• 2019.11.5
  • #Topics
【WK14】「IWGPジュニアを1.5ドームのメインに持っていきたい」オスプレイの提案にヒロムも賛同! 3Kはトロフィー&ベルトの奪還を宣言!【東京ドーム会見(2)】

11月5日(火)、都内にて『WRESTLE KINGDOM 14』の「第2弾対戦カード発表記者会見」が開かれた。

この会見には1月4日(土)東京ドームでIWGPジュニアヘビー級選手権を賭けて対戦するウィル・オスプレイと高橋ヒロム、1月5日(日)東京ドームでIWGPジュニアタッグ選手権を賭けて対戦する石森太二&エル・ファンタズモ、SHO&YOHが会見に登場した。

【司会進行】清野茂樹アナウンサー

■『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「バルコニースタンド」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」は完売となりました。
※「アリーナB」は残りわずかとなりました。

●1月4日(土)東京ドーム、IWGPジュニアヘビー級選手権の記者会見

■(チャレンジャー)高橋ヒロムのコメント
※『週刊プロレス』の表紙であることを報道陣にアピールしながら着席し、オスプレイが着席後は最新の『週刊プロレス』をオスプレイに渡し、オスプレイがページをヒロムに見せる。
ヒロム「ありがとう、ありがとうありがとうありがとう。うーん、ウィル・オスプレイ選手。彼はね……ただものじゃないよ。皆様も知っている通り、俺が休んだこの1年4ヶ月、もうそれはそれは凄い。本当に、もうパーフェクト。パーフェクト・ヒューマン。ユー、パーフェクト・ヒューマン!」

オスプレイ「サンキュー(ニッコリ)」

ヒロム「いや~、素晴らしい、本当に彼はジュニアを支えてくれたなと。唯一、この欠場期間の間、俺を焦らせてくれたなと。このオスプレイとタイトルマッチをできるということは本当に心から嬉しいことです。あの(11月)3日のあと、凄い考えたんですよ。『あれ? 俺、オスプレイ……。あれ、俺、何が勝てるかな?』って考えたんですよ。パワー、スピード、テクニック、跳躍力、バランス……一個も勝てるところはない。ハッキリ言って。一個も勝ってるところはなかった。でも、彼が3日の試合後に言っていた通り、ドラゴン・リーと試合で首をビヤーッてやっちゃった時、もう最後まで諦めの悪さだけは俺の取り柄だから。それを考えた時に『勝てるかなあ~』、『勝てる、勝てる。勝てるかな?』そう思いました」

■(チャンピオン)ウィル・オスプレイのコメント
オスプレイ「まずヒロム選手に贈り物として自分はセクシーピッグというニックネームがあるので……」
※と立ち上がって、オスプレイ風のコスチュームを着せたブタのぬいぐるみのプレゼントを手渡す。
 
ヒロム「オ~。キュート……!(うれしそうに)」
 
オスプレイ「ヒロムさんのダリルの猫じゃなくて、これはパーシーという名前のブタのぬいぐるみなんだ。ブタさんはボクの愛称でもあるんだけど、これを君にプレゼントするよ(笑)。

それから本題なんだけど、IWGPヘビーのタイトルマッチが東京ドームのメインイベントであるっていうのは歴史的に見ても、今までずっとそうだったんだけれど、今回の、来年2日間かけて東京ドームをやるっていうことが発表になった時、自分は今年の春ごろから恐らく初日がIWGPヘビーのタイトルマッチで、2日目がもしかしたら2冠のIWGPとインターコンチの2冠を賭けた戦いになになるのではないのか、それがメインのカードになるんじゃないかとなんとなく予想をしていたんだ。

けど、大阪のメイン後にオカダ選手が出てきて、観客に対してがIWGPの試合か? IWGPとインターコンチの2冠を賭けた試合か? どちらが良いか? と聞いた時にファンの反応は明らかに自分が耳にはIWGPの方が大きいように感じたので、そうなると1月5日のメインイベントはどうなるんだ、と。そう考えた時に棚橋vsジェリコになるのかとも思った。
 
そう、たしかにこの2人は伝説のレジェンド中のレジェンドということでそうなっても仕方がないなという思いはあるのだけれど、やっぱり大阪のファンのリアクションを見てみた時に、ヒロムが登場がしてきた時は、会場中がまるで地震のようなもの凄い歓声だったので、これが自分が思うファンが見たい1月5日のメインのカードじゃないかと、そういう風に思っていて。

自分も今年1年、数々の選手が退団したり、いなくなってしまった時、ヒロムも怪我で欠場していた間に『NEW JAPAN CUP』『BEST OF THE SUPER Jr.』、オーストラリアの大会や『G1』に出場したり、そうそう『SUPER J-CUP』にも出たりと、もうシャカリキに頑張ってきたんだ。

自分がこの新日本で今年1番、1番頑張って、みんながいない穴を埋めて、みんなが戦えない時に自分が1番身体を張ってファンの為に自分の為に戦ってきたってたっていう自負がある。なので、やっぱり人々が、ファンが見たい試合を1月5日のメインイベントにするのが自分の中では1番しっくり来るかなと思っていて。それで、このオスプレイ対ヒロムっていうカードを1月5日のメインに持ってきたいなと自分はいまそう思ってる。もし自分が間違っていることを言っていると思うならぜひ自分にその旨を自分に言ってきて欲しい」

※以上のコメントを通訳が翻訳したあと、ヒロム選手がさらにコメントを出す。
 
ヒロム「ちょっと通訳さん、真ん中に来て同時通訳できますか? 簡単でいいです。簡単なことしか言いません。同時通訳してもらっていいですか? アナタは我々の懸け橋となってくれる人間だから、ぜひここでやるべきだ」

※通訳が承諾し、以下は壇上でオスプレイに同時通訳するかたちに。

ヒロム「(オスプレイに向かって)素晴らしい! 素晴らしすぎる。完璧だ。ジュニアを支えたのは、間違いなくおまえだ。完璧。もうホント言うことは何もない! ホントに凄すぎる! 俺もホントにそうなることをマジで祈ってるし、マジでそういう風に言ってくれるジュニアが出てきて、俺はホントに心から嬉しい。
俺もジュニアがメインに立てる。IWGPヘビーがメインじゃなくて、IWGPジュニアヘビーがメインでできるずっと言ってきたけど、なかなか実現できなかった。俺はずっと新日本プロレスジュニアをヘビーよりも上の位置でやりたいと思ってる。だから、俺はオスプレイ、おまえのことが大好きだ。素晴らしい。サンキュー・ベリーマッチ」

※このコメントを聞いて、中央でハグし合う二人。

■質疑応答
――本日、東京ドーム大会第2弾のカードが発表されましたが、ヒロム選手としては復帰戦がこの試合になるのか、それともドーム前に復帰戦があるのか、どのように考えてますか?

ヒロム「……どうでしょう? どう思います? アナタの考え方を聞かせてください」

――コンディション的には東京ドーム前に出た方がいいかなとも思いますし、東京ドームが復帰戦というのもインパクトはあるのかと思いますが。

ヒロム「フン、フン、フン……。検討します」

――ヒロム選手はかなりトリッキーな選手でもありますが、オスプレイ選手はどのようにご覧になってますか?

オスプレイ「たしかにヒロムはとても野性的でワイルドなスタイルだけど、自分もそういった意味ではワイルドで野生的なスタイルだと思うよ。俺は2階席のバルコニーからムーンサルトをしたこともあるし、そういった意味でスタイルは彼に似てるのかな」

――現段階で、ヒロム選手の最後の試合の相手がドラゴン・リー選手ですが、彼に対するいまの想いは?

ヒロム「俺も1年4か月……。その1年4か月の間、彼も心の傷を負ったと思ってます。俺も同じく傷を……お互い様。だから、もういいじゃん。そんなのどうでもいいからさ、『早く新日本来いよ』って感じですかね」

清野アナ ほかにご質問は?

※ヒロム選手が挙手して、オスプレイへ質問

ヒロム「(※英語で)ヘイ、オスプレイ、ちょっといまパッと浮かんだジャストアイディアなんだけど……、ジュニアでユニットを組んでヘビー級と闘わないか? どうかな?」

オスプレイ「おお、いいアイディアじゃないか! じゃあ、このあと一緒にご飯でも食べながら話し合おうか(ニッコリ)」

※二人は記念写真を終えると、仲良く一緒に退場していった
 
●1月5日(日)東京ドーム、IWGPジュニアタッグ選手権の記者会見


■(チャレンジャー)SHO&YOHのコメント

SHO「はい、Roppongi 3KのSHOです。ジュニアタッグリーグ、3連覇したはずなんですけど、喜ぶ間もなくトロフィーも奪われて、今日…持ってくるかと思ったんですけどそれも持ってきていない。と、言うことです。そのトロフィーのレンタル料としてブリティッシュクルーザーのベルトも一緒にトロフィーもそのジュニアタッグのベルトもすべてを取り戻します」

YOH「Roppongi 3KのYOHです。タイトルマッチ…この話の前にまずジュニアタッグリーグ3連覇。これはさ、俺たちRoppongi 3Kが目標にしてた…夢、それが達成されたってことだから。そこをね…奪われて、壊されて…しかもトロフィーも今日、持ってきていない。だから…それに対してはすっげーイライラしているんだけど、でもタイトルマッチが決まった以上は矢印はしっかり切り替えて東京ドームに向けてます。そうね本来あるべきものがない状態なんだけど、でもこれも逆転の発想でさ、最高の舞台で俺らがベルトもトロフィーも奪い返せば、これは最高のエンディングになるんだよね。そう、だからドームでベルトを巻いてジュニアタッグリーグのトロフィーを掲げて、大空高く…翔んでいきます。ジュニアタッグはRoppongi 3Kにまかせて下さい、東京ドームに新しい風を」

■(チャンピオンチーム)石森太二&エル・ファンタズモ組のコメント
石森「なんちゃら3Kさん。この前はトロフィーありがとう(ニヤリ)。まあ1.5東京ドームでこのベルトを賭けて戦うってことだけど……まあいいよ、うん。俺もこの前のジュニアタッグリーグ……うん、あの結果に納得いってないから。だってこのなんちゃら3Kみたいなおんぶに抱っこみたいな奴がさ、3連覇なんてさ、会場……いい風じゃなくてうんざりな風吹きまくりじゃないかよ、ハッハハッハ! 俺は……俺たちは、まだまだこのベルトを手放す気はない!(断言」

ファンタズモ「まずこの対戦カードを見てもらうとわかるんだけど、(会場のビジョンを指しながら)俺ら2人チャンピオンの顔はとっても最高でカッコいいんだけど、この挑戦者のRoppongi3K、SHO、YOHって顔を見てみると、まずSHOくんの事から言うと、SHOって選手はどっちかって言うと何か1日の大半を壁をぼーっと見つめてるような、何かあんま何をやりたいのかよくわからないような選手で、YOHって選手は何だろうな? ごみ袋みたいなセーターを来てなんか自分のことをファッション・アイコンみたいことをみんなに言いふらしてトイレに座ったりして何かよくわからない写真とか宣伝方法をしてるけど、なんか見てて非常に恥ずかしい思いなんだけど……。
これがいわいるRoppongi3Kっていう2人組で、ライガーが1.5で引退って事言ってるんだけど、この自分のIWGPジュニアタッグ選手権でこの2人に大恥をかかせてやるから、この後もう2度と試合ができなくなるようなとっても恥ずかしい思いをさせてやるから、彼らも一緒に引退ってことになるんじゃないかと思っているよ」
 
■質疑応答
――SHO、YOH選手に質問なのですが、いまファンタズモ選手から2人の印象を伺いましたが、SHO、YOH選手からの印象を教えて下さい。

SHO「ハイ。リング外のことは知らないです。でもチャンピオンとしてジュニアタッグのトロフィーをあんな奪い方をするのはちょっとこのままベルトを持たせておくわけには行かない、と自分は思いました」

YOH「ボクもリング上のことしか知らないですけど。ファンタズモは田舎のヤンキーみたいな。入場で人の帽子奪って投げたりとか。それぐらいですかね。石森太二に関してはボクの中の記憶だと………カッコいい体の表紙の人だなぐらいですね」

――いま石森森選手の身体の話題がでましたが、石森選手からみて二人の肉体はどうでしょう?

石森「フフフ。まだまだ、足元にも及ばない感じじゃないですか(ニヤリ)」

――ファンタズモに聞きたいのですが、新日本参戦から8ヶ月近く経ちますが東京ドームにカードを組まれた特別な思いはありますか?

ファンタズモ「今回、IWGPジュニアタッグチャンピオンとしてだけでなく、ブリティッシュチャンピオンのチャンピオンとして2冠で東京ドームに足を初めて踏み入れて試合をするということ。これにはこれ以上になく興奮していて、石森が前回の東京ドームで何をしたかって言うと、彼も東京ドームに出るのは初めてだったがIWGPジュニアのチャンピオンになった。自分もそれと同じような気持ちで、大きな大会でこそ自分の力が100パーセント、120パーセント発揮できるような人間だと自分は信じている。チャンピオンとして試合に望んでチャンピオンとして試合を終えて、東京ドームを去るが次の東京ドームへの目標だ」

■『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「バルコニースタンド」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」は完売となりました。
※「アリーナB」は残りわずかとなりました。

■『NEW YEAR DASH!!』
・2020年1月6日(月)18時30分~東京・大田区総合体育館
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナ席」は完売となりました。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ