• 2008.1.3
  • #Topics
“俺は全ての頂点に立つ男”棚橋が中邑戦に絶対の自信!/「レッスルキングダムII in 東京ドーム」前日記者会見(2)(※動画追加)

“俺は全ての頂点に立つ男”棚橋が中邑戦に絶対の自信!/「レッスルキングダムII in 東京ドーム」前日記者会見(2)
 
IWGP Jr.、IWGPタッグのタイトルマッチの調印式が終了すると、メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合で対戦する王者・棚橋弘至選手と挑戦者・中邑真輔選手、永田裕志選手、後藤洋央紀選手の4選手、菅林直樹社長が会見場に登場。

 
「“1月4日”というくくりで考えますと、1992年から数えて明日で17回目の東京ドーム大会となります。全選手、全社員、やれることは全てやったつもりです。屈指の対戦カードを揃えられたと自負しております。プロレス・格闘技界唯一の東京ドーム大会を是非ご堪能いただければと思っております。」と、菅林社長が集まった報道陣に挨拶すると、4選手が、それぞれ意気込みを語った。
 
後藤「2008年最初の試合が、グレート・ムタ戦。対戦相手としては、ネームのあるいい相手だと思う。でも、自分の中では(ムタの)中身は“ただのデカいおっさん”だと思っているので、明日はグレート・ムタをぶっ飛ばして、必ず勝つ」
 
永田「初めてカート・アングルを観たのは、今から11年前、TVでやっていたオリンピックのハイライトシーン。金メダルを獲ったことに歓喜し、涙するカート・アングルの姿でした。そのカートがプロレスに転向するということで、すっと関心を持って観ていました。『いつかは闘いたい』という思いを持っていて、ようやくそれが東京ドームで実現する。彼に対して尊敬の念を持っていますし、偉大な選手だということを理解していますが、1つだけ譲れないことがあります。それは彼が、『自分こそがIWGPヘビー級チャンピオン』と自ら言っていること。これだけは、認めることはできない。あのベルトは、おととしの7月、棚橋選手がブロック・レスナーに挑戦するという試合が決まったのにも関わらず、ブロック・レスナーがその試合をしなかった。その時点でIWGPを剥奪されているわけです。ブロック・レスナーの行為はスポーツマンシップに則っていない行為であり、剥奪されるのも当然。世界的にスポーツマンシップに則った、最高の舞台で金メダルを獲ったカート・アングルならば、チャンピオンでないことを認めないといけない。でも、彼は自らがIWGPチャンピオンだと言っている。その現実に対して、思いっきり“ノー”を突きつけます。彼がIWGPチャンピオンだと主張する限り、この闘いは続くでしょう。ただ、それは明日の東京ドーム大会で終わりにします」
 
中邑「年末にギリギリ掴み取ったこのチャンスを活かして、やれることは全てやってきたつもりです。(左肩は)正直、完治したとは思っていないです。ただし、闘うことに支障はないと思います。明日は全身全霊を懸けて、チャンピオン棚橋弘至と闘います。特別な感情はありますが、その前に自分自身に勝って、そして棚橋弘至に勝ちたいと思います」
 
棚橋「そうそうたるメンバーが揃っていますが、俺は全ての頂点に立つ男。常に比較されてきた中邑真輔を倒すことで、それを証明する。必ず防衛します」

 
新日本勢が退席すると、アングル選手、“チーム3D”ことブラザー・ディーボン選手、ブラザー・レイ選手、アビス選手、クリスチャン・ケイジ選手、ピーティー・ウィリアムス選手が会見場に姿を見せ、それぞれ明日の大会へ向けてコメントした(※アビスはコメントを拒否したため、ノーコメント)。
 
ウィリアムス「TNAが最強であることを明日、証明するよ」
 
クリスチャン「日本のファンの前で、また試合ができることを光栄に思っている。今回、TNAの“ブランド”を日本へ持ってこられて凄く嬉しい。明日は、TNAの良さが分かってもらえると思う。AJスタイルズ、ピーティー・ウィリアムスとニュージャパンのリングに上がって、闘えることを非常に楽しみにしている」

 
レイ「今、オレたちは機嫌が悪い。なぜ、マカベ(真壁刀義)、ヤノ(矢野通)はここに来ていないんだ! ヤツらはどこにいるんだ? 明日は、俺たちの強さをヤツらに見せつけてやる!」
 
ディーボン「ECW、FMW、WWE、オールジャパン(全日本プロレス)、ハッスル……オレたちは様々なリングに上がって、色んな歴史を作ってきた。そして、明日は初めてニュージャパンに上がる。ここでも新たな歴史を作って、マカベ、ヤノをテーブルの上に叩きつけてやる」
 
アングル「ナガタは、確かに強い。私にとって、過酷な試練だ。だが、ブロック・レスナーに勝ったのは、彼ではない。タナハシもいるかもしれないが、私が“真のIWGPチャンピオン”だ。必ずこの試練をパスして、100点満点の試合をする」

 
会見終了後、出席した総勢16選手が東京ドーム前広場に集結。“ビッグエッグ”をバックに写真に納まった。いよいよ明日、新日本、TNAの2団体による“戦争”が本格開戦する!
 
「レッスルキングダムII in 東京ドーム」
 
2008年1月4日(金)
東京・東京ドーム
17:00試合開始
 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ