WORLD TAG LEAGUE 2018

日時
2018年11月30日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,665人(満員)

第7試合 30分1本勝負
「WORLD TAG LEAGUE 2018」公式戦

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第7試合ではタッグリーグ公式戦としてEVIL&SANADA組(6勝1敗)とG.O.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア=5勝2敗)が激突。前年度覇者と、現IWGPタッグ王者が注目の対決を迎えた。G.O.Dにはセコンドとして邪道が帯同。
 
 先発はEVILとロア。ショルダータックル合戦ではロアがEVILをひるませる。すると、EVILはフェイントの顔面かきむしりからショルダータックルでロアを吹き飛ばす。すると、ロアは目潰しからタマにスイッチ。
 EVILがタマをロープに振ると、SANADAがエプロンからキック。そしてEVILとSANADAは連携攻撃へ。EVILはタマにセントーンを決めてから、ロアを場外戦に誘う。
 リング上、タマがSANADAをハンマースルー。しかし、SANADAは邪道の竹刀攻撃を読み、さらにタマの攻撃をかわすとパラダイスロックへ。だが、低空ドロップキックを狙ったところで、ロアが場外からSANADAの足を引っ張る。邪道はパラダイスロックで身動きの取れないタマを、竹刀でつついてほどく。
 怒りのタマは場外のSANADAに襲いかかる。ロアもEVILを観客席に投げ入れる。場外戦が繰り広げられる中、G.O.DはL・I・Jタッグをそれぞれ「東」「西」と書かれたパネルに叩きつける。SANADAはカウント19でリングにギリギリ生還。
 リング上、ロアがSANADAにチョーク攻撃。さらにヘッドバットから滞空時間の長いボディスラム、エルボードロップとたたみかける。
 スイッチしたタマはSANADAにパラダイスロックを狙うが、かけかたがわからず、やけになってストンピングを連発。さらに相手コーナーのEVILにも攻撃。
 次はロアがSANADAに串刺しエルボー。さらにSANADAを抱え上げてコーナーにスピアーで叩きつける。続いてタマが串刺し攻撃を狙うが、切り抜けたSANADAはミサイルキック。タッチはロアが阻止しようとするも、SANADAはショルダースルーではじきとばし、EVILに手を伸ばす。だが、タマが場外からEVILの足を引っ張って阻止。
 リング上、G.O.Dのダブル攻撃を切り抜けたSANADAは、ドロップキックで二人を吹き飛ばす。ようやくタッチしたEVILは、G.O.Dを打撃でなぎはらい、ロアには追撃のネックブリーカードロップ。
 G.O.Dもトレイン攻撃を繰り出すが、EVILは切り抜け、二人まとめてブルドッキングヘッドロック&ネックブリーカードロップ。
 続く串刺し攻撃をかわしたタマは、EVILにドロップキック。そしてトンガンツイストを狙うも、EVILはフィッシャーマンバスターの体勢へ。技の切り返し合戦から、タマはトンガンツイストを炸裂。フォールはSANADAがカットに入るも、ロアが場外に放り投げる。
 G.O.DはEVILに対し、タマのネックブリーカー、ロアのギロチンドロップ、そしてタマのボディプレスと波状攻撃。ここからゲリラ・ウォーフェアを狙うが、EVILは切り抜けて同士打ちを誘う。そして、技の読み合いからラリアットでタマを豪快に吹き飛ばす。
 今度はSANADAとロアが対峙。SANADAはリープフロッグの二連発から打点の高いドロップキック。そして、場外の邪道にプランチャを炸裂。
 リング上、SANADAはロアにスワンダイブ攻撃を放つ。これはかわされるも、すかさずSANADAはフランケンシュタイナーで飛びつく。だが、ロアは空中で捕獲し、そのままパワーボムの体勢へ。しかし、SANADAは背後に着地。そこにロアが串刺し攻撃を繰り出すもSANADAはかわし、間髪入れずにEVILがロアに串刺しラリアット。さらにSANADAもバックドロップで叩きつける。
 ここでL・I・Jタッグはロアにマジックキラーを狙う。だが、タマがもの凄いスピードでカットイン。そのタマにEVILはラリアット。するとロアがEVILに強烈なスピアー。
 今度はSANADAがスワンダイブのミサイルキックをロアにヒット。続いてSANADAはロアにシュミット式バックブリーカーからラウンディング・ボディプレス。これはかわされるもSANADAは着地。しかし、ヒザを痛めてしまう。そこにロアが突進してくると、SANADAはかわしてSkull Endの体勢へ。すると、ロアは身体をバタつかせてレフェリーを突き飛ばし、無法状態を作る。
 ここで邪道が介入。ロープに飛んだSANADAの足をつかんで転ばせ、さらに羽交い締めに捕らえる。そこにロアが突進するが、SANADAはかわして同士打ちを誘う。
 ここからSANADAは回転足折固めを決めるも、ロアは脚力で弾き飛ばす。すると、邪道がSANADAの脳天に竹刀攻撃。さらにロアがラリアットからフォールに入るが、EVILがカットイン。
 EVILはG.O.D二人を相手に打撃で応戦するも、G.O.Dはリバースのマジックキラー。ここからG.O.DはSANADAにトレイン攻撃を決め、さらに二人がかりで雪崩式パワーボムを炸裂。この一撃でロアがフォール勝ちをスコア。G.O.Dが単独首位のEVIL組を引きずり下ろし、同率首位に並んだ。

COMMENT

タマ「正しい方向にしか行ってない。俺たちが勝ち続ける。ジャドー、ゲドーのレガシーを俺たちが継いでいくんだ」
邪道「邪道&外道、スーパーパワーボム! ナウ、G.O.D、スーパーパワーボム、フォーーーー! This is destiny!」
タンガ「イーーーヤ!」
 
※SANADAは右肩を押さえながら、EVILは腰を押さえながら控室へ直行。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ