• 2018.12.29
  • #Media
【無料更新!】「王者チームとしての“器”もなければ、『SUPER Jr. TAG』覇者の“器”もない!」三つ巴のIWGPジュニアタッグ戦に挑むBUSHI&鷹木信悟に直撃インタビュー!!【WK13C】

いよいよ目前! 2018年1月4日(金)『バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム』のIWGPジュニアタッグ選手権試合で、(王者)金丸義信&エル・デスペラード組、(『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』覇者)SHO&YOH組との三つ巴戦に挑むBUSHI&鷹木信悟組に直撃インタビュー!

■『バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム』
2019年1月4日(金) 15時開場 17時試合開始
★カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「バルコニースタンド」は完売となりました。

※「1Fスタンド」「2FスタンドA」は残り僅かとなりました。
※「1Fスタンド」は、現在販売中の「内野エリア」の座席が完売した場合に限り、大会当日は「外野エリア」の座席を開放して販売いたします。
なお「外野エリア」の座席は、オーロラビジョン・ステージ・入場花道が一部見えない場合もございます。(試合及びリング上のビジョンはご覧いただけます)。また、座席は背もたれのない形状となっております。予めご了承ください。

■おまえら、東京ドーム第2弾カードの会見に呼ばれなかっただろ? 逆に恥ずかしくないのか?(BUSHI)

――『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』優勝決定戦と同様のカードとなりましたが、改めていまの心境をお願いいたします。

BUSHI まぁ、「ラッキーだな」って感じですよ。だって、かたや(IWGPジュニアタッグ)チャンピオン、かたや『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』のチャンピオンが相手なわけですからね。

鷹木 大阪の(『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』優勝決定戦では)負けはしなかったが勝つこともできず、自分の中で次が見えないっていう状況で意思表示はしつつも、あとは会社に委ねるような状況でしたから。だから、記者会見でこのカードが発表された時は、棚ボタではないけど、「チャンスが回って来たな」と思いましたね。もちろん、可能性はゼロではないと思っていましたけど。

――『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』優勝決定戦の試合を経て、あの2チームの警戒する点、作戦などはありますか?

鷹木 俺は3Kを初めて食らったけど、あれはスピーディに決められるからビックリしたな。ああいう技はあんまり食らったことがなかったから、そういった意味では脅威だなと思うよ。あと、金丸&デスペラード組に関しては、ありとあらゆるインサイドワークを使って来るので、そこに関してはここでは言えないけど、対策を練らないとな、とは思ってるよ。

――3WAYマッチというルールに関してはいかがですか?

BUSHI まぁ、やりづらいよね。やりづらいのと、やっぱりお客さんも観づらいんじゃないかな? 難しいタッチワークというか、権利の主張をする、取り合うっていうところも含めて、非常に難しいところではあるかな。

――3WAYというのは駆け引きも重要になってくると思いますが。

鷹木 鈴木軍と3Kで潰し合いをしてくれるのは大いに結構ですけど、そこで決着をつけられても困るわけで、この試合は負けるリスクよりも“勝たなきゃいけない”っていうことが重要で、そういう意味でもまずタッチ権を持っていなきゃいけないし、体力、スタミナ面も非常に頭を使う試合形式だなとは思うよ。

――前シリーズでの前哨戦を含めて、対戦相手の印象はいかがですか?

BUSHI 3Kは帰ってきて1年ぐらいですけど、「まだ若いな」って感じかな。

――それはプロレスラーとして若いということですか?

BUSHI まぁ、いろんなものを含めてかな。かといって、ボクは『BEST OF THE SUPER Jr.』開幕戦でYOHと対戦して最後は丸め込まれて負けてますけど、若さしか感じないかな。

――そんなに脅威には感じてないと。

BUSHI そうだね。あえて言うなら、あの2人は若いよ(ニヤリ)。

――現IWGPジュニアタッグ王者・金丸義信&エル・デスペラード組に関してはいかがですか?

BUSHI 試合後によく「チャンピオンとしての器」とか言ってるけど、「おまえら、東京ドーム第2弾カードの会見に呼ばれなかっただろ?」「おまえら、逆に恥ずかしくないのか?」って言いたいよね。あと、あの会見が行われたのは『SUPER Jr. TAG LEAGUE』優勝の翌々日ですよ。あの場に本当にいなきゃいけなかったのは、『SUPER Jr. TAG LEAGUE』優勝チームでしょ?

――たしかに、両チームの姿はありませんでしたね。

BUSHI 「俺たちが優勝したんですよ」って優勝チームも出席してなきゃおかしいでしょ。別に俺らはさ、カードが組まれたからいいよ。そこは問題ないけど、もし俺らが優勝してたら「なんで呼ばれなかったのか?」、そして「なんで優勝もしていないヤツらがチャンピオンシップに入ってるの?」って、俺はその会見場で聞きたくなるね。

――会見に呼ばれなったことに問題定義の必要があると。

BUSHI つまりは、チャンピオンチームとしての器もなければ、『SUPER Jr. TAG LEAGUE』優勝チームの器もないってことでしょ? 優勝決定3WAYマッチのあった大阪の試合後にオレはコメントで「もう一度やらせろ!俺たちは負けてない!」と言ったけどね…これがシレッとカードとして通ってしまった以上、この2チームに何も言わせない状態にあると俺は思ってるよ。

――東京ドーム会見への出席、そして3WAYに関してもの言いしない2チームには思うことがあると。

BUSHI たかが知れてるよね。呼ばれなかったのか、行かなかったのか知らないけど、つまりそういうことでしょ? あの大事な東京ドーム会見がありますっていう中、いろんな選手が出席してる中、「おまえら、恥ずかしくないの?」「俺らは逆に(カードに)選ばれてんだよ」って言いたいよね。

――なかなか手厳しい声ですね。

BUSHI あと、しいて言うなら、エル・デスペラードに関しては、本当は恥ずかしくて自分からは言いたくないけど、ヤツには1回しか勝ってないんですよ。

――となると、デスペラード選手から獲りたいというお気持ちは強いですか?

BUSHI もちろん、ありますよ。この間の後楽園だって、マスクを取られて丸め込まれたわけだし。まぁ、俺もマスクを剥いだりするけど、自分がやられるとこうも腹が立つとは思わなかったね。ましてや、あのメインの試合後、「BUSHIはBUSHIのまんまだったな」って言われたのが、今年一番腹が立ってるよ。

■俺たちはチャンピオンチームでもない、リーグ戦覇者でもない、そういった意味で背水の陣という状況だから、インパクト以上に結果にこだわっていきますよ(鷹木)

――鷹木選手は先ほど3Kの威力について話もしていましたが、改めてROPPONGI 3Kというチームをどう見ますか?

鷹木 3Kはたしかに勢いもあるし、若さもあって、身体つきをみても「よく練習もしてるんだな」って思うけど、やっぱりBUSHIの言う通りまだ若さを感じるな。付け入る隙は十分あるよ。あと、アイツらは「完全にNEXT」みたいなことを言ってるけど、まさにその通りの意味で「完全に次だ」って言ってるわけだから、「まだ、いまじゃないよ」と。いまは俺たちが魅せるからさ。

――SHO選手は鷹木選手に対して闘志も燃やしてるように感じますが。

鷹木 そうだな。YOHはホントに名前の通り陽気な感じで観客にもよくアピールをしてるけど、SHOのヤツは親の仇かっていうぐらい、いつも俺のことを睨みつけてくる。「なんの恨みがあるんだ?」っていうのはあるけど、東京ドームではSHOもYOHも一蹴してやるよ。

――では、王者組の金丸&デスペラード組に関してはいかがですか?

鷹木 BUSHIの話もそうだけど、デスペラードは「えらい上から目線だな」っていうのは感じるね。新日本でそこまでの結果を残してるのか俺は知らないけど、「じゃあ、とことんやろうじゃないか?」っていう部分もあるし。あと、金丸は技術がすごいのか、うまくかわす術を知ってるからね。こっちが直球で行っても向こうは変化球で来るから、なかなか手強いなとは思うよ。

――曲者であることは間違いないと。

鷹木 リーグ戦でも彼らとの試合では良いところが出せなかったし、この間の最終戦(11.3大阪)では、俺なんか血だるまにされてるからな。こんな恥をかかされたまま年をまたぐのは辛いけど、そのフラストレーションはすべて1月4日で爆発させたいね。俺たちはチャンピオンチームでもない、リーグ戦覇者でもない、そういった意味で背水の陣という状況だから、インパクト以上に“結果”にこだわっていきますよ。

――ちなみに、第2試合の前となる第1試合のNEVER無差別級選手権試合・飯伏幸太vsウィル・オスプレイ戦は意識しますか?

鷹木 「やってやるぞ!」というのと、「ハードルが上がったな」という半々な気持ちだけど、俺は飯伏やオスプレイの真似なんかできないわけで、違ったインパクトを残すしかないと思ってるよ。俺は初ドームだし、第1試合のことを意識してまで自分たちの試合をする余裕があるかどうかわからないけど、第1試合のファーストインパクトを上回るインパクトを与えたいな。

――BUSHI選手はいかがですか?

BUSHI ボクはカードが発表された時、正直(IWGPジュニアタッグ選手権試合が)第1試合かなと思ったんですよ。例年、第1試合に組まれることが多かったし。ただ、この対戦カードのなかで唯一意識するのであれば、IWGPタッグ選手権の3WAYマッチかな。同じIWGPタッグという権威を懸けての3WAYということですから。

鷹木 たしかに。EVIL&SANADAが『WORLD TAG LEAGUE』に優勝してからの3WAYだから、カラーの違いはあるけど、ヘビーの3WAYにも負けたくないっていう気持ちもあるね。

■2019年は本領発揮する年だ(鷹木)。きっと最後はみんなでベルトを巻いてますよ(BUSHI)

――鷹木選手はオフィシャルのインタビューで「いつかこの花道を歩いてみせるぞ!」と語っていましたが、改めて東京ドームが決まってのお気持ちはいかがですか?

鷹木 「いつかこの花道を歩いてみせるぞ!」っていうのも漠然とした考えで、今年の1.4東京ドームも普通に当日券買って来てるからね(笑)。その時、「もしかしたら」っていう気持ちはあったし。ただ、その東京ドームの花道を歩くことは別に夢ではなく目標であって、「夢が叶った」とかそんな感動的な話じゃなくて、一つの目標として胸に置いていたことだからな。そうでないと東京ドームに出ること、花道を歩くことで満足しそうだからさ。俺はこの先、もっとデカいことを見据えてるから(ニヤリ)。

――BUSHI選手は東京ドームの花道を歩くのが2年ぶりとなりますが。

BUSHI それはやっぱり嬉しいですよね。俺も少し前までは「東京ドームの花道を歩く」っていうのが一つの目標だったし。去年は第0試合で、他の(L・I・Jの)メンバーだけが東京ドームの本戦に出て、俺だけが行けなかったっていう悔しさがすごいあったので、それを一つの目標にはしてたけど、東京ドームって年に1回しかやってないわけじゃないですか。

――そうですね。現在は1月4日のみの開催ですね。

BUSHI でも、年に1回しかやってないっていうのは、全国各地どこでも当てはまることなんですよ。これね、昔からよく内藤が控室で「どこの地方に行っても、やっぱり年に1回しか回れないところっていうのは、すなわち年に1回しかない東京ドームと一緒だから」って言うんだけど、「これはいい言葉だな」と胸に刺さってるんですよ。

――たしかに、年に1回開催という意味では一緒ですよね。

BUSHI 自分の言葉のように伝えたら内藤が怒るだろうから、あえて「内藤が言ってた」って言っておきますよ。だから、それだけ大事だと思いますし、もちろん地方のメインなんてなかなか味わえないじゃないですか。メインじゃなく第1試合にしろ、どの試合も一緒だと思うんですよ。だって、試合前に緊張するなんてどの試合も一緒じゃないですか。ただ、ビッグマッチであったり、東京ドームっていうのは注目度が違うっていうだけであって、普段と何も変わらないんじゃないかなと思いますよ。

――最後に2018年を振り返って、そして2019年への意気込みをお願いします。

BUSHI まぁ、『BEST OF THE SUPER Jr.』に関しては優勝戦線に絡むことがなかったなと。ただ、(第82代IWGPジュニアヘビー級王座決定戦の)LINE投票では、ありがたいことに1位になれたし、それだけ期待を込められた部分もあるし、それだけ期待に応えられなかったっていう部分もあるので、それを糧にするしかないかなと思いますよ。

――その後、鷹木選手の合流もありましたが。

BUSHI 10.8両国での鷹木信悟合流というのはデカいですよね。結果として、今年3月、大田区での初めてのIWGPジュニアタッグ3WAYのチャンピオンシップから始まって、「そのベルトも獲ろう」って(髙橋)ヒロムと約束したけどその願いも叶わず、7月(7日・サンフランシスコ大会で)怪我しちゃって、そこから内藤の一言で始まったこの新しいメンバーというのは大きいですよね。そして、『SUPER Jr. TAG LEAGUE』の優勝予想も、俺たちが1位でしたから。まぁ、それだけ期待を裏切ってきた中で、この次の東京ドームは初めてBUSHI&鷹木信悟組での初戴冠、これを目指すしかないですね。もう、俺のイメージはできてますよ。

――と言いますと。

BUSHI (L・I・J)それぞれがみんなタイトルマッチあるじゃないですか? きっと、東京ドームが終わった時点ではみんなでベルトを巻いてますよ(ニヤリ)。

――鷹木選手はいかがですか?

鷹木 内藤の言った「一歩踏み出す勇気」ということで、俺自身も環境を変えるというリスクを背負いながらも、10月の両国からこのL・I・Jに合流することができて、この10月~12月の3か月間はもちろん一戦一戦一生懸命やってきたけど、言ってみたらお試し期間ぐらいに思ってるよ。いまだに、俺は新日本プロレスにも、新日本プロレスのファンにも試されてると思ってるから、2019年こそは本領発揮する年だなと思うし。

――となると、1.4東京ドームは2019年のスタートダッシュを切るには非常に重要な大会になりますね。

鷹木 ええ。いま、BUSHIが言った通り、ファンが期待してるのはヒシヒシと伝わってるし、それに応えたいし、いい意味で期待を裏切りたいなという思いもある。そして、俺は新日本プロレスで結果を残すために来たんだから、初心に戻ってこの3か月間で結果を残せなかった分、来年は結果にこだわっていきたいね。俺はまだまだこんなもんじゃねーぞ!

 ※2019年1月1日(火)昼12時(予定)より開始のスマホサイト会員「新春大プレゼント祭り」で当たります!

■『バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム』
2019年1月4日(金) 15時開場 17時試合開始
★カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「バルコニースタンド」は完売となりました。

※「1Fスタンド」「2FスタンドA」は残り僅かとなりました。
※「1Fスタンド」は、現在販売中の「内野エリア」の座席が完売した場合に限り、大会当日は「外野エリア」の座席を開放して販売いたします。
なお「外野エリア」の座席は、オーロラビジョン・ステージ・入場花道が一部見えない場合もございます。(試合及びリング上のビジョンはご覧いただけます)。また、座席は背もたれのない形状となっております。予めご了承ください。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ