• 2020.3.14
  • #Media
大会中止が続く中、いまこそオカダ・カズチカに直撃インタビュー(前編)! 「2020年はプロレスにとって、もの凄い年になるんじゃないかと思ってる」

新型コロナウィルスの影響で、『旗揚げ記念日』シリーズ、そして『NEW JAPAN CUP』全大会が中止。そんな中、いま日本プロレス界の中心にいるオカダ・カズチカは何を考えているのか?

無観客試合、そして東京ドーム2連戦の壮絶な裏舞台も激白! “レインメーカー”に直撃インタビュー!(前編)

撮影/タイコウクニヨシ

スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、オカダ・カズチカ選手インタビューの序盤を無料公開!

■あらためて道場のリングに立って思ったのは「ああ、自分はこのリング上で生きているんだな」と。


――さて、オカダ選手。新型コロナウィルスの影響で、新日本プロレスも『旗揚げ記念日』シリーズ、さらに『NEW JAPAN CUP』もシリーズごと休止となってしまいました。

オカダ そうですね……。やっぱりさびしいですね。「もう、試合がしたい……!」っていう感じで。ボクは基本、あまり新日本の道場には行かないんですけど、この前、ひさしぶりに道場に行ったんですよ。で、道場にちゃんとリングがあって、そこでリングの上に立った時になんかちょっと違和感と言うか……。

――違和感ですか。

オカダ ええ。いまの時期って、本当はオフではないじゃないですか。試合がなくなった……中止とか延期とか、どういう言い方が正しいかよくわからないけど、とにかく試合がなくなって。でも「オフだ、休もう!」っていう気分にはなれないし、自分の身体やコンディションをどこに合わせていったらいいのかもわからないし。正直……なんていうんですかね。あらためて道場のリングに立って思ったのは「ああ、自分はこのリング上で生きているんだな」と。

――ああ……、なるほど。

オカダ なんかそういうのを凄く感じましたね。道場のリングに立って。なんか「これがないと、やっぱり生きてる気がしないな」じゃないですけど、そういうのを感じましたね。

――すべてはリングありきと。普段のオフは、次の試合への調整期間の意味がありますよね。でも、いまはそこが定まっていないというか。

オカダ そうですね、ハイ。

――なんともモヤモヤするけど、いまはどうにもならないという感じでしょうか。

オカダ そうですね、いまはプロレスだけじゃなく、野球もそうですし、サッカーもそうですし、コンサートもそうですし。こういう状況の中では、人が集まるものの中止や延期はある程度しょうがないのかなと。ウィルスが出てないからいいと判断しても、実施したことで逆に広めていくかもしれないですし。選手がウィルスにかかってしまうことで、選手が運んでいくことになるかもしれないですし。本当にしかたがないと思うんですけど、この休止のぶんをお客さんもそうですし、選手もシッカリと貯めて、またプロレスの素晴らしさだったり、再開した時にプロレスのパワーを再認識できたらいいなと思います。

――いまはその時に向けてという感じで。

オカダ そうですね。だから、いまは貯めて貯めて……ですね。

■個人的にはプロレスに関しては、無観客は一番向いてないのかなと。


――新日本ではかつての東北大震災、数年前には熊本地震の時にも大会中止がありましたけど、ここまで大規模な中止というのは、オカダ選手も経験がないのかなと。

オカダ ないですね。なので、「本当に早く収束してもらわないとダメだな」っていう中で、手洗い・うがいもそうですし、他の人に迷惑をかけないことをシッカリやっていくしかないのかなと。いまはエンターテインメントがドンドン中止になってる一方で、インターネットが凄く身近になっているから、どうやってその埋め合わせをしていくか? 試合にはかなわないですけど、いろんな選手とのコミュニケーションのとり方はあると思いますし、そうやって、いまできることをコツコツやっていくしかないのかなと。

――この状況の中、無観客試合みたいな部分も取りざたされていますが、それについてはどう思われますか?

オカダ う~ん。まあ、「できなくはない」と思います。

――あ、できなくはない。

オカダ でも……。プロレスはやっぱり相手の技を食らいますし、相手の技を受けてナンボの闘いなので。それがお客さんの歓声がない中で受けれるかどうかっていうのがわかんないですね。
 
――そこは密接に関係していますよね。
 
オカダ チョップを胸にバチーンと打たれても、会場がウンともスンとも言わない、お客さんの歓声もない、そんな中でプロレスラーの100の力が出るのかはわからないですし。それでお客さんが満足する試合が……、やっぱりボクらもお客さんの声援に乗せられて“乗る”ことがありますし。ボク自身、「一番いい試合」っていうのは、お客さんの歓声がある試合だと思うんですよね。お客さんの歓声のおかげで、観てる方もより「いい試合だ」と思えるというか。

――試合と声援の相乗効果で、プロレスの凄さがドンドン増幅されていく感じで。

オカダ そうですね。いままでボクが何回かベストバウトを獲った試合を、「それが無観客だったとしてもおもしろいか?」と聞かれたら、全然そんなことはないと思いますし、そこはちょっと……。だから、個人的にはプロレスに関しては、無観客は一番向いてないのかなと。
 

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 

★いま飯伏幸太は何を考えているのか? 大会中止と無観客試合、東京ドームのオカダ戦にも言及!

★棚橋弘至×SHOのスペシャル“初対談”が実現! プロレスラーを目指したキッカケは逸材の一言!

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ