SUPER J-CUP 2016

日時
2016年8月21日(日)   13:30開場 15:00開始
会場
東京・有明コロシアム
観衆
3,041人

第11試合 無制限1本勝負
「SUPER J-CUP 2016」トーナメント決勝戦

※KUSHIDAが「SUPER J-CUP 2016」に初優勝

MATCH REPORT

『SUPER J-CUP 2016』決勝戦。KUSHIDA vs金丸義信。
 
まずは、金丸がTAKAみちのく&デスペラードを引き連れ、リングイン。
続いて、KUSHIDAはライガー&田口とともに入場した。
 
開始のゴングとともに、KUSHIDAコールが沸き起こると、金丸はヘッドロックでKUSHIDAを執拗に締め上げる。これに対し、KUSHIDAはエルボーの連打で、一度距離をとると、続いて両者丸め込み合戦に。
そして、KUSHIDAはミドルキックで、金丸の左腕を攻めると、ハンドスプリング・エルボーを狙っていく。
だが、金丸はこれを受け止め、そのままバックドロップで、KUSHIDAをリングに叩きつけると、KUSHIDAは場外にエスケープ。
すると、そこへTAKAみちのくとデスペラードが、すぐさま攻撃を仕掛けにいくが、ここはライガーと田口がカットに入る。
金丸はKUSHIDAに断崖式のDDTを放ち、鉄柱にKUSHIDAの頭部を打ちつけていく。戦場がリングに戻っても、金丸はKUSHIDAの首を焦点を絞り、DDT3連発から、キャメルクラッチを極めていく。
KUSHIDAはなんとかロープに逃れるが、金丸はKUSHIDAの首にエルボーを何度も振り下ろしていくと、首四の字でKUSHIDAの首を締め上げていく。
なかなかペースを掴めないKUSHIDAであったが、シェルショックで金丸の顔面をコーナーに打ちつけ反撃。
続けて、KUSHIDAはミドルキックから、倒立式のニールキックをお見舞い。
さらに、KUSHIDAは場外へエスケープした金丸に対して、コーナートップから場外へのトペ・コン・ヒーロと捨て身の攻撃を放っていく。
そして、先にリングインしたKUSHIDAは、遅れてリングインした直後の金丸に、ランニングの低空ドロップキックを見舞う。
さらに、KUSHIDAはムーンサルトプレスを放つ。これは金丸にかわされるが、なんとか着地すると、KUSHIDAは、コーナーからディープインパクトを狙って飛んでくる金丸の腕を取ると、そのまま腕ひしぎ十字固めを極めていく。
これには、金丸も体を激しく揺らし、なんとかロープブレイク。
KUSHIDAは休む間もなく、アームブリーカーから、ホバーボードロックを強引に極めていく。
だが金丸もホバーボードロックを極められながらも、なんとか首固めで切り返すと、レフェリーの目を盗み、急所攻撃からラリアットを振り抜く。
ここで、金丸ムーンサルトプレス放つが、KUSHIDAはこれをかわし、誤爆を誘うと、ドラゴン・スープレックスを決めるが、カウント2。
続けて、KUSHIDAはハンドスプリング・エルボー(※ロープに倒立する際、デスペラードをニールキックで撃退)から、ボディスラムで、金丸をリングに寝かすと、ミッドナイト・エクスプレスも炸裂させ、フォールへ。
しかし、ここでデスペラードがレフェリーを引っ張り、カウントを妨害。
これに怒ったライガーは、TAKAみちのく&デスペラードを首をおさえると、そのまま2人を抱え、花道をあとにした。
だが、タイチがいきなりリングインすると、ブラックフィストをKUSHIDAに見舞っていく。
そして、金丸がコーナーにかけ、KUSHIDAが起き上がると、そこへディープインパクトを決めるが、KUSHIDAはなんとか、カウント2で返す。
ならばと、金丸はエプロンサイドでの垂直落下式ブレーンバスターという危険な技を敢行。
先にリングに戻った金丸は、遅れて戻ったKUSHIDAに対して、2発目のディープインパクトも決める。
ここを勝機とみた金丸は、エルボー、フロントハイキック、延髄斬りと、打撃の連打を見舞うと、タッチアウトを狙っていく。
だが、KUSHIDAは体勢を入れ替え、なんとか着地すると、起死回生のマサヒロ・タナカで、金丸の顎を打ち抜く。
そして、KUSHIDAは金丸の左腕を思いっ切り蹴り上げると、ホバーボードロックの体勢に。
そこへタイチが介入しようとするが、KUSHIDAは金丸の腕をとったまま、エプロンサイドのタイチを蹴り場外に蹴散らすと、その反動を利用して、そのままリング中央に金丸を引きづりこむ。
再度リングに上がろうとするタイチに対して、田口がエプロンサイドからのヒップアタックをお見舞いすると、リング上では、KUSHIDAがホバーボードロックを極めて、金丸からギブアップを奪い、見事『SUPER J-CUP 2016』優勝を果たした。

COMMENT

※KUSHIDAがコメントブースに現れると、続いてBUSHIも現れる。
BUSHI「オイ、オイ、オイ、オイ、オイ。まさかオマエが、優勝するとはな。俺にとって好都合だよ。オマエは、俺に負けてるだろ。悔しいか?悔しくないか?俺を次期挑戦者に指名しろよ。次のIWGPジュニア、次期挑戦者に指名しろ」
※BUSHIがコメントブースを去る
——優勝おめでとうございます
KUSHIDA「ありがとうございます」
——IWGPジュニア王者としての優勝になりましたが?
KUSHIDA「厳しかったですね、3試合。とにかく厳しかったです、3試合。直前にメキシコ遠征が3週間もあった。その中で、自分がデビューした土地でもある、身長体重は全然なくて、一般人と変わらない体格でも、メキシコという国は、僕をプロレスラーにしてくれた。そして、今、こうやって、新日本プロレスのレスラーとして闘える、世界中から呼んでもらえる。これ以上、望むものはないと言っても過言ではないくらい、今日の勝利は、感無量です」
——決勝は、GHCジュニア王者とIWGPジュニア王者の対決になりました。
KUSHIDA「1回戦、石森太二から始まって、フタを開けてみれば、4人ともノア勢ですよ。『SUPER J-CUP』と言いながら、俺の目の前に立っていたのは、今、ノアで活躍している、ノアを主戦場としている選手たちだった。チャンピオンとして、より、気が引き締まりましたね。まぁ、7年振りですか。その頃は僕、カナダで、全然お金、プロレスで稼げてなくて、YouTubeなんかで、指加えて見てて。羨ましいなぁって思ってた『SUPER J-CUP』。最初は、第1回は、両国国技館の1番後ろで見てましたから、その頃の『SUPER J-CUP』と違うのは、当然だと思います。でも、本音を言えば、沖縄、グルクンさんですか。あと、ドラゲーのEita選手だったり、そういう選手とやってみたかったなぁ、っていうのは正直なところですね。ただ、でも、石森選手も、拳王選手も初めてやったんで、スゲェ刺激的でした。タイチ、どうでもいいですけど。拳王選手、Eita選手も、きっと、僕が言うのもおこがましいけど、新日本プロレスっぽいな、っていうのは感じました。やっててゾクゾクしましたね。改めて、もう1回やりたいです」
——さっそくBUSHI選手がやってきましたが?
KUSHIDA「ちょっとよく聞き取れなかったですけど、チャンピオンなんで、対戦相手を光らせて、団体も光らせて、上げていくのが、理想のチャンピオンですからね。CMLL、ROHでやってきた自負が僕にはありますから。この後、今週にはROH行って、いつも(タイガー)服部さんから、『ユー、海外決まったから』って言われるのは、もう1ヵ月とか、何週間前とか、それくらいなんですけど、オファー頂ければ、IWGPジュニアヘビー級チャンピオン、KUSHIDAは、世界中、日本中、どこの団体でも行きます。元々それが、世界中飛び回る、世界で通用するレスラーになりたい、っていうのが、僕のレスラーとしての夢なので。新日本プロレスジュニアだけじゃなくて、ヘビー級、ジュニアヘビー級、すべて明るい未来にお連れします」
——今日、シェリー選手と久々の再会でした。KUSHIDA選手、シェリー選手、セイビン選手の3人で、“タイム・マシンガンズ”を組んでもいいかも、という話がシェリー選手からありましたが?
KUSHIDA「新日本プロレスには、6人タッグのベルトもあるし、色んな夢が詰ってましたね。『SUPER J-CUP』には。今年、あと1つ、『G1 CLIMAX』に出ると言って。これは目標じゃなくて、ジュニアヘビー級を上げる手段として考えていたんですけど、その後に、この『SUPER J-CUP』が決まったので、見送り、叶わなかったですけど。ぜひとも、来年の『G1 CLIMAX』には、ジュニアヘビー級を代表して、『G1 CLIMAX』にケンカ売りたいですね。大丈夫ですか?」
※と言って、ビールを持って立ち上がる。
KUSHIDA「アレックス・シェリーとも、今来たBUSHIとも、あとは、メキシコで負けっぱなしのボラドール、カリスティコ。あと、カイル・オライリー。『BEST OF THE SUPER Jr.』で負けてますんで。次のシリーズでも、アメリカでも、どこでもやります。自分でビールかぶります」
※ビールを2缶開けて、自分の頭にかける
KUSHIDA「ハァー、美味い。ハイボールが良かったですけどね、本当は。痛風を患ったんで」
※記者一同笑い
KUSHIDA「次はハイボールでお願いします。マスコミの皆さんも、『G1』の後にありがとうございました。これからも、ジュニア、よろしくお願いします」
 
※金丸はセコンドについていたタイチと共に、コメントブースに現れる
タイチ「汚ねぇよ、アイツら。汚ねぇよ」
金丸「オイ、なんだよ、アレ。このままじゃ終わらせねぇからな」
タイチ「汚ねぇぞ、コラ」
金丸「KUSHIDA。田口。ライガーもいたな。このままじゃ終わらねぇからな。追いかけてやるよ」
タイチ「俺ら2人に恥かかせやがってよ。KUSHIDA。田口。ライガー。テメェら、終わると思うなよ。鈴木軍ジュニアが、このまま黙ってると思うなよ」
金丸「見とけよ、コノヤロー」
タイチ「オイ、こうなっちまったの、どうしてくれんだよ。何でか分かるか?今日、賞金出たのか?出てねぇんじゃねぇか?賞金なかっただろ。さっきそれ聞かされて、だから、こんなんなっちまっただろ。ノブ、やる気なくなっただろ。賞金ねぇから。賞金ねぇから負けたんだよ。それだけだ」
金丸「次は、金持ってこい!」
タイチ「金ねぇと、こんなもんだよ、ノブはよ。終わったと思うなよ、新日本!」
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ