• 2018.4.7
  • #Topics
アメリカ遠征中の鈴木みのるがノーロープマッチで元UFCファイターに快勝!【4月5日(木)GCWニューオーリンズ大会・試合結果】

■GCW(ゲーム・チェインジャー・レスリング)『マット・リデルズ・ブラッドスポーツ』
4月5日(現地時間)
アメリカ・ルイジアナ州ケナー ポンチャートレイン・センター
 
時間無制限1本勝負
○鈴木みのる
(8分28秒 KO)
×マット・リデル
※スリーパーホールド
 
■試合経過
 今回、米国遠征中の新日本プロレス勢で、一番手に登場したのは鈴木みのる。4月5日(現地時間)、ルイジアナ州ニューオーリンズのルイ・アームストロング国際空港から真北へ約7kmにあるポンチャートレイン・センターで行われた『MORE THAN MANIA~LIVE EXPERIENCE 2018』シリーズ内のオープニングに緊急参戦した。
 
 この大会は、マット・リデルのプロデュースで開催されたGCWの興行。リデルは1986年1月14日生まれ、ペンシルベニア州アレンタウン出身で、高校時代にレスリングでニューヨーク及び全米王者になった実績を持つ。アマチュア総合格闘技でも1戦1勝。そしてクイントン・ランペイジ・ジャクソンのコーチを受け、2008年に「ジ・アルティメット・ファイト7」に出場。“クリッパー”の異名を持ち、8勝3敗2無効試合の戦績を残している。
 
 メインイベントに登場したリデルの対戦相手には、当初ロウ・キーが予定されていたがドタキャン。ニューオーリンズに到着した早々に、鈴木みのるにオファーがかけられ、急きょ参戦が決定した。
 
 全試合にリデルの希望するルールが取り入れられた大会。ノーロープでフォールでの決着はなし。場外で落ちそうになったら、レフェリーから「ドント・ムーブ」の声がかかり、そのままの体勢でリング中央に引き戻されて試合を続行。また、膠着状態になったときには、レフェリー権限でブレイクが命じられるというもの。
 
 場内に鈴木の入場テーマ曲「風になれ」が流れ、サビの部分では観客が「カゼニナレ~!」の大合唱。日本と変わらぬシーンが繰り広げられる中、鈴木は2本のベルト(IWGPインターコンチネンタル、RPWタッグ)を手にリングイン。リデルは、「BRO!」チャントを浴びながらリングに向かう。選手コールの際、鈴木は「パンクラス」、リデルは大会名にもなった「ブラッドスポーツ」が、それぞれのファイトスタイルと紹介された。
 
 両者が距離を取っての打撃を牽制気味に見舞いながら飛び込んでいき、グラウンドでの攻防。序盤はリデルにマウントポジションを奪われるシーンも見られたが、それも鈴木の罠。スリーパーや腕・脚への関節技に切り返していく。リデルも応戦するものの、引き出しの多さは鈴木の方が何枚も上。逆に相手の攻撃を見越して腕や脚を取らせているといった感じにすら見えた。
 
 スリーパーを仕掛けながらエプロン(というよりもリングエッジ)まで転がり、そのまま転落するのではというようなシーンも。鈴木がもたれた状態からリング下に足を着いたリデルに腕十字を狙ったり、リデルがまだリング上に体の残る鈴木にパンチを振り下ろしていくなどといったノーロープならではのシーンも見られた。
 
 その殴りつけてくる腕を取って、リング下で脇固めを決めた鈴木。リングに戻ってからは、互いにスリーパーをめぐる攻防に。リデルの背中に飛び乗ってスリーパーを決めた鈴木に対し、リデルはむき出しの鉄柱へにじり寄る。そのまま鈴木の顔面をぶつけるかと思いきや、後方に大きくジャンプして倒れ込む。しかし、鈴木は首に巻き付けた腕を放さず、そのままグラウンドで締め上げるとリデルの全身から力が抜けた。その瞬間、レフェリーが試合をストップし、鈴木の勝利が宣告された。
 
 冷めた表情でリデルを見下ろしながら、レフェリーに腕を差し上げられた鈴木。ゆっくりを起き上がって握手を求めたきたリデルの右手を握り返すと、健闘を称えてリングを下りた。
 
 バックステージに戻って来た鈴木は、海外で組まれた特殊ルールの試合にもまったく動じない貫録のコメント。何事もなかったかのように、予定されていた別の大会へ向かった。
 
■試合後コメント
鈴木「(リデルとは)イギリスで前に1度やってるし、どこへ行こうと、どんなスタイルだと一緒だよ。こんなヤツだというのはわかってたし。違うのは、リングにロープにあったかないかぐらいじゃないか。あとは全部一緒だよ。俺を縛りつけようと、どんどんルールを厳格化してやれることをどんどん少なくすればするほど、俺はつえぇぞ。誰もついて来れねぇぞ。あのルールで、向こうもやれることが狭まってもいないし、あんなモンだろ。あいつは元UFCファイターで、その面ではほかのレスラーとちょっと違う武器を持ってることは間違いない。それだけ。まあ(連戦が)始まったけど、今日はサイン会が絶好調だったからそれでいい。別にこっちでの人気も改めて感じることもないし。ずっと感じてるからな。それは仕方ないこと。俺が凄すぎるから。俺を見たくてニューオーリンズに来てるんだろ、世界中から? それでいいじゃん」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ