• 2020.6.21
  • #Media
【『令和時代の新日本ジュニア』SHO編】「鷹木が成し遂げられなかった『SUPER Jr.』優勝を達成する!」“運命の人”YOHとのシングル戦も熱望!!

『令和時代の新日本プロレスジュニア』は、 新日本ジュニア戦士たちの“本音”に迫るインタビュー集中連載! 

 今回は、ROPPONGI 3KのSHO選手が登場! 今年の『SUPER Jr.』に賭けていた想い、ヘビー級に転向した鷹木信悟への気持ち、さらにパートナー・YOHとは闘いたい? ジュニアについて直撃!

 撮影/タイコウクニヨシ

※このインタビューは『NEW JAPAN CUP 2020』エントリー発表前の6月1日に収録。


スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、SHO選手インタビュー(前編)の序盤を無料公開!

■自分はヘビーとジュニアは“強い級”と“弱い級”ではないと思ってるし、ただ階級の違いというだけで


――エル・デスペラード選手、YOH選手、高橋ヒロム選手の順に話を伺ってきた『令和時代の新日本ジュニア』ですが、トリとしてSHO選手に登場してもらいます。

SHO  最後が自分でいいんですかね? というか、「アレ? なかなか自分の出番が来ないな」とは思ってました。むしろ「チャンピオンの高橋ヒロムが出たし、自分はナシかな?」って思ってたくらいで(苦笑)。

――万を持してということで(笑)。まず、新型コロナの影響により、5~6月に開催予定だった『BEST OF THE SUPER Jr.』が一旦見送られましたが、率直なお気持ちは?

SHO 去年の『SUPER Jr.』が終わった段階で「来年こそは!」っていう思いで、この一年間を過ごしてきたので、「マジか!?」っていうのはありました。ただ薄々、厳しいだろうなと思ってましたけど。

――プロレスをはじめ、さまざまなイベントが中止となっていましたから。

SHO やむを得ないにしろ、楽しみにしていたぶん、正式な発表を聞くとショックでしたね。ただ、延期してでも年内のどこかでやってほしいです! いま自分はジュニアタッグのベルトを持ってることもあり、これを逃したらシングルをやる機会もなかなかなさそうなんで。今年中に、2020年の『SUPER Jr.』のチャンピオンを決めたいですね。

――2020年はある種、ジュニアの転換期だと思います。ジュニアの象徴だった獣神サンダー・ライガーさんも引退されましたし、去年の『SUPER Jr.』のファイナリストであるウィル・オスプレイ選手と鷹木信悟選手もヘビーに転向して。

SHO ハイ。正直、その二人がジュニアにいないことへの、もどかしさみたいなものはありますね。オスプレイが連覇を狙って、また出場する可能性は低いでしょうし。

――同じCHAOSであるオスプレイ選手は昨年、二つの階級を股にかけて活躍し、今年2月にザック・セイバーJr.選手からブリティッシュヘビーのベルトを奪取すると、正式にヘビー転向を宣言しました。

SHO ただ、単純に体重が100キロを超えたなら、ヘビー級転向は「止むを得ない」と思います。ただ、ヘビーのほうが強くてジュニアのほうが弱いから、100キロ未満でもアッチに転向するってなると「ちょっと待ってくれ」とはなっちゃいますね。自分はヘビーとジュニアは“強い級”と“弱い級”ではないと思ってるし、ただ階級の違いというだけで。

――体重の数値で区別されているだけだ、と。

SHO ハイ。格闘技の場合は公平に争うという部分で階級はわけられてるものですけど、新日本のリングの場合はそれよりも、ジュニアは“別物”として、ヘビーに見せられない戦いを繰り広げられると思っているので。だから、オスプレイは単純にジュニアとは“別物”であるヘビーの戦いをしたいってことなのかな、と思ってますけど。

――そのオスプレイ選手は近年の新日本ジュニアシーンを引っ張ってきました。

SHO そうですね。ここ数年の新日本のジュニアの代名詞であり、プロレスを知らない人に「新日本ジュニアはこういう戦いだ」っていうのを説明するのに適任だったというか。だから、ヘビーに戦場を移すのはちょっとくやしいですね。

――複雑な思いはあるわけですね。

SHO でも、もし100キロないのであれば、今年も『SUPER Jr.』に出てもらっても全然いいと思いますし、出たとしてもオスプレイがまた優勝するとはかぎらないので。オスプレイにかぎらず、いまヘビーで戦ってて100キロない選手は、『SUPER Jr.』参戦にドンドン声を上げてもらってもいいと思います。

■鷹木信悟が『SUPER Jr.』に出ないなら、準優勝の記録だけが残る。自分はキャリアの中で、鷹木信悟ができなかった優勝というものを目指したいですね


――もうひとりの昨年の『SUPER Jr.』ファイナリストである鷹木選手は、SHO選手もかなり意識してやり合ってきた相手ですよね(※このインタビューは『NEW JAPAN CUP 2020』での対戦決定前に収録)。

SHO ええ。彼こそ、100キロいってるかも知れないですね(笑)。いま、NEVER無差別のベルトを巻いてるのは素直にすごいと思います。その無差別のベルトは150キロでも、70キロでも挑戦ができて、そういう枠にとらわれない戦いが見られるのが、NEVERのいいところというか。

――SHO選手は鷹木選手がNEVERを巻く以前から、あのベルトへの興味を示してましたよね。

SHO ハイ。もともと自分は無差別級の試合が好きなんで。そのベルトをあの男が、いま巻いてる、と。

――昨年の5.13仙台の『SUPER Jr.』公式戦で、SHO選手は鷹木選手と好勝負を繰り広げました。最近、その鷹木選手が持ってるベルトに対し、エル・デスペラード選手やエル・ファンタズモ選手など、ほかの選手も注目していることについては?

SHO いいと思いますよ? ベルトの価値が上がったってことなので。それも鷹木信悟がチャンピオンだからというか。デスペラードたちが名乗りを上げるのも、鷹木が去年は同じジュニアでやってたからだと思いますし。

――ジュニアでやっていたからこそ、ジュニア選手の視界に入りやすいのかも知れませんね。

SHO ええ。そもそもNEVERっていうのは階級関係なく、バッドラック・ファレvsチーズバーガーみたいな本当に無差別なカードも見られるベルトだと思うので。

――156キロ vs 62キロでも実現可能と。

SHO そうなりますね。ファレvsチーズバーガーは、一回観てみたいですけど(笑)。

――ちなみにデスペラード選手はNEVERを獲ったら「男女差別をなくす」と発言してましたね、女子プロレスラーの挑戦も受ける、と。

SHO それもまた新しい発想ですね。いま時代が時代なので、NEVERは誰もが狙えるベルトでいいと思いますけど。

――昨年の鷹木vsSHOは「ファンが選ぶ! 2019年度の新日本プロレスベストバウト」でも第4位となりましたが、あらためて鷹木選手というレスラーの印象は?

SHO 映像を見返しても、「やっぱり強いな!」と思います。あのときの『SUPER Jr.』の公式戦を全勝するだけあるなって。でも、鷹木信悟は優勝はできなかったから、今年は彼が成し遂げられなかったことを、自分が達成したいと思っていて……。

 


※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

【『令和時代の新日本ジュニア』高橋ヒロム編(前編)!】「『SUPER Jr.』は中止じゃない。やることに意味がある」! 闘いたいランキング1位は“あの男”!? SHOの“強さ”を認めつつも「なんで心が弱いんだろう?」



★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ