• 2009.10.13
  • #Topics
「いままでどおりの試合にはならない」渦中の中邑が棚橋戦に向け、不敵に予告!!

「いままでどおりの試合にはならない」渦中の中邑が棚橋戦に向け、不敵に予告!!  
  

 
 10月12日、前日の「蝶野正洋25周年記念興行」両国国技館大会にて、大谷晋二郎(ZERO1)を相手にIWGPヘビー級ベルトを初防衛した中邑真輔が一夜明け会見に登場。この席で、11月8日の両国大会にて、早くも前日に挑戦をアピールした棚橋弘至との二度目の防衛戦が決定した。
 
 会見では、新日本プロレスの菅林社長から、両国大会のメインカードが発表された。IWGPヘビー級選手権・中邑真輔vs棚橋弘至をはじめ、前日に飯塚高史を急襲した真壁刀義、この両者の因縁のスペシャルシングルマッチ、またこちらも前日にシングル戦をアピールした後藤洋央起vs田中将斗。そしてIWGPJr.ヘビー級タイトルマッチとして、ミスティコvsタイガーマスクも決定。早くもメインカードがズラリと勢ぞろいした。
 
この中で、2010年の1月4日東京ドーム大会を改めて発表した菅林社長は、多団体の参加に関して「これから、順次発表していくと思います。いずれにせよ、今年一年間の総決算的な大会になる」とヤル気をみなぎらせた。
 
このあと登場した中邑選手は、初防衛戦を振り返りながら、棚橋弘至戦へ向けて意気込みを語った。
 
■中邑選手のコメント
「大谷晋二郎選手は初対決だったけど、自分が想像した以上に熱く、強いハートを感じる選手だった。いまプロレス界で、自分自身以上の大きなものを背負った人間は限られてる。その中で、そういうものを闘いの中で感じられたのは、自分の今後につながるな、と。激しい試合だったし、自分の身体にも傷が付いてますけど、自分の信念を曲げずに闘いぬいたんで,勝利は勝利として自分の経験に落とし込みたいと思ってる」
 
■以下、報道陣との質疑応答
——次期防衛戦、棚橋選手に関しては? 「暫定王者」と言っていたが?
中邑「ま、自分は誰でもいい、と言ったんで、棚橋が来るなら棚橋でいいんじゃないですか? ただ、棚橋は潔くベルトを返上したんじゃないのかって。べつに言いたければ言えばいいし。そこも次のタイトルマッチで決めればいい。ま、自分は正々堂々と真壁とチャンピオンシップやってるんで」
 
——棚橋選手は、「中邑はストロングスタイルという言葉に縛られている」と言ってましたが?
中邑「いや、“新日本=ストロングスタイル”でしょ? それが、あるかないかはべつにして、それを掲げて自分なりのスタイルに昇華させようとしてるだけで。ストロングスタイルを“受け継ぐもの”がいなければいけない。そこを新たに進化させる人間が必要なわけで、自分はそこを信念としてやっているだけ」
 
——棚橋選手は前王者というだけで挑戦が決まったが?
中邑「IWGP実行委員会が承認したのなら、受けてあげましょう。ま、問題は行動を起こした棚橋弘至、それを受けて決定した会社。その前に“俺がやりたかった”という人間がいるのであれば、その人間が言うべきであって、自分は受けて立つだけ」
 
——棚橋選手と中邑選手は昔から比較されるが?
中邑「確かにライバルと称されてるし、自分がそれを認めたこともある。ただ、自分の中では単なる一先輩レスラーにすぎない。意識はされるけど、次の試合はいままでと毛色の違った試合になりそうだし、そのときの自分のストロングスタイルを見せるのか、なんなのか? 今回ばっかりはいままでどおりの試合にはならない。そうだな、“ヴィシャス”(『邪悪な、悪質な』という意味)というかね……(不敵な表情で)」
 
■以下、報道陣との囲み会見
——昨日、リング上で「誰かが代わりにとか、5対5とか、古いやり方には付き合わない」というIGFさんを意識した発言がありましたが?
中邑「そうですね。僕が対戦したいのは、アントニオ猪木ただ一人ですから。答えなんか一瞬で決まるわけですから。そこを本人に聞きたいんですよ」
 
——そこは猪木さんの返答待ち?
中邑「そうですね」
 
——防衛戦のコンディションは『G1タッグ』を闘いながら、調整する?
中邑「前回の真壁刀義戦と似た感じでね。ただ、矢野通とのタッグは相当に強ええ、と思ってるから、リーグ戦の優勝も目指しながらね。棚橋はリーグ戦に参加しなくても、リハビリでちょうどいいんじゃないの?」
 
——優勝は狙う?
中邑「矢野とのタッグで一つの結果を出してもいいんじゃないのかな、と。矢野はヒールでありながら、実力はかなり評価されてるわけだから。表面的なものより、内面的なものが出てるという意味では、矢野の実力を認めたうえで、タッグを組んでるわけだしね」  

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ