• 2020.6.22
  • #Media
『“シン・新日本プロレス”が生まれた時代』第10回「まさに“レインメーカーショック”! オカダがIWGPヘビーを24歳で初戴冠! 旗揚げ40周年イヤーに“ブシロード新体制”へ!!」

ここ数年で劇的な“V字回復”を遂げたことで知られている現在の新日本プロレス。しかし、その“復活”に至る道程には、いったい何が推進力となり、どんな選手が活躍したのか?

その過程を最前線で随時見届けてきた“GK”金沢克彦氏が2010年代からの生まれ変わった“シン・新日本プロレス”に至る歴史を紐解く集中連載! いよいよブシロード体制へ移行、そして衝撃のレインメーカーショック!

文/金沢克彦

 

スマホサイト会員の方はコチラから! 

※以下、金沢克彦氏「シン・新日本プロレスが生まれた時代」第9回の序盤を無料公開!

■オカダは一夜明け会見に外道とともに乱入。太々しい態度で再度IWGPヘビー級王座への挑戦を要求し、半ば強引にタイトルマッチを決めてしまった。


2012年の1.4東京ドーム。メインイベントのIWGPヘビー級選手権で鈴木みのるを下してIWGP防衛レコードⅤ11を達成した棚橋弘至に、この日の第3試合に組まれた凱旋マッチを白星で飾ったオカダ・カズチカが宣戦布告。

大観衆は一斉にオカダへブーイングを浴びせ、棚橋の「IWGPは遠いぞ!」のひとことに喝采を送った。プロレスファンの気質を考えれば、当然の現象だろう。

「顔じゃない!」

だれもが、そう思った。この時点でヒール扱いされたオカダは、さらに大胆な行動に出る。翌5日の一夜明け会見で棚橋がコメントを発している最中に、マネージャーの外道とともに乱入。太々しい態度で再度IWGPヘビー級王座への挑戦を要求し、半ば強引にタイトルマッチを決めてしまった。

その舞台は、2月12日、大阪府立体育会館。西のプロレスの聖地である。両選手のタッグマッチによる前哨戦は、1.25福島・白河大会を皮切りに、2・10大阪・世界館大会まで9試合組まれている。

その最中、新日本プロレスにとって、いや日本プロレス界にとってビッグニュースが舞い込んできた。1月31日、都内・信濃町の明治記念館で、新日本の新体制に関して大々的な記者会見が行なわれたのだ。

■6年2カ月のユークス子会社体制にピリオドを打ち、新日本は旗揚げ40周年の節目にブシロード体制で新たなスタートを切ることになった


この31日付けで新日本プロレスリング株式会社の親会社が株式会社ユークスから株式会社ブシロードへと移行、新体制となったことが発表された。

会見には、ユークスの谷口行規代表取締役社長、ブシロードの木谷高明代表取締役社長、新日本の菅林直樹代表取締役社長と坂口征二相談役、さらに新日本の全選手がそろった。

6年2カ月のユークス子会社体制にピリオドを打ち、新日本は旗揚げ40周年の節目にブシロード体制で新たなスタートを切ることになったのだ。

「世界一のレスリングカンパニーを目指して、みんなで頑張っていきたいと思います!」

木谷社長(新日本プロレス会長に就任)はそう宣言した。有言実行。実際に2012年、ブシロードは新日本の宣伝広告費に約3億円を投入した。

それによって新日本プロレスと所属選手たちの顔が、一般に顔を出す機会が格段に増えた。さらに時代の先端をいったのが、動画配信システムを確立させたこと。

約1年の準備・制作期間を経て、新日本とテレビ朝日の共同開発事業として、2014年12月から『新日本プロレスワールド』の配信をスタートさせたのだ。
パソコンでもスマホでも、つねにプロレスをリアルタイムで観戦できる環境。また、過去のコンテンツも豊富にそろっている。

いま現在、『新日本プロレスワールド』の視聴者は、世界中で10万人を超える会員数をもっている。

ブシロード体制となってから3年、新日本プロレスは劇的Ⅴ字回復を果たし、プロレスブームという言葉とプ女子(プロレス女子)なる言葉を世間にとどけるまでに復活を遂げた。

それが新日本プロレス新時代を支えるハード面だとしたら、ソフト面……つまりプロレスラーという人材を代表する男がオカダ・カズチカとなった。

■連日行なわれる棚橋とのタッグ前哨戦を通して、ファンの見る目も、マスコミの見る目も、1.4東京ドームの凱旋試合のときとは、変化してきた


オカダがCHAOSに入ったことも正解だった。口八丁手八丁の外道がマネージャーに付き、先輩として手本になるべき男も数多くいた。中邑真輔、矢野通、石井智宏、高橋裕二郎と試合巧者がズラリ。

連日行なわれる棚橋とのタッグ前哨戦を通して、ファンの見る目も、マスコミの見る目も、1.4東京ドームの凱旋試合のときとは、変化してきた…。


スマホサイト会員の方、全編はコチラから!


★『“シン・新日本プロレス”が生まれた時代』第9回「内藤との名勝負数え唄がスタート! 王者・棚橋がついに“V11”達成! “凱旋帰国”オカダにファンが拒絶反応!?」



★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ