DESTRUCTION in BEPPU

日時
2018年9月17日(月)   16:30開場 18:00開始
会場
大分・別府ビーコンプラザ
放送
バナーバナー
観衆
2,280人

MATCH REPORT

 第4試合は本隊ジュニア(獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&KUSHIDA&田口隆祐)とCHAOSジュニア(ウィル・オスプレイ&ロッキー・ロメロ&YOH&SHO)が対峙。田口はラグビー選手のような出で立ちで登場。試合前、CHAOS勢とラグビーボールを巡る動きを見せる。
 
 先発はライガーとSHO。場内は「ライガー」コールに包まれる。SHOはヘッドロックでライガーを押し込むとクリーンブレイク。続くロープを使った攻防では、SHOがバックを取るも、ライガーは切り抜ける。しかし、SHOはリープフロッグからカウンターのドロップキックをヒット。だが、ライガーも風車式バックブリーカーを見舞い、リング中央でロメロスペシャルーを完成。これはCHAOSがカットに入る。
 次は田口がSHOにブレーンバスターを狙うも、逆に投げ返されてしまう。スイッチしたYOHは田口の顔面にヒップバットを連発。しかし、田口はお返しのヒップアタックを炸裂。ここから本隊はYOHにトレイン攻撃。田口は腕を回し、さらにUSAダンスを見せて盛り上げる。そしてYOHに串刺しヒップアタックを決め、ブロックサインを送る。
 田口はリングに尻を向けるかたちでセカンドロープにのぼり、ライガーとタイガーがそこにYOHをハンマースルー。だが、YOHはストップし、田口の尻にカンチョーを発射。ここからCHAOS勢が田口にトレイン攻撃。そしてロッキーが田口のようなダンスで盛り上げる。ここからロッキーがフォーエバーラリアットを繰り出すと、串刺し攻撃ができないオスプレイが抗議。ここでCHAOSが揉めるも、最後は「ゴメンナサイ」と互いに謝ってみんなで肩を抱き合う。そこにシレッと田口も参加し、グータッチを要求するが、CHAOS勢は3Kポーズからキック。
 オスプレイは田口の尻にグーパンチ。さらにその場飛びムーンサルトプレスを決める。田口もヒップアタックを繰り出すが、オスプレイはアトミックドロップで迎撃。だが、田口は意地でヒップアタックを決め、KUSHIDAにスイッチ。
 KUSHIDAはオスプレイにスワンダイブのブレーンチョップからヒップトス。さらにロッキー、YOHにもヒップトス。勢い余って浅見レフェリーにも見舞いそうになるが、これは気づいてストップ。
 ここからKUSHIDAとオスプレイがすばやい技の読み合いを見せ、KUSHIDAが低空ドロップキック。だが、オスプレイも619でKUSHIDAを後退させ、スワンダイブのラリアットをヒット。そしてオスプレイはストームブレイカーを狙うが、切り抜けたKUSHIDAはローリングエルボー。オスプレイがかわすと、すかさずオーバーヘッドキックを決める。しかし、オスプレイもサマーソルトキックから延髄斬りをヒット。
 次はタイガーがロッキーにスワンダイブのダイビングクロスボディ。そして串刺しハイキックからタイガードライバーを狙うも、YOHとSHOがカット。タイガーもキックで切り抜けロープに走るが、ROPPONGI 3Kはトリプルのジャンピングニー。するとKUSHIDAと田口がダブルのヒップアタックでROPPONGI 3Kを場外に吹き飛ばす。
 しかし、オスプレイが田口とKUSHIDA、二人まとめてダブルのオーバーヘッドキック。そのオスプレイにはライガーが掌底を食らわす。だが、ROPPONGI 3Kがライガーにスピンキック。
 目まぐるしい攻防の中、タイガーがロッキーをタイガードライバーに捕らえる。そして最後はツームストンパイルドライバーでロッキーからカウント3を奪取。本隊ジュニアに凱歌が上がった。
 
 試合後、IWGPジュニアヘビー級新王者決定トーナメントに参加するKUSHIDAとオスプレイが、互いにアピールを行なう。

COMMENT

タイガー「イギリスから帰って来て、15日広島から参戦だけど、早くも2連勝。まあ、怖いのは『(BEST OF THE)SUPER Jr.』のような、最初よくてあとはバーッっ(と負ける)というのも困るし。まあでも、たぶんいつも見てる方ならわかるかもしれないけど、ぜんぜん休んでても衰えなし。ぜんぜん疲れもなし。で、今日はね、久々にロッキーにツームストン(パイルドライバー)で獲ってみたけどね。まあ、ちょっとタイガードライバーを返されたってことで『ちょっと狙ってみるかな?』と思ったら、見事に(ロメロも)ノビてくれたんで。まあ、ヤツも思い出したんじゃないですか、久々に。この俺のツームストン。ツームストンはいまね、オカダも凄く使っているかもしれないけど、もともと新日本で最初、自分がズーッとJr.のほうでね、使ってたものだから。まあ、俺はだから何回も言います。衰えてません、まだまだ。このまま10月のタッグリーグ(『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』)、突っ走ります」
田口「久しぶりに本隊Jr.4人で組んでね、完璧な試合だったんじゃないですか? 完璧な試合。格の違いを見せつける、相手に。ぜひね、皆さん、この試合を(新日本プロレス)ワールドで見て下さい。完璧な試合ですから。プロレスの基本的な試合運び。ライガーさんがペースを握り、私が若干捕まりますけど、相手にペースを渡さず、繋ぎ、クッシーが華やかに決め、最後タイガーさんがビシッと締めるというね、完璧な試合ですよ。基本形ですけど、なかなかこんな完璧な試合運びできないですよ。ぜひワールドで皆さん見て下さい。新日本Jr.が格の違いを見せつけた試合ですね。あとは、IWGP Jr.ヘビー級タイトルを、KUSHIDA選手が獲ってくれるでしょう。そこに期待したいと思います。新日本Jr.にまたタイトルを戻して下さい」
KUSHIDA「なにやらウィル・オスプレイの目線は、飯伏幸太にあるらしい。ウィル・オスプレイ対飯伏幸太、たしかに魅力的なカードだ。僕も見てみたいですね。スゲー魅力的。僕は僕で、アイルランドで石井智宏とやると(※10月13日アイルランド・OTTレスリング)。おそらく新日本プロレス公式では、ノータッチなんでしょうけれども、だからこそ意味があるっていうかね。だからこそ夢があるっていうか。Jr.ヘビー級に誇りを持ちながら、階級の壁をブッ壊す。まあ、オスプレイがどのように考えているか、わかりませんけれども、俺はね、小さな階段の1歩かもしれないけれど、少しずつ昇っているフシはあるから。オスプレイ、1年前の借り、忘れたわけじゃねぇぞ。シー・ユー・イン・スモーアリーナ(両国国技館)だ、この野郎」
※ライガーはノーコメント

オスプレイ「(※先に1人で引き揚げてきて)いやあ、残念だ。なぜかっていうと、タグチがラグビーボールを持ってリングに上がってきたから、俺たちの得意な分野だと思ってたんだ。(イギリス出身の)俺がROPPONGI 3Kにパスワークを指示すれば、トライを決められるものだと思ってた。だけど、(※遅れて戻ってきたROPPONGI 3Kの姿を見て)オイ、お前ら、どうしたんだ? 向こうにトライを許してしまったじゃないか。あっさりトライを決められるものだと思ってたのに、こっちのエリアで試合を運んでたのに、どういうことだ? ああ、英国人として何がなんでも勝ちたかったんだ」
ロメロ「(※首を押さえながら)ン、ラグビーのことを言ってるのか?」
オスプレイ「そうだ。ほかになにがあるんだ?」
ロメロ「俺たちはベースボールをしてたんだ。俺たちはベースボールのつもりで試合してたのに。ベースボールだとわからなかったのか?」
オスプレイ「わからないよ。なに言ってるんだ、ロッキー。ラグビーだよ、ラグビー。3人が組んで、勝利を目指してるんだから。『ニュージャパン・ラグビーワールドカップ』だよ。みんな、そこを注目してたんだ。わかる? 仕方ない。俺は次の栄光を目指す。誰の力も借りなくていい。(9.30)ロングビーチのIWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメント1回戦だ。俺の手でCHAOSにあのベルトを取り戻す。そのために走っていく」
ロメロ「(※YOH&SHOに向かって)わかった?」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「英語だったぞ。ラグビーがどうたらって。まあ、今日の試合は悪かった」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「ホントに悪かった。『SUPER Jr. TAG LEAGUE』はもうすぐ、来月だ。『KING OF PRO-WRESTLING』(10.8両国)もロングビーチも頭にはない」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「ああ、頭が痛い。そうだ、タイガーマスク、アイツにはこれで2度目だ! どこへ行った!」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「タイガーマスクが俺をやっつけやがったんだろ?」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「だけどなタイガー、俺はまだ時差ボケが残ってるんだ。それもひどい時差ボケがな。そりゃそうだろ、UK(イギリス)からロサンゼルスに戻って、そして日本に来たんだから。お前ら、わかるだろ?」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「俺たちのこの体を見ろ。お前も、お前も。俺たち3人の体を。なのに、こんなことってあるか」
YOH&SHO「イエス」
ロメロ「まあ、いい。ロングビーチ、そして『KING OF PRO-WRESTLING』、そのあとが『SUPER Jr.TAG LEAGUE』。ここで俺たちの力を見せつけてやる。そのために戻って来るから(※と言い残して控室に戻ろうとすると、YOHが『ロッキー!』と呼び戻してグータッチを求める。YOHが拳を突き出しているのを見たロメロは、足早に戻って来て)ナンダヨ、コノヤロー! そんなことするな! そうじゃない、(※3Kサインを示して)こうだ! ちゃんと見ろ! こうするんだ!(※と叫んで、怒りながら控室へ)」
YOH「(※SHOの右頬から血が流れているのを見て)切れてるんじゃない?」
SHO「いや……」
YOH「切れてるんじゃないの?」
SHO「キレてるんは、体だけですよ」
YOH「よっしゃ! ROPPONGI 3Kはね、いま俺ら、充実してるから。体力も、精神も、メッチャ充実してるんですよ。ま、今日はロッキーが負けたけどね。このままでもっと、ロッキーがなんて言ったかわかんないですけど、ロサンゼルスのロングビーチでも試合あるし、ジュニアタッグのリーグ戦もあるし。これはね、負けられないスから。1年前の俺らと全然、違うんですよ。このトーナメント(リーグ戦)、2連覇します」
SHO「ま、そういうことだ。完全にNEXT……」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ