九州三国志 presents Road to POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~ 

日時
2018年10月17日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,585人

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊vsBULLET CLUB ELITE&飯伏(フリー)の6人タッグマッチ。なお、棚橋は1月4日(金)東京ドームでIWGPヘビー級王者ケニー・オメガに挑戦する。

 真壁対裕二郎で試合が始まり、控えのオーエンズが真壁のロープワークを妨害。だが、真壁がダブルハンドラリアットで裕二郎&オーエンズを吹き飛ばし、飯伏にカウンターショルダータックルを食らわせた。
 ヘナーレ対オーエンズの場面。オーエンズの挑発でヘナーレが怒り、ショートレンジタックル、ランニングタックルをお見舞い。続いてさらにロープへ走るが、オーエンズが身をかわして場外へ落とす。そして、ロープのあいだからフロントキックを浴びせる。
 これをきっかけにヘナーレが捕まり、裕二郎&オーエンズが合体バックドロップ、裕二郎が串刺しフロントハイキック、飯伏が背中へのローキックなどで攻め立てる。その後、オーエンズがヘナーレを羽交い絞めにし、飯伏に攻撃を促す。ところが、飯伏が動かず、オーエンズが激しく詰め寄る。
 それでもマイペースの飯伏はヘナーレに逆片エビ固めを極め、高角度で絞り上げる。苦しくなったヘナーレはショルダースルーでオーエンズを投げるが、タッチは阻止されてしまう。
 ヘナーレのピンチは続き、飯伏&裕二郎&オーエンズが連携攻撃を浴びせる。そして、飯伏がミドルキックを見舞うが、ヘナーレはカウンターバックフリップで逆転。
 ようやくタッチを受けた棚橋は、フライングフォーアーム、カウンターバックエルボー、フライングボディアタック、ドラゴンスクリューで飯伏に追撃。だが、次のスリングブレイドは飯伏が回避し、打撃ラッシュをお見舞い。そして、ミドルキックからその場飛びシューティングスタープレスに繋ぐ。
 次に飯伏がミドルキックを浴びせると、棚橋は間髪入れずに張り手で報復。だが、飯伏がその場飛びフランケンシュタイナーで叩きつけた。
 棚橋対オーエンズとなり、オーエンズが串刺しジャンピングエルボー、低空ランニングニーアタック。その後、裕二郎が棚橋のロープワークを妨げるが、真壁もオーエンズのロープワークを妨害。そして、棚橋がネックツイストでオーエンズを黙らせた。
 ヘナーレ対オーエンズとなり、オーエンズがカウンターフロントハイキックで先制。しかし、ヘナーレがカウンタージャンピングショルダータックルで逆襲し、串刺しラリアット、ブレーンバスター、ランニングチョップと畳み掛ける。
 続いて棚橋組がオーエンズにトレイン攻撃を敢行し、棚橋が串刺しドロップキック、真壁が串刺しラリアット、ヘナーレがカウンターバックフリップ。
 ここでヘナーレはコーナー最上段からダイビングショルダータックルを繰り出すが、オーエンズが身をかわして叩き落とす。
 それでもヘナーレは首固めで奇襲をかけ、返された直後に逆さ押さえ込みを狙う。ところが、その体勢からオーエンズが切り返し、一気にパッケージドライバーで勝負を決めた。

COMMENT

チェーズ「ユウジロウ、杖ありがとう。折れたかも」
裕二郎「(英語で)もうすぐタッグリーグ始まるね。誰かがお前は……」
チェーズ「え? 俺はユウジロウと出たいよ」
裕二郎「(英語で)でも、ミラノが言ってたよ。お前はペイジと組みたいって言ってるって」
チェーズ「そんなことないよ。裕二郎と組みたいよ」
裕二郎「(英語で)俺はイブシともお前とも……」
チェーズ「そう! イブシもユウジロウもみんなと組みたいよ(と言って立ち去る)」
裕二郎「タッグリーグはまだわかりません。飯伏選手はタッグリーグは出たいですか?」
飯伏「出たいです」
裕二郎「誰と?」
飯伏「ここで言うのは裕二郎さんしかいないですよ」
裕二郎「えー! ケニーさんじゃないんですか?」
飯伏「今いないじゃないですか? だから、今日は、この場は、裕二郎さんって言うしかないです」
裕二郎「でも、俺は飯伏さんとも組みたいし、チェーズとも組みたいし、ペイジとも組みたい。なんかヤリマンっぽくて嫌だけど(笑)」
飯伏「誰を選ぶんですか?(笑)」
裕二郎「ここで? 今日はイブたんって言っちゃおうかな!」
飯伏「ああ! ありがとうございます!」
裕二郎「じゃねえ!(と立ち去る)」
飯伏「今日はチェーズが勝ったので嬉しいですね。なかなか勝ててなかったんでね。今日は勝つことができて嬉しいです。ちょっと試合自体は、昨日も言ったんですけど、複雑な複雑な感じではありますけど。棚橋さんは……(沈黙のあと)今日はここまで。今日はここまでです」

真壁「ダメだなぁ~! 調子に乗っていけるかと思ったんだけど、足元すくわれたなぁ。あ~、ダメだ! 思い浮かばねぇ、何のコメントも思い浮かばねぇ」
ヘナーレ「(※若手に肩を借りて階段を下りてきていたが、バランスを崩して転落し、横たわったまま起き上がろうとしながらコメント)今日もピンフォールを取られて負けてしまった。真壁、タナ、みんなにリスペクトされたい。俺が尊敬している真壁や棚橋にリスペクトされるために、俺は負けない! 頑張る!」
棚橋「(※インタビュースペースに着くと、権利証のケースを抱え込むようにして座り込み)答えのない答えを探してる。毎日が禅問答だね。答えはないと言ったけど、俺の中には答えがある。いかにその答えに辿り着くかを今、毎日考えている。昨日、一番言いたかったことを言ったから……同じ業界に友だちはいらないということを言ったから、次、2番目に言いたかったこと。品があるか、品がないか。品があるのか、品がないのか。これはね、年齢とか世代とかじゃなくて、何だと思う? プロレスに品というものが存在するならば、それは(※言いながら立ち上がる)プロレスの試合に対してどういう絵を描きたいかという、美意識」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ