釣り★スタ presents Road to THE NEW BEGINNING

日時
2020年2月6日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,408人

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <第20代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

※チャンピオンチームが初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 LOS INGOBERNABLES de JAPONの鷹木&EVIL&BUSHIに、CHAOSの後藤&石井&イーグルスが挑む「NEVER 6人タッグ戦」。なお、2.1札幌の「NEVER戦」では、鷹木が後藤を破って王座を獲得している。

 EVIL対後藤で試合の幕が開き、EVILがヘッドロックからショルダータックル。これを後藤が受け止めて2人がタックルを打ち合う。
 その後、EVILが孤立してしまうが、控えの鷹木がイーグルスの首をトップロープへ打ちつける。そして、EVILがカニばさみで倒し、即座にBUSHIが低空ドロップキックを浴びせる。
 これで今度はイーグルスのローンバトルとなり、鷹木&EVILがダブルタックルをお見舞い。さらに、鷹木がイーグルスに追い討ちすると見せかけ、控えの石井をタックルで吹きとばす。
 これで石井が怒り、場外で鷹木と番外戦を展開。一方、イーグルスの劣勢は続き、BUSHIがミサイルキック、Tシャツによるチョーク攻撃、EVILが串刺しバックエルボー、串刺しヒップアタック、鷹木がダブルチョップなどでダメージを蓄積させる。
 しかしイーグルスは、カウンターニールキックで鷹木に逆襲。ここでイーグルスは石井とタッチするが、鷹木が間髪入れずに串刺しラリアットを食らわせる。
 すると石井は、エルボー連打、串刺しラリアットで逆襲。そこから両者がエルボーを打ち合い、石井が競り勝つ。
 だが、鷹木が強烈なエルボーでやり返し、頭部にステップキックを浴びせて挑発。しかし石井は、左右のエルボー連打で鷹木を後退させる。
 その後、鷹木が追走式ラリアットを見舞うと、石井はパワースラムで挽回。それでも鷹木はすぐに立ち上がり、ブレーンバスタースラムで投げ捨てる。そして、カウンターバックエルボー→顔面パンチ→ショートレンジラリアットの連続攻撃へ繋いだ。
 EVIL対後藤となり、後藤がBUSHIとEVILを激突させ、BUSHIにエルボーを見舞う。そして、EVILをブレーンバスターで投げようとするが、未遂に終わってしまう。
 すると、EVIL&BUSHIが合体ブレーンバスターを仕掛けるが、後藤が抵抗し、加勢に入ったイーグルスと一緒にEVILたちを投げ捨てる。そして後藤は、串刺しニールキック、バックドロップでEVILに追撃。
 だが、EVILが後藤をセカンドロープに絡ませ、後頭部へショートレンジラリアットをお見舞い。そして、逆さづりになった後藤をフットスタンプで踏み潰す。
 その後、両者がロープワークで交錯したのち、後藤がカウンターラリアットをヒットさせる。だが、EVILが串刺し攻撃を回避し、BUSHIが串刺しダブルニーアタック、鷹木が串刺しラリアットでアシスト。さらに、EVILがトラースキック、BUSHIがシャイニング延髄斬り、鷹木が後頭部へのラリアット、EVILが正面からのラリアットと波状攻撃を見舞う。
 そこに石井が入るも、鷹木が場外へ追いやり、BUSHIはトペスイシーダでイーグルスを分断。一方、リング上では後藤がEVILを回避してGTRを狙うが、EVILが脱出する。
 その直後、後藤がカウンター牛殺しでEVILを叩きつけ、間髪入れずに石井がスライディングラリアットで追撃。そして、2人で合体GTRを敢行する。
 さらに石井がヘッドバットで鷹木を蹴散らすと、後藤は“滝って”からEVILにローキックをお見舞い。そして、(正調)GTRを狙うが、EVILがダークネスフォールズに切り返した。
 BUSHI対イーグルスとなり、イーグルスがバックドロップから逃れ、背後からランニングエルボーを浴びせる。すると、鷹木がダブルハンドラリアットでイーグルス&石井をなぎ倒し、BUSHIがバッククラッカーでイーグルスに追い討ち。
 だが、イーグルスはシャイニング延髄斬りでBUSHIに逆襲。そして、鷹木の攻撃をかわしつつ、トペコンヒーロを食らわせる。
 その後、後藤がEVIL、石井が鷹木へ牛殺しを同時にお見舞い。そして、2人に勝負を託されたイーグルスが、スワンダイブミサイルキックでBUSHIの脚を撃ち抜き、裏足4の字固めを仕掛ける。
 そこからBUSHIが逃れると、イーグルスはターボバックパックで叩きつける。そして、今度こそ裏足4の字固めを極めるが、鷹木がスライディングラリアットでカットする。
 ここから混戦となり、石井が鷹木にラリアット、EVILが石井にラリアット、後藤がEVILにラリアット。そして、後藤と鷹木のラリアットが相打ちになる。
 20分が経過し、BUSHIが変型スイングネックブリーカーでイーグルスに追撃。そして、コーナー2段目からエムエックスを繰り出すが、イーグルスがカウンターコードブレイカーで撃墜する。
 続いてイーグルスはロン・ミラー・スペシャルを繰り出すが、BUSHIが顔面に毒霧を噴射。それでもイーグルスは首固めをキックアウトするが、最後はBUSHIがエムエックスで葬った。

COMMENT


 
BUSHI「こんな勝ち方、前代未聞なんじゃないの? ね、こんなのある? チャンピオンチームが防衛したのに、最後ベルト持つ姿、ないんだよ? え? そのNEVER無差別級6人タッグのベルト、ほしいならさぁ、堂々と言ってくれよ。わざわざ盗みに来るようなものじゃないでしょう。でも、盗むぐらいさぁ、魅力的だったんじゃないの、あのベルトが。後楽園でやられたんだ、後楽園で返してやるよ。いいか、矢野、あと2人連れてこいよ。NEVER無差別級6人タッグのベルト、ここ後楽園ホールで、防衛戦を行う。以上!」
 

 
EVIL「NEVER6人タッグ、勝ったのは俺らだ。だが……(※手を腰に当て、下を向いてしばし無言)いろいろと、悔しい気持ちがあるな。これは、全て挽回してやるからな、よく覚えとけ!」


 
鷹木「やる。石井とやるぞ! (※NEVER無差別級のベルトを叩いて)このベルトを懸けて。機が熟した! やってやるよ。どうも気に食わねぇなぁ! アイツ、常に上から目線じゃねぇか。ふざけんなよ。NEVERの価値を落とした、アイツだって張本人だろう! 『G1 CLIMAX』でアイツに勝って、その後、このタイトルを懸けてやるチャンスが来ると思っていた。なのに、イギリスでKENTAに負けやがって! まぁそれでも今、こういう状況だ。言葉はいらねぇ。小細工もいらねぇ! 鷹木信悟、石井智宏、NEVER無差別級のタイトルマッチ、やるぞ! 俺は別に後藤みたいに寝て起きたら忘れるタイプじゃないが、オイ新日本プロレス、早々に組んでくれ! 大阪城ホールか? 後楽園ホールか? 沖縄でもいいぞ! 俺は常在戦場、戦いは! 常に、ここに在りだ!」
 

イーグルス「(顔をこすりながら)何も見えないよ~! ああ、目をこすったら泣いちゃう……。別に泣いてるわけじゃないからな! 今日はやられた……」

石井「鷹木、決まりだな、これで(と言い捨てて、そのまま控室へ)」
※後藤はノーコメント


 
矢野「(3本のNEVERのベルトを抱えて)俺はアメリカに行った時から、カバナさんと俺で挑戦させろと、何度も何度も何度も言っていた! しかし! しかし! 海を越えると、全然声が届かない! なんでなんだよ、おい! だから、だから、だから! この日本で行動に移したまでだよ、バカ野郎! おい、チーム名はな、カバナUSAかな、YTRジャパンか、乞うご期待だよ、おい! 俺とカバナさんでおい、日本でもアメリカでも響くベルトにしてやるよ、バカ野郎!」
 

 
田口「だから、つまりですね、カバナUSAも矢野ジャパンも、タグチジャパンなんですよ。結局、タグチジャパンの下。ね? わかります? グループなんですよ、グループ。だから、タグチジャパンですよ。タグチジャパンでよし! ベルトに挑戦だ、オラ!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ