• 2020.6.2
  • #Media
BUSHIが語る怒涛のL・I・Jヒストリー(前編)! 加入の相談に「最初、内藤は拒否気味だった」!?「デ・ハポン」は会議で決定!? “同期”SANADAとの深い繋がりとは?

メキシコから帰国した内藤哲也の“制御不能化”から約5年。ユニット結成から約4年半が経過したL・I・J。その怒涛のヒストリーを、チームの司令塔と言われる“オリジナルメンバー”BUSHIが振り返る特別インタビュー!

前編は、BUSHI選手のユニット加入時の秘話、なんとユニット名は3人の会議で決定!? 全日本プロレスの同期だったSANADA加入話など、秘蔵トークをたっぷりお届け!

プロフィール写真提供/BUSHI選手

 

スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、BUSHI選手インタビュー(前編)の序盤を無料公開!

■L・I・Jの潤滑油? そう言われるんですけど、俺自身はとくに何か考えがあるとかじゃないんですよ。ただ、自然とそうなったってだけで


――今回はBUSHI選手の目から見たロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(以下、L・I・J)のヒストリーを伺えればと思います。

BUSHI へえ、L・I・Jの中でどうして俺なんですかね?

――内藤哲也選手が15年5月にメキシコからロス・インゴベルナブレスを持ち帰り、L・I・Jを始動させたのが同年の11月でしたが、BUSHI選手はそのオリジナルメンバーとして、ずっとユニットの変遷を見てきたというか。

BUSHI ああ、なるほどね。そうか、ユニットとしては4年半経ったんですね。

――この期間は、長く感じますか?

BUSHI 4年の時はあっという間にも感じるし長くも感じますね。それだけ一年を通して数日のオフを除けば一緒に行動をともにしている時間が長いですからね。

――充実していた、と。それとBUSHI選手はL・I・Jのほかのメンバーとさまざまなつながりがあり、“L・I・Jの潤滑油”と称されることも多いので、客観的に語ってもらえるんじゃないかなと思いました。

BUSHI たしかにそういうふうに言われるんですけど、俺自身はとくに何か考えがあるとかじゃないんですよ。ただ、自然とそうなったってだけで。

――ムードメーカーというか、性格的なものなんですね。内藤選手は以前、L・I・Jで食事がてら話し合いをするときなど、BUSHI選手が場所を用意する点を踏まえて「BUSHIはL・I・Jのお母さん的存在」と発言していて。

BUSHI ああ(笑)。でもまあ、潤滑油って言っても、べつに俺は意見を交通整理するわけでもないし。というか、みんな各々が自分の考えを持ってますけど、俺らはそれで割れたりするってこともないんで。そういえば最近、ちょっと意外に感じたのが、『週刊プロレス』でメンバー6人の座談会を初めてやったんですけど、その記事を見たときに「俺、こんなにしゃべってんだ?」っていう(笑)。

――そういう自覚がなかったと。あと、L・I・Jを新日本のほかのユニットと比べたときに、唯一脱退したメンバーがいないんですよね。そのへんはどう分析されますか?

BUSHI たしかにウチは辞めたメンバーっていないですね、なんでだろうな……。ひとつ言えるのは、外から見れば内藤哲也が中心に見えるんでしょうけど、L・I・Jにはリーダーがいないっていうことで。だから、上からの縛り付けみたいなものがとくにないし、個々が自由にやってるからこそ、裏切りがないのかなって気はしますね。

――たしかに内藤選手も常々「L・I・Jはそれぞれが競い合うユニット」と言っていますね。

BUSHI その空気感が、みんなも居心地いいんだと思いますよ。本隊にいた頃は、タッグを組む相手も日によって変わってましたけど、L・I・Jは少数精鋭なんで、そういう面でもやりやすさは感じますね。

■「一緒にやりたい」という話をした時、最初は内藤は拒否気味だったんですよ。きっと、コッチの覚悟を伺ってたんでしょうね。


――ここからはL・I・Jの歴史を辿っていきたいと思います。そもそも、内藤選手が15年5月にメキシコからLOS INGOBERNABLESとして帰国した当時、BUSHI選手は長期欠場中でした。

BUSHI ああ、そうでしたね。

――14年12月の試合中、BUSHI選手はリングに首から落下して担架で運ばれ、のちに急性硬膜外血腫、脊髄震盪、第12胸椎骨折と診断されます。その後、15年の8.16両国で復帰戦が決まったものの、それも練習中のケガにより見送りとなって。

BUSHI ……。

――そして、15年の11月21日の『WORLD TAG LEAGUE』開幕戦で、欠場中だったBUSHI選手は内藤&EVIL組のセコンドとして予告なしに登場し、場内はどよめきに包まれました。

BUSHI その大会で最初、俺は復帰戦のカードが組まれてたんですよね(BUSHI&マスカラ・ドラダvs小松洋平&田中翔)。でも、その前日に俺は会社に「出場できない」って一方的に連絡をして。

――そして、内藤選手たちに合流した、と。この時のことに関して、内藤選手は「オフに東北に行く用事があって、その帰りの新幹線でBUSHIから連絡が来た。それで上野駅近くの喫茶店で会ったら『一緒にやりたい』と持ちかけられた」と発言しているんですけど……。

BUSHI そのとおりですよ、何も盛ってないです(笑)。たしか、11月の大阪大会の前日だったんじゃないかな?

――11.7大阪府立の前日だ、と。その日はEVIL選手が新日本初のシングルとして後藤洋央紀選手と対戦しますが、試合終盤にそのシリーズを欠場していた内藤選手が乱入して。

BUSHI そうそう。俺が内藤と会ったのは、忘れもしない上野の『星乃珈琲』ですよ。当時、欠場中に内藤の試合を観ていて「おもしろいことやってるな」って思ってたんですよね。観客からのブーイングにもお構いなしで好き勝手にやっている自由な振る舞いを見せていて、そこに惹かれたというか。

――本隊時代の内藤選手とはまた違った、と。

BUSHI 10月の両国から内藤のパレハとしてEVILも加わり、二人の注目度が高まっていて。俺としてもこれからの動向が気になったんで、内藤とはそういう話もしましたね。そもそも、俺はそれ以前にメキシコで、LOS INGOBERNABLESを名乗っていたか不明なんですけど、メキシコでソンブラとルーシュたちの試合を見たことがあって、そのとき、ラ・ソンブラに「おもしろいことやってるね!」って伝えてたんで、もともとソンブラのマスクに興味があったんですよね。そういう中、内藤に刺激を受けて、「俺、このまま普通に復帰しても何も変わらないんじゃないか?」って思ったというか。

――それは自分自身にくすぶりを感じていた部分が?

BUSHI ありましたね、すごく。しかも大きなケガをして「プロレスに向いてないのかな?」とまで思った時期もありましたから。

――そこまで思いつめてたんですね。BUSHI選手が本隊にいた頃は、KUSHIDA選手が叱咤を送っていたイメージはあるんですよね。同じような時期に他団体から新日本に移籍した同世代のジュニア選手として、BUSHI選手に奮起を促していたというか。

BUSHI ああ、そういう言葉にホントだったら気合を入れなきゃいけないのに、当時は気にしないようにしてた気がしますね、どこか目を背けていて。そもそも、俺は全日本プロレスから新日本に戦場を移したときに、「獣神サンダー・ライガー、タイガーマスクを超えるようなマスクマンになる」っていうテーマを抱えてたんですけど、なかなか本隊時代は突き抜けられなかったというか。

――そのBUSHI選手の「一緒にやりたい」という言葉に対して内藤選手の反応は?

BUSHI 最初は拒否気味だったんですよ。

――あ、そうでしたか。

BUSHI きっと、コッチの覚悟を伺ってたんでしょうね。そこで最後に「俺にとってはラストチャンスだと思ってる。コレで無理だったらあきらめる」って伝えたときに……。

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 

★「本来なら、俺がナイトーに挑戦する一番最初のレスラーであるべきなんだ!」“逆襲”のジェイ・ホワイトに直撃インタビュー!!(前編)


★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ