WORLD TAG LEAGUE 2019

日時
2019年12月6日(金)   18:00開場 19:00開始
会場
熊本・グランメッセ熊本
放送
バナーバナー
観衆
1,484人

第4試合 30分1本勝負
「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第4試合は『WTL』公式戦、天山広吉&小島聡組(4勝9敗)vsEVIL&SANADA(12勝1敗)。単独首位のL・I・Jタッグが勝利を重ねて突っ走るか? レジェンドタッグのテンコジが健在ぶりを見せるか? 
 
 先発は天山とEVIL。EVILはショルダータックルで天山に競り勝つ。しかし、天山もモンゴリアンチョップの三連発で反撃。続いて小島と共にEVILに追撃のモンゴリアンチョップをお見舞い。
 テンコジはSANADAにはダブルのショルダータックル。続いて、EVILにエルボーとヘッドバットの合体攻撃を炸裂。
 スイッチした小島はEVILをショルダータックルで吹っ飛ばし、大胸筋をピクつかせる。だが、EVILは小島の足をレフェリーに預け、土手っ腹にトラースキック。
 次はSANADAが小島の首筋にエルボー。さらにパラダイスロックを決め、小島を挑発するように大胸筋をピクつかせる。そして低空ドロップキックをヒット。
 スイッチしたEVILは逆水平チョップで小島をダウンさせる。さらに串刺しエルボーを決めると、追撃のブロンコバスター。
 次はL・I・Jタッグがダブルの攻撃を狙うが、小島は同士打ちを誘うとSANADAにDDT。スイッチした天山はSANADAにショルダータックルからモンゴリアンチョップを連発。さらにヘッドバットmストンピング、串刺しラリアット、ブレーンバスターと一気呵成にたたみかける。
 天山はアナコンダバスターを狙うが、SANADAは脱出。ここから打撃戦となり、SANADAが掟破りのモンゴリアンチョップ。そして、スワンダイブのミサイルキックをヒット。
 SANADAはTKOを狙うも、天山はこらえるとカウンターのマウンテンボム。次は小島とEVILのマッチアップ。小島はEVILにマシンガンチョップ。そして串刺しエルボーから「いっちゃうぞバカヤロー!」の雄叫びを上げ、ダイビングエルボーを投下。だが、フォールはEVILがカウント2でキックアウト。
 小島はローリングエルボーからカバーするも、これもEVILはキックアウト。そして、小島がブレーンバスターを仕掛けたところを、逆にフィッシャーマンズバスターで叩きつける。
 ここからEVILはラリアット。だが、小島は相手の腕をラリアットで迎撃。そして、ラリアット合戦でEVILに競り勝つと、正調のラリアット。しかし、これはEVILがかわし、ここから一気にL・I・Jタッグが連携攻撃。最後はEVILがラリアットからフォールに入るも、小島はカウント2でキックアウト。
 ならばとL・I・Jタッグは小島にマジックキラーを狙う。だが、天山がカット。そして、逆にテンコジがEVILにテンコジカッターを狙うも、これは逃げられてしまう。
 そして、今度はL・I・Jタッグが天山をマジックキラーで排除。さらに小島にも狙うが、こらえた小島はEVILにコジコジカッター。続いて技の読み合いから、小島はSANADAにブレーンバスター。
 そして小島はEVILにラリアットを放つも、EVILはこらえるとロープへ。しかし、小島はカウンターのラリアット。続いて正調のラリアットを狙うが、EVILはカウンターのEVILを炸裂。この一撃で3カウントを奪い、L・I・Jタッグが13勝目をゲットした。

COMMENT

EVIL「天山、小島、さすがの強さだよ、コノヤロー。だがな、勝ったのは、EVIL、SABNADAだ。オイいいか、EVIL、SANADAが3連覇いただくぞ、コノヤロー。デビッド・フィンレー、ジュース・ロビンソン、かかって来い、コノヤロー!」
※SANADAはノーコメント
 
天山「今日と最後の広島しか残ってなかった。最後の最後までね、あきらめずに、試合臨んでますけど、今日も前年度のタッグリーグ制覇のEVILとSANADA。是が非でもね、俺ら昔から(組んで)やってるテンコジがね、あいつらに一泡吹かせたろうって。何勝何敗とか、もう関係なしに、あいつらに一杯食わしたろうって思ってたけどね。コジがいいとこまでいったんですけどね。最後は、俺も毎回毎回ヘルプできない。ちょっと、なんていうのかな、自分自身も情けないっていうか、コジに迷惑かけてね。でも最後の最後、もう1試合があるから。広島、最後まで。最後まできっちりと、最後のテンコジでいきたいなと思います、次こそ勝利でね……」
小島「(※入れ替わりでコメントスペースに入って来て)プロレスラーとして、とてもつらく厳しい時間を今過ごしてる。ずっと連敗して、とても厳しくてつらい思い、ずっと抱えながら試合してる。いい試合ができたとか、頑張ったとか、声援いっぱいもらったとか、もうそういうレベルじゃないんだ、今、自分がいる場所は。どんなことがあっても勝たなきゃいけない。そんな中で、試合が必ずしも毎回組まれてない中で、こういうチャンスを得られたときに、どれだけ自分の実力を発揮して、どれだけ勝ち星につなげられるかっていうことが、とても大事になってくる。それが今、かなわない現状で、スゴイもがいてる自分がいる。そのもがいてる自分も、プロレスラーの中の1人だから。俺が28年間培ってきたプロレスラーとしての生き方だから。なにも恥じることはないと思ってる。こんな負けたことで落ち込んで試合できないようだったら、俺はとっくに辞めてるよ、プロレスラーなんて。ずっと28年続けてこれたのは、そうやって負けても這い上がる、そういうエネルギーがずっと心の中にあったからだ。それをこれからもまだ、ずっと持ち続けてやっていこうと思う。まだ試合もある。残ってる試合、必ず、全部勝って、まだまだ元気のいいところを見せたいと思います。ありがとうございました」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ