• 2019.12.29
  • #Media
【無料公開!】「今回こそ逆転の内藤哲也を見せてみろ! オカダは虚像のヒーロー。真のMVPはこの俺だ!」IC王者・ジェイが“次期挑戦者”、“IWGPヘビー級王者”を挑発三昧!【WK14C】

『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』1月4日(土)IWGPインターコンチネンタル級選手権で、“挑戦者”内藤哲也を迎え撃つジェイ・ホワイト選手に直撃インタビュー!

“逆転の内藤哲也”発言に対し挑発三昧! MVP受賞のオカダへも苦言! さらには2020年の野望についても言及!

撮影/タイコウクニヨシ

■『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

■俺が史上初の2冠に輝く。もう誰にも俺が“世界最高のレスラー”だという事実を否定させない。

――さて、ジェイ選手。まず、最初にここ最近、内藤哲也選手が沈黙を破ってコメント出すなど動きが出てきましたが。

ジェイ 正直、最近の内藤には驚いている。あんなやる気になったアイツを見たのはしばらくぶりだ。ただ、いまさらアイツがやる気を見せて、ファンが興奮したところでどうなるんだ? いいか、大事なのは1.4東京ドームで結果を残せるかどうかだ。内藤はマインドゲームで俺を弄んでるつもりかもしれないが、俺はおまえの何倍も賢いんだ。ファンがやる気になった内藤に期待したって、最後は何も残らずに終わるんだよ。

――現在のご自身に対する新日本プロレスの扱いについて苦言もされていますが。

ジェイ そうだ。俺に対する会社の扱いは不公平そのものだろ? これまでに何度も言ってきたことだが、改めて言ってやる。このIWGPインターコンチネンタルのベルトは俺がチャンピオンである象徴だ! タイトルマッチが決定している王者の俺がポスターに載ってないとはどういうことだ? 挑戦者のアイツだけ優遇しやがって! 俺が見た写真にはベルトを見つめる内藤だけが映っていた。俺の姿はどこだ! ジェイ・ホワイトvs内藤哲也と謳っておいて、俺は写真から切られていた。新日本は俺にスポットライトが当たるのを何としてでも避けたいようだ。俺を動揺させて負けさせようと企んでるんだろ?

――そんなことはないと思いますが……。

ジェイ いや、俺が史上初の2冠になってしまったら、会社にとって都合が悪いらしい。すべて内藤に有利に動くように必死じゃないか? そもそも何も持っていないアイツがダブルタイトルに絡んでることがおかしい。俺はシングルマッチでアイツに2連勝してるんだぞ? それなのに、(11.3大阪で)タイチを倒しただけでなぜ挑戦権利を得られる? 覚えてるか? 新日本は俺にオカダとのリマッチすらさせなかった。そうやって新日本はいつも俺が不利になるように裏で動いてきた。

――……。

ジェイ みんな何が起こってるのか、そろそろ気づくべきだ。もう俺は否定されたくない。ファンのせいで俺は不利な状況に置かれてる。アイツらに発言権があるのも許せない。責任はすべてファンにある。そうだろ? アイツらが何度もしつこく「内藤にチャンスをやれ」と言ってきた。そして、新日本はファンにコビを売りたいから、内藤の肩を持つんだろ? アイツは自分一人の力じゃ何もできないからファンに頼ってる。俺が2冠を目指すのは、ファン、内藤、オカダ、飯伏……全員を認めさせたいからだ。もう誰にも俺が“世界最高のレスラー”だという事実を否定させない。もう一度この2年で俺が何をしてきたのか思い出せ。

――今回の2冠戦でジェイ選手の力を知らしめたいわけですね。

ジェイ ああ。ファンは現実を受け止めたくないから目を背けているが、俺がインターコンチとIWGPヘビーのベルトの両方を巻いてきた事実は覆せない。新日本もポスターに俺の顔を載せないわけにはいかなくなる。俺はいつも言ってきただろ? 俺は誰よりも強い! それは否定できない。とくに内藤、お前よりは遥かに強い! 1.4でもう一度おまえを倒し、3度目の敗北を与えてやる。そして1.5……もういまから待ちきれないな。オカダ、飯伏、どっちが相手だろうと大の字にしてやり、俺が最後にリングに立つ。そして、俺が史上初の2冠に輝く。もう誰も俺を否定できないことになるんだ。

■飯伏には何かが欠けているようだ。もちろんおまえ次第だが、俺は喜んで力になるぞ。さてどうする?

――では、その2冠戦となる1月5日のダブル選手権試合で対戦したい相手は?

ジェイ 1.5で俺が誰と闘いたいかって? 何度同じ質問に答えないといけないんだ? 答えはいつも変わらない。あの3人の誰よりも俺が強いとわかってる。アイツらだってそれに気づいてるはずだ。まあ、ファンも新日本も認めたくないだろうがな。で、「誰と闘って勝ちたい」だっけ?

――ハイ。

ジェイ それは1.4でIWGPヘビー級のタイトルマッチに勝った方だ。そして、そいつは俺に倒される。俺は何度、内藤に勝った? 2回だ。アイツが俺に勝ったのは0回だ。そして、オカダとの勝敗は2勝1敗。それから飯伏、俺は『G1』の決勝戦でアイツに負けたが、あれはレフェリーがアイツの方に加担したからだ。ウソだと思うなら『G1』決勝戦を見返してみろ。俺は海野に抑えつけられてた。レフェリーは公平にジャッジをするのが、仕事じゃないのか? これを見れば何が起こってるのか明らかだろ。まあ、1.5ですべてが現実になる。2つのベルトを同時に巻くのはこの俺だ。

――では、1.5で2冠になった先の目標は?

ジェイ 俺が2冠になった暁には……最初のゴールは世界ツアーだ。日本を皮切りに世界中に見せつけてやる。内藤、オカダ、飯伏、棚橋に、これでもかというほど見せつけてやる。そして、新日本プロレス、おまえたちもだ。オフィスに乗り込んでメイ(社長)を捕まえて、アイツの目の前でベルトを2つ高々と掲げてやる。菅林(会長)、おまえにも同じことをしてやる。そして、それからアメリカに飛ぶ。新日本はアメリカ進出に力を入れてるんだろ? 『NJPW of America』も発表したことだし、LA道場に乗り込んで、柴田(勝頼)に平手打ちしてやり、アイツの目の前でもベルト2つを掲げてやる。

――そんなことをしなくても……。

ジェイ まだだ! そして、LA道場生全員に真の王者の姿をしっかり叩き込んでやる。さらに、全都市で試合をして、プロレス評論家気取りのアメリカ人に見せつけてやる。アイツは相当、思い上がっているからな。一人残らず顔にツバを吐いて、ベルトを見せびらかしてやる。ブーイングしたければすればいい。だが、事実は変えられない。おまえらが応援するどのレスラーよりも、俺は強いと認めさせてやる。そうだ、他団体に乗り込んでベルトを見せつけてやるのもいいな? それが俺の目標だ。現実を突きつけてやる。俺こそが最強であり、ナンバーワンだ!

――2冠の先に3冠という野望などはありますか?

ジェイ フフフ。それもまた面白いな。もし、俺が3つのベルトを同時に巻いたら、じつに面白くなるだろう。そして、それはあり得ないことではない。史上初の2冠に留まらず、3冠を目指すのもありだな(ニヤリ)。

――12月19日の調印式では、飯伏選手に関して「オマエにはBULLET CLUBの匂いがする」というコメントをされていましたが。

ジェイ 飯伏の行動を見てると、「BULLET CLUBに合うかもしれない」と感じた。べつに「アイツからBULLET CLUBの匂いがする」とは言ってないが、飯伏がブリーフケースでオカダを襲った時、自分と近いものを感じた。あれには一瞬ビックリしたが、「さすがだ」と思った。飯伏は以前にもBULLET CLUBと関わっていたが、その時は上手くいかなかったようだな。まぁ、あの時はユニット内でいろいろゴタゴタがあったしな。でも、その時と状況は変わった。前にも言ったが、飯伏に対してネガティブな感情は持っていない。内藤とオカダに持っているような感情はない。飯伏はアスリートしても素晴らしく、実力も本物だ。

――飯伏選手のことは認めているようですね。

ジェイ ああ。だが、ヤツには“何か”が欠けているようだ。だから、俺たちがサポートしてやる。飯伏、BULLET CLUBへのオファーはまだ有効だ。俺たちが協力し合うことで、アイツにとっても大きなメリットになる。俺も含め、みんなが飯伏の別の一面を楽しみにしている。おまえがその気ならBULLET CLUBには居場所がある。賢明な判断をしろ。もちろんおまえ次第だが、俺は喜んで力になるぞ。……さてどうする?

■今回こそ“逆転の内藤哲也”ってやつを見せてみろ! おまえが東京ドームですべて逆転させる瞬間を心待ちにしてるぞ。

――改めて、1.4東京ドームでの内藤戦をどう見ますか?

ジェイ 間違いなく内藤は1.4で終わる! そして、1.5でIWGPヘビー王座戦の敗者と闘いでも負ける。もう傷ついたアイツの心はボロボロに砕け散るだろう。まさに、以前の内藤哲也に逆戻りだ(ニヤリ)。これがアイツの最後のチャンスだ。まぁ、俺からアドバイスをするならば、内藤はステップダウンした方がいい。これからは仲間のSANADAとEVILたちが引っ張っていってくれるだろう。だから、おまえは静かに余生を送ってくれ。IWGPヘビーとインターコンチ、そして新日本は俺が守ってやるから、安心して今後の“デスティーノ”を楽しんでくれ。

――内藤選手は、「“逆転の内藤哲也”をお見せます」と発言されてますが。

ジェイ ハハハ! 内藤はどんな状況からでも逆転できると信じているようだが、だったらなぜいままで一度も逆転の内藤を見せてこなかった? (2013年)『G1』を初優勝して、東京ドームのメインイベントでオカダに挑戦できるはずだったのに、ファン投票でセミに降格した。その上ベルトも奪えなかった。なぜその時には逆転できなかった?

――ジェイ選手としては、もっと以前に“逆転の内藤哲也”を見せるシーンはあったと。

ジェイ そうだ。じゃあ、今年の『G1』はどうだ? いや、それ以前にもまだあったな。2年前の東京ドームのメインでオカダに挑戦した時はどうだ? 夢だった東京ドームのメインイベントに立てたが、結局そこでもまた勝てなかった。2度目の『G1』優勝でやっと念願のメインイベントに立てたのに、あれだけ言い続けていた東京ドームのメインでIWGPヘビーのベルトを巻く夢に届かなかった。おまえは一生、東京ドームのメインイベントで勝てる気持ち良さを体感できない。おまえは本当に逆転勝利できるだけの力があると思ってるのか? いままで状況を変えることが出来ていたなら勝てていたはずだろ?

――なるほど。

ジェイ じゃあ、今年の『G1』に話を戻そう。俺たちはBブロックの最終戦で闘った。もし、おまえに逆転できる力があるはずなら、なぜ俺に負けた? それは簡単なことだ。相手が世界最高のこの俺だったからさ。だから、自分を責めなくていい。それにインターコンチの防衛戦はどうだ? いま、俺の手元にベルトがあるということは、おまえは一度として望みを叶えられていない。おまえは俺に2連敗しているんだぞ。おまえに逆転する力があるとすれば、0勝なんて惨めな結果はおかしいだろ?

――内藤選手の“逆転”には信憑性がないと。

ジェイ ああ。それなのに、再び1.4でまたチャンスが巡ってきた。だったら、今回こそ逆転の内藤哲也ってやつを見せてみろ! おまえが東京ドームですべて逆転させる瞬間を心待ちにしてるぞ。まあ、結果は1.4でも俺に敗れ期待外れで終わる。内藤、リングを制するのはおまえじゃない。世界で最も賢いレスラーの俺だ。

■オカダは虚像のヒーロー。アイツは東京ドームでたった14分で俺に負けたレスラー。真のMVPはこの俺だ!

――“IWGPヘビー級王者”オカダ・カズチカ選手についても伺いたいのですが、今回の2冠問題に関して、オカダ選手だけが「金メダルを持ってて、銀メダルを欲しがるのはおかしいでしょ」というような否定的な発言もされていますが。

オカダ 自分が巻いてるベルトなんだから、そう言うに決まってるさ。とくに俺からIWGPヘビーのベルトを奪ったわけだから価値は高い。後楽園ホールでオカダに「インターコンチに興味がないなんて嘘だ」と言ってやった。きっとアイツは俺に先を越されたから、本心では怖がっているのさ。だが、世間はまだ「オカダが最強だ」と褒め称えてる。MVP(2019年度プロレス大賞・最優秀選手賞・MVP)のオカダをな。でも、あれは見せかけのMVPだ。オカダはジェイ・ホワイトを怖れている。心の底では俺には敵わないとわかっているが、ファンには知られたくないから必死で強がってる。言葉は隠せても、本音は隠せない。「IWGPヘビーのベルトが最強だ」と言い張ってるが、俺はそう思わない。

――と言いますと。

ジェイ どんなベルトでも俺が巻けば、プロレス界で最強のベルトになる。だから、いま一番のベルトはインターコンチだ。そして1.5でこの俺がIWGPヘビーのベルトを再び蘇らせてやる。MSG(マディソン・スクエア・ガーデン)以降価値が下がってしまったが、俺が復活させてやるから心配するな。オカダは「東京ドームを超満員にする」と言ってるようだが それは口先だけだ。みんな、おまえを観に来るんじゃない。俺を観に来るんだ! アイツは俺の手柄を横取りする気だ。みんな現実を受け入れようとしないが、新日本を引っ張っているのはこの俺だ! オカダは幻を見ている。2019年を振り返れば俺よりMVPに相応しいレスラーがいるか?

――MVPに関しても納得していませんか?

ジェイ じつにくだらないね! オカダは“虚像”のヒーローだ!オカダ、本当はビビってるんだろ? 俺に勝ち目がないから、「東京ドームを超満員にする」とか言って話題を逸らそうとしてるんだ。そうやって、いつまでも世間を欺くことができると思うな。で、オカダがMVPに選ばれた件についてだが、2019年幕開けの東京ドームでオカダが俺に負けたことを忘れてないか? 俺にたった14分で負けたレスラーがMVPに選ばれただと? ふざけるな。何度でも言ってやる。アイツは東京ドームでたった14分で俺に負けたレスラーだ! だから、そのことを踏まえても、真のMVPはこの俺だ!

――東京ドーム2連戦、2冠へ向けて意気込みをお願いします。

ジェイ 飯伏もオカダも内藤も、もう随分長い間、新日本のリングで闘ってきた。アイツらはその中で歴史を作ろうと必死だったろうが、何年もインターコンチとIWGPヘビーのベルトを獲っては失ってを繰り返してきた。だが、俺はたった2年で両方のベルトを巻き、すべてを手にしてきた。それは誰一人として成し遂げれなかったことだ。俺は1.4でインターコンチのベルトを防衛し、1.5でIWGPヘビーを獲り、史上初の2冠に輝く。

――あくまで2冠になるのはご自身だと。

ジェイ イエス。内藤、オカダ、飯伏、よく聞くんだ。おまえらががんばってもムダだ。おまえらがどれだけ必死にもがいても、歴史を動かすのはこの俺だ。これからもずっと俺がトップに立ち続ける。そして、史上最高のレスラーとして歴史に名を切り刻む。内藤、飯伏、オカダ……おまえら全員、スイッチブレードのもとで呼吸することになる。史上初のインターコンチとIWGPヘビーのベルトを同時戴冠するのは、この俺だ!

――最後に、2020年の野望へ向けてメッセージをお願いします。

ジェイ 俺の2020年は新たなベルトと共に始まる。インターコンチとIWGPヘビーのベルトを同時戴冠し史上初の2冠になり、新年のスタートを切るんだ。俺が主役のリングは最高のものになるぞ(ニヤリ)。KENTAが加入した時だって、ファンは大いに盛り上がっただろ? ここで2020年のBULLET CLUBプランを教えるわけにはいかないが、一つだけ確実に言えるのは……BULLET CLUBと俺は2020年もさらに勢力を拡大していく。新メンバーを募集してるかだって? それはそのうちにわかるさ!(ニヤリ)。

■『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ