラゴンスリーパーに捕獲。ところが、ここで外道がリングに入ってきてレフェリーを引きつける。その間に力の抜けたジェイは場外に転落だ。
 だが、レフェリーが見ていないので失格が告げられない。ジェイは転落してしまうが、レフェリーは見ていない。この隙きに息を吹き返したジェイが場外からSANADAに急所打ち。SANADAも転落してしまうが。フェリーは両者失格を宣告した。 
 リング上はBUSHIと石森の攻防に。BUSHIがコーナーで逆上がりキックからミサイルキックを放てば、石森もハンドスプリング式レッグラリアットでお返し。ならばとBUSHIは反転式のキックからコードブレーカーへ。しかし、これをキャッチした石森はファイヤーマンズキャリーで持ち上げてBUSHIを落とそうとする。
 そしてエプロンに着地したBUSHIにファンタズモが横からトラースキック。ロープを掴むBUSHIの手を石森が蹴飛ばして、BUSHIも失格となってしまった。続いてヒロムがリングイン。ドロップキックから串刺し式ラリアット。そして石森の攻撃をかわしてティヘラだ。
 ヒロムは早くもTIME BOMBの体勢に。しかし、石森はこれをメキシカンローリングクラッチホールドで切り返し、Yes Lockに捕獲する。これをヒロムが逃れると、コーナーで逆水平チョップを連発する石森。
 ヒロムにコーナーに振り返されるが、コーナー間を動き回ってエプロンへ。そしてジャンプしたところで、待っていたのはヒロムのトラースキックだ。ここはなんとか踏ん張った石森。ヒロムはすぐさまセカンドロープを潜ってのサンセットフリップパワーボムを仕掛ける。
 ここでファンタズモが場外からやって来て、石森を救出。下に落ちないように抱え上げて、反対側のエプロンに降ろす。しかし、これに喜びToo Sweetを決めたところで、背後からヒロムがプッシュ。ここで石森も失格となった。
 ならばとリングに入ったファンタズモはヒロムとエルボー合戦。ここは押し込まれてしまうが、コーナーで宙返りをして体勢を入れ替えると、セカンドロープからジャンプしてのクロスボディ。しかし、続くライオンサルトはヒロムにかわされる。
 このファンタズモをヒロムは回転エビ固め。ファンタズモはこれを押し返してエビ固め。さらにヒロムが前方に転がすと、今度は自分の身体を預けてフォールを狙う。それをさらにヒロムはエビ固めに切り返すが、ファンタズモも譲らない。
 ヒロムも十字架固めを仕掛けるが、これもキックアウト。ならばとヒロムは逆さ押さえ込み。これもキックアウトしたファンタズモは、ガットショットでヒロムの動きを止め、CR2の体勢に捕獲する。
 ヒロムもこれを許さず、逆にTIME BOMBの体勢で持ち上げる。これを回避したファンタズモはトラースキックから蹴り上げて、続けて延髄斬りだ。そしてヒロムを場外に放り投げようとしたファンタズモ。しかし、ヒロムは逆に投げ飛ばす。
 ファンタズモはロープを掴んでこらえると、逆上がりしながらヒロムをヘッドシザーズで捕獲。ヒロムもエプロンに引きずり出す。
 エプロンでの攻防から、ヒロムに対してCR2を仕掛けるファンタズモ。しかし、ヒロムもこれをこらえてトラースキック。ファンタズモはロープを掴んでこらえるが、そこをヒロムが蹴り飛ばして転落だ。
 ところが、ファンタズモは鉄柵の下の部分に着地。これがセーフと認められる。そして失格している石森の背中を踏み台にしてリングに生還だ。しかし、ヒロムはすぐさまファンタズモを捕まえてスモールパッケージホールド。油断したファンタズモから3カウントを奪い、失格に追いやった。
 そのヒロムはロープに上って勝ち誇る。この油断したヒロムをKENTAがリングに入ってきて後ろからプッシュ。なんとかエプロンに着地したヒロムの顔面を蹴り飛ばして、失格に追いやったのだった。
 最後は内藤とKENTAの攻防に。背中を見せるKENTAを内藤が襲撃。しかし、KENTAはロープを緩めて、逆に内藤を場外に出す。エプロンに着地した内藤は、エルボーで迎撃してリングに戻るとKENTAとエルボー合戦だ。
 KENTAはミドルキックに攻撃を切り替える。しかし、その蹴り足をキャッチした内藤は延髄斬り。そしてロープに飛ばされたところを、ジャンピングエルボーアタックを炸裂させる。そしてデスティーノを仕掛けた内藤。
 だが、KENTAはこれを回避し、内藤を逆にファイヤーマンズキャリーで持ち上げる。そしてgo 2sleepと見せかけて場外へ転落させようとする。しかし、内藤はエプロンに着地。KENTAは内藤がロープ間から放ってきたショルダータックルをスカすと、胸板を蹴り上げる。
 そして、内藤の背中目がけて、コーナーからダイビングフットスタンプだ。しかし、内藤はこれを避けるとKENTAを誘ってエルボー。KENTAもフロントキックでやり返す。さらにエルボー、フロントキックで追撃するKENTA。
 内藤もロープを掴んで粘る。そしてKENTAのフロントキックをキャッチすると水面蹴り。だが、KENTAはこれをジャンプして避けると、ハイキック。最後は助走をつけてのフロントキックで内藤を蹴り落として失格に追い込んだ。これでイリミネーションマッチはBULLET CLUBの勝利となった。

COMMENT

ジェイ「(※息を荒くしてベンチに座ると、外道に横に座るように言って)やられた! チョークアウトさせられたぜ! アレがアイツの答えということなんだな? でも、俺がアイツより上だということも見せることができた。まぁ、アイツの得意の動きを見せられて、感じることもできたよ。そして、一瞬樹を失ってたようだ。SANADA、しっかり仕事をしたようだな。だが、俺もアイツのことを退場させてやった。コールド・スカルがどれだけのものか分かったぞ! やはり、オマエは俺にはふさわしくない相手だ! 俺もダウンしたが、アイツだってダウンして、退場したじゃないか! 大阪城ホールは『NEW BEGINNING』というタイトル、「新しい始まり」だそうだが、アイツにとってはお終いになる一夜となることだろう。そして結局、オマエは俺と呼吸をし続けるんだ!」
石森「ま、今日はイリミネーションだったけど、いずれBUSHIやヒロムとは、じっくりやりてぇな」
ファンタズモ「ピンフォール、サブミッション、オーバー・ザ・トップロープ……こんな試合は初めてだったけど、気に入ったよ! 俺はすげぇ好きな試合形式だった! なぜなら、俺たちBULLET CLUBこそが最強で最高の男たちだと証明できたからな! Too Sweet!(※と、全てのカメラに向けて言った後、通訳のメモ帳とペンを取り上げて『Too Sweet』と書くと、床に投げ捨てて控室へ)」

KENTA「座ろうか(※とベンチに座ると、報道陣もみんな座る)。(※正面のTVカメラに)ライブ? (※カメラうなずく。カメラに向かって)ミラノ、テメェ! ミラノ、テメェ! 聞いてんの、コレ?(※カメラうなずく) ミラノ、聞いてんのかオマエ! ゴチョゴチョゴチョゴチョ、オマエ! 放送席でオマエ! 安っすいスーツ着てオマエ! ……いいや、オマエに時間割いてらんねぇよ。
ほんで? 昨日の? 鉄也の? コメント見た? (※新日本プロレスワールドのカメラがうなずく) 見た? アイツ言ってたよ。……まぁまず、まず何よりも先に、鉄也、あれだけの長尺のコメント、見た感じ、不自然な編集点もなく、よく1回でできました! 鉄也に、大きな拍手をあげたいと思います。(※立ち上がって拍手)オマエらも拍手しろ! 鉄也が噛まずにできた! だけど一つだけ、やっぱり訂正すると、メッチャ噛んでた! 噛みすぎ! 一発でやろうって気持ちが前に出過ぎちゃってひと言ひと言が噛んじゃってる。鉄也、しっかりせんかい、バカチンが!
ほんで? いろんな反応、彼、してたよ。まぁ何を言ったか、全部は覚えてないけど、アレが彼の考え方なんだろう。彼は『もう前に一回言った』って言ってたけど、あんまり届いてない、我々に。でも俺が改めてオマエの意見を聞いたことで、オマエの意見は今までより多くの人に届いたはずだよ。よかったな鉄也。ありがとうは?(※手を耳に当ててカメラから聞く仕草) オッケー。でも一点だけ、『この会社は特定の人の意見以外は聞き入れてくれないよ』って、確かそんなようなこと言ってた。別に俺にしたら、聞き入れてもらおうがどうしようが、関係ねぇんだよ。で、オマエは言ったよ。『俺もいくつも意見言ったけど、全く通してもらえなかった』って。そんなようなニュアンスのことをオマエ言ってたよ。違うよ、鉄也! オマエの意見が通らない、その中でもがいてるオマエを見て、ファンはオマエに夢を乗せて、オマエの背中を押したんだよ。勘違いしちゃいけねぇよ、鉄也。むしろ会社にありがたいと思えよ。オマエの言うことを全部会社が聞いてて、オマエの言いなりになってて、思うように全てものが進んでたら、誰がオマエのことなんか応援するんだよ。大阪までもうちょいだよ。あと数日? 分かんないけど。『もうバックステージはいい』って? それは完敗を認めたってことかな、俺への? 俺に完敗を認めて、白旗を揚げたってことかな? どうなんだろう、鉄也。一向に俺が、『鉄也、バカチンが!』って言ってることには一切触れてな……触れてくれないくせに……噛んじゃった、俺も! 人のこと言っといて、俺も噛んじゃった。『鉄也』については全然触れてな……触れてくれないくせに。……まぁいいや。大阪までもうちょいだ。明日もあるよ。存分に楽しもうぜ。バックステージだって楽しもうぜ、鉄也。まぁ結局、俺が何が言いたいかっていうと、(※少し下を向いた後に顔を上げて)BUSHIの入場の時のあの水吹くヤツ、今のこの状況でエチケット的に何かヤだってこと!」
 

ヒロム「何も……ありません。見ての通り(なしと書かれているバンテージを見せ)なしです……。俺のドラゴン・リーはいったいどこに行ったんですか……? 教えて下さいよ……ドラゴン・リー……。いるんじゃないの? なぁ……東京にいるんだろ! それとももう大阪に行っちまったのか? それともこの短い期間でメキシコに帰ったっていうのか……。どこにいるんだよ、ドラゴン・リー。あれ……? どこ……? ドラゴン・リー……? ねぇ、どこ? ドラゴン・リーどこ? どこだ、教えてくれよドラゴン・リー……。いるんだろ? いるんだろ捕まえてやるよ……どこだドラゴン・リー……。ドラゴン・リー……?」
 
 
 
ヒロム「(映像カメラマンに向かって)おまえドラゴン・リーじゃないのか……? オイ……ドラゴン・リーだろ……? 憶えてるその顔! その顔憶えてるよ俺! ねぇ、ドラゴン・リーでしょ! ねぇ、うんって言ってよ!! ドラゴン・リーでしょ……うんって言ってお願い! あれ違う人か……。あれ違う人だったのかな? あれおかしいな? あれ……見えてるんだよ……。ドラゴン・リー見えてるんだよ俺……。俺見えてるんだよドラゴン・リー……。見えてる見えてる! ドラゴン・リーがどこにいるか俺分かるんだから! だって心で通じ合ってるから。ドラゴン・リーでしょ? あ、あなたがドラゴン・リー! 違う! やっぱりあなただ! あなたがドラゴン・リーなんでしょ? ねぇ、『はい』って言って、お願いだから! 『はい』って言わないと! 『はい』って言わないとおかしくなっちゃう!!」

ヒロム「おかしくなっちゃう!! 会わして! 会わしてドラゴン・リー! ドラゴン・リーに会いたい!! 会いたい! 会いたい! ドラゴン・リー、会いたいよ……。会わしてくれえ……(※と言いながら控室に消えていった)」
※内藤、SANADA、BUSHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ