• 2020.11.21
  • #Media
“支配者”オーカーンに直撃インタビュー(後編)! THE EMPIREの上下関係は? モンゴリアンチョップの“違い”とは? EVILとの初遭遇にも言及!!


 
前回のインタビューが話題沸騰! 引き続き、『WORLD TAG LEAGUE 2020』では、“X”ことジェフ・コブとの新生コンビで旋風を起こしている“ドミネーター”グレート-O-カーン選手。

インタビュー後編は、さらにディープな実像に直撃! THE EMPIRE入りに関して、「天山とは違う」モンゴリアンチョップや独特すぎる技の秘密、さらに“怪奇派”対決として話題を集めているEVILとの対戦にも言及!

撮影/山本正二

※このインタビューは『WORLD TAG LEAGUE』開幕前に収録。

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、インタビューの「序盤部分」をWEBで無料公開! 
 

■あくまでTHE EMPIREは“同盟”だからな。余が誰かの下につくなど、これほど屈辱的なことはない。


――さて、オーカーン選手。後半はあらためて、今回の凱旋についてくわしく伺いたいんですが……。

オーカーン(さえぎるように)オイ、貴様! 凱旋ではなく、“新日本侵略”だと言っておろうが! 何度言ったら、わかるのじゃ!

――これまた失礼いたしました……。近年のレスラーが帰ってきたときは、本隊、CHAOS、BULLET CLUB、L・I・Jなどに所属するのが通例となっています。オ-カーン選手も既存のユニットへの加入を考えたことは?

オーカーン 既存のユニット? 余がそんな“愚レスラー”のような浅はかな考えをするわけがなかろう! よいか? そもそも我々、“THE EMPIRE”はリーダーこそ(ウィル・)オスプレイだが、ここに上下関係はないのだ。

――オスプレイ選手とオ-カーン選手の関係性はあくまでイーブンだ、と。
 
オーカーン そうじゃ。あくまでTHE EMPIREは“同盟”だからな。余が誰かの下につくなど、これほど屈辱的なことはない。まさに笑止千万、腹切りものじゃっ!

――オ-カーン選手のスタンスはよく理解しました。では、THE EMPIREはご自分にとって理想的なユニットということでしょうか?

オーカーン フフフ。まあ、いまのところ、新日本の支配に最も近く、余の理想にも近いユニットじゃろうな(ニヤリ)。

■だいたい、余のことをとやかく言う輩は、入場だけしか観ていないのではないか? 薄っぺらい感想しか述べられない愚民どもが!


 
――オ-カーン選手はレスリングをはじめとした輝かしいバックボーンを持ち、いわゆる正統派を歩む道もあったと思います。それがイギリスに渡られてからは……。

オーカーン ム? 何が言いたいのじゃ?

――かなり振り切った姿でのスタイルチェンジされて……。現在のような怪奇派への変更には、どんな考えがあったのでしょうか?

オーカーン 怪奇派だと……! オイ! まず、貴様に逆に問う! 何をもって正統派なのだ? 何をもって怪奇派なのだ?

――ご本人の中でそういったカテゴリーでわけていないと。

オーカーン そもそも大前提として、プロレスラーになる以前の余はプロレスというものをまったく知らなかった。そんな余が、なぜ新日本プロレスに来たか……? それはアマチュアで闘う相手がいなくなったからじゃ。

――そうだったんですね。

オーカーン 「このリングに立てば、おもしろそうなヤツがゴロゴロいるな?」と感じたからこそ、その垣根をまたいだまでじゃ。

――そしてプロデビューを経て、この姿にたどり着いたと。

オーカーン いまの余の姿を見て、愚民どもは「奇抜なキャラクター」だとか「昭和チック」だとか、好き放題ほざいておるようだな? 何を言われようが、これが余のスタイル、正真正銘の姿! それ以外に答えなどない!
 
――ご本人の中で、どう観られようが関係ないと。

オーカーン まあ、怪奇派などと勝手にカテゴリーされて、腹立たしい部分はある。そんなことをほざく愚民の唇を、片っ端から余はこの手のひらにキスをさせ、握りつぶしてやりたい気分じゃ! だいたい、余のことをとやかく言う輩は、入場だけしか観ていないのではないか? 薄っぺらい感想しか述べられない愚民どもが!

――布で顔面を覆い、怪しげな動きで入場する姿は不気味ではありますけど。

オ-カーン あの入場にしろ、一つ一つにちゃんと意味があるのだ! それを貴様を含めた愚民どもはその小~さい小さい脳ミソで、一生懸命考えろ! まあ、余の崇高すぎる戦略を理解するには、到底考えが及ばないだろうがな!

■余の磨き上げられたモンゴリアンチョップを、老いぼれの天山ごときのそれと比べること自体、片腹痛し!


――オーカーン選手の堂々とした体躯は昔のレスラーを彷彿とさせます。最近の新日本の選手はグッドシェイプ、かつイケメンタイプの選手が増えていますけど、そのへんはいかがですか。

オーカーン ククク。まったくもって、どうでもよい! 愚民どもに求められたいと思うのであれば、応えたいレスラーが応えればいい。だが、そんないい子ちゃんぶってカッコつけた輩どもが、真のプロレスラーと名乗れるのか?
 
――オ-カーン選手からすると、信条が違うということですね。

オーカーン 街行くヤツらに、余とそれらのカッコつけた輩の写真を並べて、「どっちがプロレスラーらしいか?」と聞いてみるがよい。答えはおのずから決まっておろうが……!

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 
★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込)

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ