• 2020.12.29
  • #Media
【無料公開!】「ジュニアで一番強い男は何人いるんだ? 誰が一番なのかハッキリさせたい!」『SUPER Jr.』覇者・高橋ヒロムが、『J-CUP』優勝者、IWGPジュニア王者へ宣戦布告!【WK15C】

『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』1月4日(月)東京ドーム大会で、『SUPER J-CUP 2020』優勝者のエル・ファンタズモと対戦する高橋ヒロム選手に直撃インタビュー!

そして、その先に待ち受けるIWGPジュニアヘビー級王者・石森太二についても言及!

撮影/中原義史

★【重要なお知らせ】1月4日(月)、1月5日(火)東京ドーム大会のチケット販売は、12月29日(火)をもって“販売終了”となります

■『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』
2021年1月4日(月) 15:00開場 17:00試合開始
東京・東京ドーム
☆チケット情報☆対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」は完売となりました。

2021年1月5日(火) 15:00開場 17:00試合開始
東京・東京ドーム
☆チケット情報☆対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「バルコニースタンド」は完売となりました。

★『バルサン presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』特設サイトはコチラ!


■優勝決定戦の相手がデスペラードで良かったなと。そして、この10人で良かったなと思いましたね。この10人だからこそ見せられた『BEST OF THE SUPER Jr. 27』だった

――さて、ヒロム選手。東京ドームへの話を伺っていく前に、いまテーブルに並べられている雑誌は?

ヒロム これは今週発売の『週刊プロレス』(ヒロム選手が表紙の『週刊プロレス』12月30日号)、そして高橋ヒロム初の単独スタイルブック(『HIROMU BOMB!!!』)ですよ!

――なるほど! 初の単独スタイルブックの仕上がりはいかがですか?

ヒロム 最高ですよ(ニヤリ)。これを買わない人間はこの世にいないんじゃないですか? たぶん80億冊ぐらい売れちゃって生産が追いつかないんじゃないかなって心配ですよ。

――そして、『週刊プロレス』では『BEST OF THE SUPER Jr. 27』優勝のシーンが表紙となっていますが、『SUPER Jr.』優勝して東京ドームのカードも決まりました。

ヒロム まず、『SUPER Jr.』を優勝して東京ドームっていうより、一つ一つっていう感じですよ。いまでこそ『SUPER Jr.』が終わって東京ドームっていう気持ちになれてますけど、『SUPER Jr.』中は東京ドームのことなんて一切考えられなかったですから。

――目の前のことに集中されていたわけですね。

ヒロム この『SUPER Jr.』を優勝しないと次が生まれない。『SUPER Jr.』を優勝しないと何も始まらないと思っていたので、『SUPER Jr.』が終わってやっと東京ドームっていう感じですね。

――2年ぶり2度目の『SUPER Jr.』優勝のご感想は?

ヒロム もちろん、うれしい以外の言葉なんてないですし、うれしい以上の言葉があるんだったら教えてもらいたいぐらいですよ。なんなら新しいヒロムちゃん言葉を作っちゃおうかなっていう気持ちですけど、やっぱり単純にうれしいですし、優勝決定戦の相手が(エル・)デスペラードで良かったなと。そして、この10人で良かったなと思いましたね。この10人だからこそ見せられた『BEST OF THE SUPER Jr. 27』だったなと。

――『SUPER Jr.』はどの公式戦も大激闘で、優勝決定戦ではヒザに集中攻撃を受けたなかでの勝利でしたが、東京ドームへ向けて現在のコンディションはいかがですか?

ヒロム もう“完全完治”ですよ(キッパリ)。やっぱり、「つねにアドレナリンを出してる」っていうのが大事なことなのかなと。っていうか、『SUPER Jr.』を優勝して、たった4日後で新しいシリーズが始まるって意味がわからないじゃないですか。

――過密な大会日程ですよね。

ヒロム 正直に言いますよ。もう「狂ってるな」と。ただ、「この狂ってるスケジュールだからこそ、高橋ヒロムという男は活きるんだな」とも思いましたね。だから、逆に怖いのは(年内最終戦の)23日以降ですよね。ここで一回スイッチが切れてしまって、次の試合がいきなり東京ドームっていうのが一番難しいなと。そこが一番怖いところですよ。

――なるほど。

ヒロム 正直、メチャクチャ身体もキツいですし、大変なのは全選手が一緒なので、そこに関しては「キツい」「ツラい」「痛い」としか言わないです。ただ、こうやって『SUPER Jr.』からずっと連戦できてるからこそコンディションを維持できてますし、アドレナリンを出せているから痛みも飛んでるんですけど、23日が終わったあとにきっと痛みが出てくるんですよね……。まあ、そこからが本格的な痛みとの闘いになってくると思いますよ。

――23日以降、東京ドームまでどうやってモチベーション、コンディションを上げていけるかがカギということですね。

ヒロム そうです。そこが一番の敵だなと思いますね。

■その強さっていうのがよくわらないっていう部分が一番の脅威ですね。自分のなかに持ってるプロレスの型みたいなのがないんじゃないかなっていう怖さはありました

――そして、2021年開幕戦の相手は、『SUPER J-CUP 2020』覇者のエル・ファンタズモ選手となりましたが、『SUPER Jr.』優勝直後になぜ『SUPER J-CUP』覇者への対戦を要求されたんですか?

ヒロム まず、『SUPER Jr.』の開催が決定したあとに「アメリカでも『SUPER J-CUP』をやります。ジュニアで一番強い男を決めます」と。「オイオイ、ジュニアで一番強い男が何人いるんだ?」って話じゃないですか。ただでさえ、一番強い男はIWGPジュニアヘビー級チャンピオンの石森(太二)選手ですよ。そのなかでも「ジュニアで一番強い男を『SUPER Jr.』で決めます」っていうのはわかりますけど、さらに、「『SUPER J-CUP』で決めよう」ってなったら「ジュニアで一番強い男は何人いるんだ?」と。

――現段階では3人いることになりますね。

ヒロム 「それだったら誰が一番強いのかハッキリさせたい」っていう気持ちは開幕の前からありましたね。俺が優勝した時に言う相手は石森であるべきなのか、『SUPER J-CUP』覇者とやりたいっていう言うべきなのかっていう葛藤はずっと自分のなかでありましたけど、これに関しては優勝しなければ言う権利がないわけですよ。

――おっしゃる通りです。

ヒロム これを言う最低条件が優勝っていう、かなり大きな条件でしたけど、それは開幕前の話であって開幕してからは一切そういうことを考えてなかったので、優勝してふと思い出したっていう感じですよ。あの瞬間に、「俺と闘うべき相手は『SUPER J-CUP』の覇者だ」という言葉が出ましたね。

――その『SUPER J-CUP』はエル・ファンタズモ選手が2連覇をはたしたわけですが、試合はご覧になりましたか?

ヒロム もちろん、新日本プロレスワールドで全試合を観ましたけど、1Dayトーナメントですよね。あれはキツいですよ。俺はてっきり「どの選手も1回戦、2回戦っていうのはなるべく早く決着をつけるような闘い方をするんじゃないかな?」って思ってたんですけど、結構じっくりと闘ってきた中で3試合なので、あれは凄いなと思いましたね。

――厳しい試合を1日3試合しての優勝というのもかなり過酷ですよね。

ヒロム 自分たちは『SUPER Jr.』でリーグ戦を連戦で闘ってきましたけど、俺たちは俺たちでキツい闘いをしたし、向こうは向こうで優勝する人間は1日3試合を闘わなければいけない。一回も負けられない中で優勝するっていうのは凄いなと素直に思いましたよ。

――試合をご覧になって、ファンタズモ選手の強みや脅威というのは?

ヒロム まあ、『SUPER J-CUP』を優勝してるわけだから強いんでしょうけど、その強さっていうのがよくわらないっていう部分が一番の脅威ですね。何を考えてるかわからない、何をしてくるかわからないっていうのは感じましたよ。

――予測不能だと。

ヒロム ええ。試合を観てても、歴代のBULLET CLUBのリーダー格であるAJスタイルズのスタイルズクラッシュとか、ケニー・オメガの片翼の天使を出そうとしたり、彼にとって「俺の技でいく」とか自分のなかに持ってるプロレスの形というか、型みたいなのがないんじゃないかなっていう怖さはありましたね。

■『SUPER Jr.』が強いのか、『SUPER J-CUP』が強いのか、俺は単純にそこの闘いだと思ってます

――たしかに、『SUPER J-CUP』でも勝ち方がバラバラでしたよね。

ヒロム そうなんですよ。普通に闘って勝ったり、反則絡みで勝ったり、技へのこだわりというかそういうものがあまりないのかなと。その何をしてくるかわからない具合が怖いと思いましたね。ただ、俺も何をするかわからないっていう同じような部分の武器を持ってますけど、なんか似たような感覚なのかなと。

――ご自身とタイプが似ていると。

ヒロム だから、「俺と闘う選手はみんなこういう気持ちだったのかな」ってちょっと思いましたね。なんかそれぐらい自分のなかで「どう対策を練ったらいいのか?」「いや、もしかしたら対策を練る意味がない選手なのかな?」と思ったりもしましたね。なので、現時点ではもうリングで対峙した時に感じるモノで闘った方がいいのかなっていう考えですね。

――しかも、シングル初対決ですよね。

ヒロム シングル初対決ですし、自分が闘ったのってたしか今年1月6日(大田区大会)の4WAYタッグマッチで、あんなの触れたうちに入らないですよ。

――ちなみに、ファンタズモ選手の『SUPER J-CUP』1回戦の相手は、元WWEのリオ・ラッシュ選手でしたが、ヒロム選手としては気になる存在であったと。

ヒロム もちろんですよ。自分の中では注目してましたね。ただ、「1回戦でリオ・ラッシュvsエル・ファンタズモを持ってくるのか!」っていう驚きはありましたよ。そして、この1回戦が終わった時にはどっちかがいなくなると。こんな残酷なトーナメントはないなと思いましたね。

――リオ・ラッシュ選手はかなり評価をされてますか。

ヒロム 凄いですよ。タイプで言うと、現IWGPジュニアヘビー級チャンピオンの石森に似てるんですよ。小柄なんですけどパワーもあって、とにかくスピードがズバ抜けてるんですけど、俺がいままで闘ってきた中で一番スピードがありましたね。

――いつ頃、対戦されたんですか?

ヒロム 海外遠征時代にROHでやったんですけど、4、5年も前の話なので、あの当時のことは参考にならないと思いますよ。俺が持ってるデータはあそこで止まっているので、いま闘ったらまた別の印象だと思うんですけど、なによりもスピードがズバ抜けてますよ。

――リオ・ラッシュ選手も今後闘ってみたい相手であると。

ヒロム やっぱり興味はありますね。あのトーナメントの中で個人的に注目してたのはファンタズモ、リオ・ラッシュですし、あとTJPとACHを1回戦で当ててきたのもビックリしましたね。決勝でやっててもおかしくないようなカードを1回戦で持ってきたんですから。

――では、あらためて1月4日のファンタズモ戦へ意気込みをお願いします。

ヒロム まず、「ハッキリしたい」っていう気持ちはありますよ。『SUPER Jr.』が勝つのか、『SUPER J-CUP』が勝つのかっていう部分もありますし、俺としてはアメリカでジュニアが盛り上がってる。日本でも盛り上がってる。これは最高じゃないですか。今回のこの形、俺は好きですね。

――たしかに日本でもアメリカでもジュニアが盛り上がってますね。

ヒロム ただ、そのなかでも「俺が一番なんだ!」っていう意地の張り合いを自分たちはずっとやってきたので、今回の闘いもその延長戦ですよ。『SUPER Jr.』が強いのか? 『SUPER J-CUP』が強いのか? 俺は単純にそこの闘いだと思ってます。で、その先に待ってるのが1月5日のIWGPジュニアヘビー級選手権試合だなと。

■(石森は)パワーもスピードもズバ抜けてますし、欠点がないっていうのは悔しい部分ですよ。

――その1月5日に待ち受けているIWGPジュニアヘビー級王者・石森太二選手をどのようにご覧になってますか?

ヒロム なんのスキもないですよ。完璧だなと思いますよ。っていうか、完璧すぎるんですよ。だからこそ、毎試合どう攻略すればいいのか難しいんですけど、「やっぱり真正面から当たっていくのが一番の攻略法なのかな」と、このまえの(11.15)愛知県体育館の試合で思いましたね。

――それぐらい石森選手は盤石ですか?

ヒロム ホントにスキがないのでいろいろ考えましたし、いろいろと過去の映像とかも観たんですけど、やっぱり凄いですよ。パワーもスピードもズバ抜けてますし、欠点がないっていうのは悔しい部分ですよ。

――ベタ褒めですね。

ヒロム これを褒めると捉えるのかは聞いてる皆さんにお任せしますよ。

――逆に言えばやりがいはありますよね、

ヒロム そうですね。だから、やってて楽しいんですよ。

――では最後に、来年の東京ドーム2連戦、そして2021年への意気込みをお願いします。

ヒロム 俺は常日頃から全力ですし、「2021年はこうしてやろう」みたいなのはとくにないので、いつでも全力でプロレスを楽しみ、そして皆さんにプロレスを楽しんでほしい。正直、「そろそろ歓声を聞きたいな」「やっぱり足りないな」って思いますよ。

――歓声に飢えていると。

ヒロム ええ。優勝決定戦も含めて「今回の『SUPER Jr.』でもし歓声があったら、どんな世界になっていたんだろう?」って毎試合、考えちゃってましたね。だからこそ、来年は歓声が欲しいなと。「なによりも欲しいのは歓声だな」と思いましたね。

――ある選手は「ヒロム選手にとって歓声はガソリン」ということもおっしゃってました。

ヒロム おっしゃる通りですよ(ニヤリ)。そこは間違いないです。ガソリンを入れた俺がどれだけ凄いことになるのかって楽しみですよ。だから、結局『SUPER Jr.』が終わったあとに言った言葉がすべてですよ。俺たちが必死に試合をすることでみんなに元気を与え、いまは拍手しかできないですけど、みんなが拍手を送ることでこっちは元気をもらってると。俺はどんなことがあっても、いまのジュニア、そして新日本プロレスが好きだと。その言葉がすべてですよ。そして、いま生きている人間にしか乗り越えられない時代を乗り越えたうえで早く歓声をくれ! もうそれしかないですよ。

――この苦境をファンとともに乗り越えた先に歓声が待っていると。

ヒロム だから、2021年も何がどうとかじゃなくて、俺は常日頃からただプロレスを全力で楽しんで、そして結果を出すだけなので、それに歓声が加わった時、俺は“完全究極体ヒロムちゃん”になりますよ(ニヤリ)。

 

★【重要なお知らせ】1月4日(月)、1月5日(火)東京ドーム大会のチケット販売は、12月29日(火)をもって“販売終了”となります

■『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』
2021年1月4日(月) 15:00開場 17:00試合開始
東京・東京ドーム
☆チケット情報☆対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」は完売となりました。

2021年1月5日(火) 15:00開場 17:00試合開始
東京・東京ドーム
☆チケット情報☆対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「バルコニースタンド」は完売となりました。

★『バルサン presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』特設サイトはコチラ!

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ